ディア・リッチ ピノ・ノワール アメリカ

カブちゃんの英会話の先生であるRさんと一緒に、有楽町のITOCiA(イトシア)の地下に入っているヴィノスやまざきに併設されているワイン・バーに行ってきました


僕は英会話に通っていないのですが、、カブちゃんがワインの話でR先生と意気投合、またR先生自身もワインが大好きなようで、上記のとおりの流れとなりました


このワイン・バーには何度か立ち寄ったことがあり、だいたいはその日のグラスワインを注文して楽しんでいましたが、今回はR先生のお勧めでディア・リッチのピノ・ノワールをボトルで(!)注文

Dear Rich Pinot Noir 2007(ディア・リッチ ピノ・ノワール)

b0199953_2225122.jpg


ヴィノスやまざきでは生産者と提携したオリジナル・ワインよく販売していて、僕はこういうのがあまり好きではなく、またこのディア・リッチもそのような種類のワインの1つでありなんとなく敬遠してしまっていました


しかし正直言ってこのワインには驚かされました


カレラ以外においしいピノに出会ったこともなく(もちろん経験が少ないというのが最大の要因ですが・・・)、安いピノを飲んでは酸味が強い気がしてあまり印象がよくなかったのですが、このワインは今までに飲んだピノ・ノワールの印象を僕の中では180度変えてしまいました・・・


ストロベリーなどの甘いベリー系の香り。酸味やタンニンは少なく、口いっぱいに広がる豊かな果実味、甘み、そして旨みとコク。スムースな舌触り・・・


おいしい、というよりは”旨い”という方がぴったりかもしれません


ピノ・ノワールらしく色は薄めですがとても鮮やか

b0199953_22261369.jpg


このように色合いは薄いのですが、すごく味わいがリッチなのです・・・





英語の不得意な僕はR先生とあまりうまく話すことができなかったかな、、と思うだけど、カブちゃんがよく話をつないでくれたおかげでとても楽しむことができました。R先生とは当然初対面ですが、気兼ねなく話しかけてくれる親しみやすさがあり、また親切で気の効く方だなあ・・・と感心してしまいました。いろいろな国に訪れたことがあるようで、経験も豊富。話すこともご自身の主張があり、とても頭の良い方だなあ、と感心しきり、、、。帰り際にはグラスを自分で下げたり、椅子をもとの位置に戻したりと細やかな心遣いは日本人以上です・・・


英語、勉強しなきゃ!!




R先生が帰られてからもしばらくカブちゃんと飲んでいたのですが、あまりにおいしかったのでもう一本ディア・リッチを注文してしまいました





時にはそれを手に取ることすら躊躇してしまうこともありますが、ワインは、それがどのような売られ方をしていても色眼鏡をかけることなく、それ自体の価値を自分で判断しないといけないですね







難しいですけど






人気ブログランキングに登録してみました
もしよろしければポチッとお願いします!
人気ブログランキングへ
[PR]

by arusanchi | 2011-02-13 22:54 | ワイン  

<< ベルナール・モロー・ブルゴーニ... レ・ジャメル・メルロー フランス >>