<   2012年 05月 ( 24 )   > この月の画像一覧

 

シャンテY.A ミモーソ 勝沼

今回は、3月の勝沼ワイナリー巡りで訪問したダイヤモンド酒造のワインです

勝沼で訪問したワイナリーについては今回の投稿で一通り取り上げたことになります


株式会社ダイヤモンド酒造
〒409-1313 山梨県甲州市勝沼町下岩崎880
TEL0553-44-0129 FAX0553-44-2613
b0199953_2134917.jpg


最初に訪問した時はちょうど取材を受けていたようで、訪問を断られてしまいました

この時に、「ランチはまだじゃないですか?」とダイヤモンド酒造の専務から紹介されたのが、ビストロミルプランタン

日をあらためて、翌日に訪問しました



こちらがテイスティングルーム

b0199953_21434432.jpg


窓際で明るい

b0199953_21442817.jpg


通りの反対側は作業場の様になっていました

b0199953_21451263.jpg


こちらがテイスティングさせていただいたワイン達

例によって僕は車の運転があるので、飲むのはもっぱらカブちゃんの役割

b0199953_21455752.jpg



この時に対応してくれたのは恐らく専務のお父さんと思われる、まさに畑でぶどうを育てている、ワインの造り手といった感じの方でした

とても親切な方で、いろいろとワインにまつわる話をしてくださいました

いろいろと試した結果、甲州とマスカット・ベリーAを1本ずつ購入



そして今日開けたのがこちらのワインです


シャンテY.A ミモーソ 2009
b0199953_21495834.jpg


約1600円で購入しました


このワインにはちょっとしたエピソードがあって、実は間違って予定よりも早くアルコール発酵を止めてしまったのだそうです

まだワインに糖分が多く残っている間に発酵を止めてしまったために甘口に仕上がっています



若干の苦味を感じる香り

香りだけから甲州だと見抜くのはちょっと難しいな、といった感じがしました

やや苦みが残るコクのある甘口

アルコール度数も12.5度としっかりあり、キレがあるためクドくは感じられません

甘口ワインが苦手なカブちゃんも大丈夫みたい

何故か、数年前の旅行で訪れたヴィラ・ノヴァ・デ・ガイア(ポルトガルのポルトにあるポートワインの熟成と出荷を行うドウロ川河口近くの積み出し港)のテイラーズで買ってきたホワイト・ポートを思い出してしまいました

なかなか面白いワインです



ダイヤモンド酒造で買ってきたもう一つのワインであるマスカット・ベリーAも楽しみになってきました




人気ブログランキングに登録してみました
もしよろしければポチッとお願いします!


[PR]

by arusanchi | 2012-05-31 21:50 | ワイン  

テラッツェ・デッラ・ルナ テロルデゴ・ロタリアーノ イタリア

TERRAZZE DELLA LUNA TEROLDEGO ROTALIANO 2008(テラッツェ・デッラ・ルナ テロルデゴ・ロタリアーノ)
b0199953_19454656.jpg


誰が言ったか知らないが、「トレントの王子」といわれるテロルデゴを使用したトレンティーノ・アルト・アディジェのDOCワインです

池袋東武で「スカイツリー開業記念」ということでワゴン売りしているのを見つけて約1000円で購入しました



栓が固く、開けるのに苦労しました、、、


色は濃くて深い紫色

カシスやブラックチェリーなど黒い果実の香り

苦味があって、イタリアの土着品種に対する悪いイメージが蘇ってきてしまいまいた

というのも、ずっと前に目白にあるイタリアワイン専門のワインバーで飲んだシチリアのネロ・ダヴォラ(カラブレーゼ)がとても苦くて飲めなかったのです・・・

以来、ネロ・ダヴォラは飲んでいません

一晩おいて翌日飲んでみたところ、より果実味が出てきたような気がします



んー、でもまだちょっと苦いかな・・・





人気ブログランキングに登録してみました
もしよろしければポチッとお願いします!


