大和葡萄酒株式会社 微睡 勝沼

日比谷公園で開催された「山梨ヌーボーまつり」で買ってきた勝沼のワイン

大和葡萄酒株式会社 微睡(まどろみ) 2011
b0199953_21194787.jpg


箱を開けたらラベルがビリビリでした・・・。すぐに飲んじゃうから別に構わないのだけれど

ヴィンテージは2011の新酒です

冷蔵庫でよく冷やしてから飲み始めました



色はとても薄く透明に近いイエロー

ライムなど柑橘系の香りはまるでソービニヨン・ブランのよう

香りだけからこれが甲州だと判別するのは相当難しいような気がします

口に含むと、甘く、かんきつ類の皮の様な軽い苦味も感じられ、色からは想像できないような黄桃やパイナップルなどトロピカルでありながらもスッキリとした果汁を舌の上でたっぷりと感じることができます

カブちゃんも「桃みたい」と言っていました

不思議だけど、温度が上がってくると柑橘類だけでなくオイリーなナッツ類のような香りも混じってきて、温度上昇による味わいの変化や味わいはヴュルツブルクのリースリングと驚くほど良く似ている様な気がしてきます

本当に、ブラインドで飲んだらかなり難しそうですが、敷いて言えば甘みが少し強く感じる所が特徴的と言えるかも知れません

全体的な印象として、温度は低めで飲んだ方がよりおいしいのではないかと思いました



大和葡萄酒の商品では2~3年前に飲んだ「古代甲州」というワインがコクがあっておいしかったように記憶しています

この微睡もかなり古代甲州に近いような気がしますが、いずれにしてもこの大和葡萄酒のワインはしっかりとした味わいに仕上げる印象があって、とても気に入っている生産者の1つです




人気ブログランキングに登録してみました
もしよろしければポチッとお願いします!
人気ブログランキングへ
[PR]

by arusanchi | 2011-11-05 06:00 | ワイン  

<< 生蕎麦 甲州屋 @田原町 珈琲館 紅鹿舎 @有楽町 >>