レストラン よねむら 銀座店

2010年も終わりに近づく12月24日。銀座の「レストラン よねむら」さんに行ってきました



こちらのお店、元々は京都の木屋町二条に開店し、いま本店は祇園に移転しています。前々から「京都の『よねむら』はとにかくおいしいから」という京都出身のカブちゃんの強い(?)勧めもあり、僕はランチで1度だけ銀座店に来たことがあります



確かに和食をベースにした和洋折衷のフュージョン料理は独創的で素晴らしく、個性的な器とともに提供される品の全てが目にも美しく、食べるという目的以外にも見ているだけでも楽しいです



ミシュランでも★を獲得していますが、そういう周囲の評価とは関係なしにとにかく食べておいしく楽しいお店です



銀座店は交絢ビル4階に入っています

b0199953_1294910.jpg




前回と同じく今回もカウンターの席に案内されました



料理を作っている様子が見られるので、テーブル席よりもカウンター席の方が好きです



ワインはブルゴーニュの白がいいなと先に決めていました。そしてワインリストを見て、シャサーニュ・モンラッシェを選びました


Chassagne Montrachet 1er Cru CHAMPS GAIN 2007 Bernard Moreau et Fils
(ベルナール・モロー・シャサーニュ・モンラッシェ)

b0199953_11413687.jpg

b0199953_12575369.jpg



シャサーニュ・モンラッシェは今回を含めてまだ2回しか飲んだことがありません


1度目は、2年前のフランス旅行の際に参加したブルゴーニュ・ツアーで立ち寄ったワイナリーでお土産に購入した「DOMAINE LOUIS NIE MORGEOT PREMIER CRU」でした。このワインに感じたのは、まるでブランデーの様な香りと硬質なミネラル感。今回のベルナール・モローを一口飲んだ瞬間にも同じような印象はありましたが、今回の方がもう少しまろやかな感じがしました



ブルゴーニュのシャルドネには、上手く表現できないけれど、他の地域のものには感じられない独特な香りや味わいがありますね



まず初めに「キャビアとウニ、蕎麦粉のブリオッシュ」

ブリオッシュはとても柔らかく、全体的に優しい味わいの料理でした

b0199953_11491370.jpg




「蛤のブルギニヨンバター焼き、平目のフルーツカクテル、小蕪の千枚漬け」

フランスだとエスカルゴですが、代わりに蛤が使われています。カクテルにはミカンも入っていました

b0199953_11524813.jpg




「パン」

いやもう本当にただのパンなのですが、、ここのパンは甘く、とにかくおいしいのです。何でこんなにおいしいんだろう、、と油断してバクバク食べてしまうと後半でお腹が一杯になってしまう恐れがあり、要注意です

b0199953_11534763.jpg




「河豚のブイヤベース」

マルセイユの郷土料理であるブイヤベースが、よねむらさんの手にかかるとこのようになります。河豚は身がしっかりとしていて、スープは少しピリッとした辛みも効いていました。グツグツ煮え立った状態で提供されます

b0199953_11541983.jpg




「コッペ蟹の飯蒸し」

石川県など北陸地方では「香箱ガニ」と言ったりしますが、要はメスのズワイガニです。ズワイというと大きなものが重宝されると思うのですが、北陸ではこの小さな香箱の方が味がおいしく値段も安いということもあって、地元ではよく食べられているようです

つぶつぶの卵と蟹の身がもち米の上に乗っています

何でこんなにおいしいものが作れるんだろう・・・

b0199953_1155973.jpg




「伊勢海老と鮑のトマトファルシー」

左のトマトには伊勢海老が、右のトマトには鮑が乗っています。トマト嫌いのカブちゃんも食べられるほど甘いフルーツトマトを使っています

b0199953_11563288.jpg




「黒毛和牛の炭火焼 サツマイモとフォアグラ、トリュフ」

左がフィレ、右がロース。器は中が空洞になっていて、暖められた空気が中に入っており料理が冷めにくくなっています

b0199953_11571952.jpg


こちらはサツマイモの上にフォアグラが乗っていて、上に黒トリュフがかかっています

b0199953_11573829.jpg




「スッポンラーメンと九条葱」

人生で初めてのスッポンをこんなかたちで頂くことになろうとは・・・

ラーメンとありますが、麺は髪の毛のように細いパスタを茹でたもので、食感はソーメンのようです。コラーゲンがブリブリな身の部分だけでなく、木の実かと思うような黄色く小さな卵も入っていました

b0199953_11582712.jpg


スッポンのラーメンと共に提供された口直しの漬物

b0199953_1159367.jpg




「イチゴとシャンパンの一口ソルベ」

京都の錦市場にお店を構える包丁で有名な「有次」の真鍮製の器に入ったシャーベットです

b0199953_1203730.jpg




クッキー生地のシュークリームとキャラメルアイスのデザート

こちらはカブちゃんが注文。文句の出しようもないうまさ・・・

b0199953_1211171.jpg


そしてブリー・ド・モーを乗せたチーズケーキとアイスクリームのデザート

こちらは僕が注文。食べた瞬間に「うまい・・・!」を3連発してしまいました。しっかり固めの生地に深いコクがあるチーズケーキの上に塩味の効いたフランス産チーズを乗せたデザートですが、甘さと塩味のコンビネーションが絶妙で、こんなにおいしいデザートは食べたことがありません・・・ワインにも合いそうなくらい、濃厚なチーズの風味が効いています

b0199953_1242742.jpg




こんな可愛らしいお菓子もつきます

b0199953_12562330.jpg




そしてコーヒー

b0199953_12551127.jpg

















とにかくおいしい料理の数々にご満悦で店を後にしました














空を見上げると明るい月が銀座の夜に浮かんでいました




b0199953_12571487.jpg









今年ももう終わりですね






人気ブログランキングに登録してみました
もしよろしければポチッとお願いします!
人気ブログランキングへ
[PR]

by arusanchi | 2010-12-25 11:59 | 和食  

<< サラバンド・ルージュ・マ・ド・... 冬の散歩 in 上野 >>