[PR]

by arusanchi | 2012-05-28 20:10 | ワイン  

景色に溶け込む街角のカフェ カフェ・コパン @小石川

家から最も近くにあるカフェが「カフェ・コパン」

とても人気があるようで、店内はいつもお客さんで混みあっています

しかし僕たちはこれまで数えるくらいしか入ったことがありません・・・


CAFE COPAIN(カフェ・コパン)
〒112-0002 東京都文京区小石川4-5-6
TEL&FAX 03-3813-1582

ビルの1階の角にあり、オープンカフェ風にもなっていて入りやすい雰囲気

b0199953_18341677.jpg


店で作っているホットドックやサンドイッチもあるのですが、これが結構いける

ホットドックはパンが柔らかくなく、ややフランスパンのような食感

ソーセージはかなりジューシー

b0199953_18344868.jpg


コンビーフとキャベツが挟んであるホットサンドは一度家でも真似して作ってみたけれど、やはりコパンの方がおいしかった、、、

b0199953_1835239.jpg


値段も結構安いし、ちょっと小腹が減った時にもちょうど良い



チェーン店ではないので、常連さんと店員さんがレジでちょっとした会話をしていく様子が好ましい感じ

この小さなカフェは街の景色にすっかり溶け込んでいるようです

人気の理由が少し分かったような気がしました



人気ブログランキングに登録してみました
もしよろしければポチッとお願いします!


[PR]

by arusanchi | 2012-05-27 18:43 | カフェ  

再び!AOSAN @仙川

3月中旬に訪れたAOSAN(前回の記事はこちら

その前に電話で、大人気の角食パンの予約を入れようと電話したところ、「予約待ちが2ヶ月になっているので、5月中旬のお渡しになります」という衝撃の回答が返ってきました

その時、2ヶ月先を夢見て頼んだ角食パンを受け取りに行ってきました


実際は、3月に直接お店に行って、たまたま店頭に並んだ瞬間に遭遇!

なので、すでにこの入手困難なパンを食べてしまったのですが、2ヶ月待ちのパンを受け取るのは格別な思いです


角食パン以外にも何種類か事前に予約をいれておいて良かった

本当は店頭で違うパンもあれこれ買ってみよう、と思っていたのに、家を出るのが少し遅くなってしまって、到着した時にはこんなことになってました

まだ閉店時間ではないのですが・・・

b0199953_16554772.jpg

b0199953_1658124.jpg



店内は、強奪にあったかのように、何もない状態

パンはひとつもなく、がらんとした棚と、受け取りを待つ予約分のパンが入った緑色のビニール袋だけが並んでました


入手したのがこちら

角食パンを3斤
クリームチーズとレーズンが入ったベーグル、かぼちゃパンなど


b0199953_1705917.jpg



ずらーっと並んだ食パン連峰

圧巻

生地は弾力があって、素朴だけれど、噛むと自然な甘みが口に広がります


ペリカンの食パンと、美味しさの甲乙をつけがたい・・・


ふたつのお店の角食パンを並べて食べ比べる・・・そんなことができたらいいな




人気ブログランキングに登録してみました
もしよろしければポチッとお願いします!


[PR]

by arusanchi | 2012-05-26 17:16 | パン  

ガタオ ヴィーニョ・ヴェルデ ポルトガル

GATAO VINHO VERDE(ガタオ ヴィーニョ・ヴェルデ)
b0199953_21214243.jpg


東京大丸のワインフェアで約900円で購入してきた、「緑のワイン」という名前のポルトガルの微発砲ワインです

ヴィーニョ・ヴェルデはポルトガルの北部に位置し、アザール、ペデルナン、トラジャドゥラといった独特な品種から酸が豊かで軽口の白ワインが作られる産地として有名なようです



