GibsonES-335を修理に出す

ワインエキスパートの勉強をしている間は他に何もすることができず、試験が終わったらやりたい!と思うことがいくつも出てきました

で、そのうちの一つが会社に入ってからご無沙汰になってしまったギター

入社して4~5年目のころはまだ独身だったし、それなりにお金も溜ってきたし、欲しいと思うギターも買うことができるような身分でした・・・

その頃に買ったのがギブソンのES-335

b0199953_22121923.jpg


せっかく買うのにどんなギターが良いか、かなり悩んだ記憶があります

今はロックをやりたいけど、おっさんになったら渋くジャズもやってみたいと思うかもしれない

そんな時、ロックもジャズもいけるオールマイティーなギターということで目をつけたのがこのES-335でした

b0199953_22132275.jpg


ストーン・ローゼズのジョン・スクワイアが名曲「ラブ・スプレッズ」のPVでES-335のサンバーストを使用していたという理由もあります

そんなギターも10年間触らずギターケースに入れている間に、すっかり錆ついてしまい、アンプにつないでも音が出なくなっていた・・・

b0199953_22134350.jpg



まずは修理をしないとどうしようもなく、ネットでギター修理をしている店を探しまわり、見つけたのが原宿にある松下工房です

松下工房
〒150-0001
東京都渋谷区神宮前6-28-5
03-3486-8434
営業時間 AM11:00~PM8:00
水曜日定休
b0199953_22175424.jpg


副都心線に乗り明治神宮前駅で降りると近いです

まず電話をし、ギターの状態を伝え、とにかくギターを原宿まで持っていきました

手に汗をかきやすいのでブリッジやテールピースが錆びやすいのではないかと思い、ニッケルメッキだったものをクロームメッキに変更してもらうことにしました

店主と思われる方は、HPで書いている文章を読んだ印象からはもっと年配の方かと思っていたのですが、40代そこそこと思しき好感のもてる方でした

その他、社員が3人ほどいてそれぞれに作業をしていましたが、みな若いです

学校を出てすぐのような若者までいたくらい


約2週間後、修理を終えて戻ってきたらこんな感じ

b0199953_22145530.jpg

b0199953_22152637.jpg


もうピッカピカです

修理自体には4万円程度かかってしまい、大きな出費となってしまいました

今後はきちんと手入れをしなければ・・・



あとはしっかり練習して腕をあげなければいけないですね





人気ブログランキングに登録してみました
もしよろしければポチッとお願いします!


[PR]

by arusanchi | 2012-11-16 06:00 | 音楽  

<< フロンテラ カベルネ・ソービニ... リッチモンド・プレインズ ブラ... >>