とはいえ、あまり緑色がかってはいなくて、色は淡いレモンイエロー

柑橘系果実の様に爽やかな酸がたっぷりで、とてもフレッシュな印象を受けます

それに口の中で弾けるわずかな炭酸が心地よく、すいすい飲んでしまいますね

おまけにアルコールは9度と低めです


初夏の頃、冷蔵庫でよく冷やしたヴィーニョ・ヴェルデを飲んだらとてもおいしいだろうな・・・

また、何日か経って炭酸が抜けてきてから飲んでも十分においしいワインでした


ポルトガル旅行の時にも現地でヴィーニョ・ヴェルデは飲んだような覚えがあります

またポルトガルの食事は日本人にもなじみやすい魚介類を使ったものが多かったように記憶しています

イワシの網焼きとか、干しダラ(バカリャウ)を使った料理とか

そんな料理には良く合いそうです



とても良いワインですね






そう言えば、今日の会社帰り、茗荷谷駅近くの松屋で牛丼を食べました

ちょうど今は”大盛り無料”のキャンペーンをしているようです

僕は少食なのでもちろん大盛りになんかしません



そのうち若い女性が店に入ってきて、ハンバーグ定食か何かのテイクアウトを注文しました

すると対応した店員が店中に響き渡る大きな声で


 「ただいま大盛無料サービスしていますが、大盛にしますかーっ!?」


女性はビックリしたような顔をして、大きく目の前で手を左右に振って(大盛にしなくていいですっ)サインを送っていました

そりゃそうだよね・・・

ただでさえ入りにくい(であろう)牛丼店に入ってきた女性に

 「大盛り無料、いかがっすかーーっ!?」

ってねえ、、、、



マニュアル通りもよいけれど、ああいうのどうにかならないですかね



そんな光景を見て、食べ終わったしそろそろ帰ろうかな・・・と器を見たところ、何と食べ残しがあるではありませんか

すっかり食べ終わっていたと思ったのに




オレ、ボケてきたかな・・・・・・




そのうちカブちゃんに


 「まだご飯食べてないよね?」


とか言い出さないか、不安。。。




人気ブログランキングに登録してみました
もしよろしければポチッとお願いします!


[PR]

by arusanchi | 2012-05-25 21:48 | ワイン  

ヴィノスやまざき有楽町 @有楽町

会社帰りにカブちゃんと待ち合わせ、久しぶりに有楽町のヴィノスやまざきのワインバーに寄りました


ワインショップに併設されているバーでは、その日のリストに載っているいくつかのテイスティングやグラスワインのアイテムから選び、手軽にワインを楽しむことができます

あるいはまた、ショップで販売しているボトルワインも一人当たり500円のチャージで持ち込むことも可能


グラスで何杯も注文するよりは、気に入ったワインをボトルで持ち込んだ方がお得な気がしたので、今回はこちらのワインをショップで購入してバーに持ち込みました


ストーンヘッジ・カベルネ・ソーヴィニヨン・リザーヴ・ナパヴァレー2007
b0199953_23395053.jpg


カベルネ・ソービニヨンは随分久しぶりな気がして、当ブログを調べてみたら去年の11月末以来でした

あまり意識はしていなかったけれど、随分と長い間カベルネを飲んでいなかったようです


黒いラベルが重厚なイメージを印象付ける

価格は2980円。これに持ち込み料が2人で1000円かかります

アルコール度数は14.3度ということなので、やはりカリフォルニアだけあって結構高いですね

香りからは濃厚な黒い果実、チョコレートやカカオのニュアンスが感じられます

カベルネがあまり好きではないカブちゃんも、このワインは結構気に入ったみたい

確かに、おいしい

2008年のディア・リッチがとても残念だったので、同じ価格ならこちらの方が良い


つき出しのおつまみはドライフルーツとナッツの盛り合わせ
b0199953_0172366.jpg


いつも、何を頼んでも、同じつき出しが出てきます

ドライフルーツがちょっと甘過ぎて、今回のような果実味のあるワインの長所を打ち消してしまっている気がします

何でこれを出そうと思ったのだろう

これだったらナッツだけの方がよいなあ



生ハムを使ったサラダ
b0199953_0194557.jpg


これで900円

比較するのも愚かですが、「煮込みや なりた」の500円のマリネの偉大さが良く分かります



3種チーズの盛り合わせ
b0199953_0214554.jpg


運んでくれた店員に聞いても何のチーズか分からず

一番手前はたぶんマンステール


カブちゃんに言わせると、

 「名古屋出張のお土産の定番、エビせんべいのゆかりに似ている」

ということで、相変わらず独特な表現を披露してくれます

まあ確かに、このチーズの皮の香ばしい雰囲気は似ているような気がします

いずれにしても、おいしい



パテのピンチョス
b0199953_0233912.jpg


これで350円はちょっと高いね、、、

だけどおいしいです



メニューを良く見たら、何と「煮込みや なりた」のケンタさんの言っていた”サンセバスチャン”のことが書いてあるではありませんか

b0199953_0251344.jpg



これは何かのご縁?





今年の旅行はサンセバスチャンを絡めたものになるのかも・・・




人気ブログランキングに登録してみました
もしよろしければポチッとお願いします!


[PR]

by arusanchi | 2012-05-24 23:54 | ワインバー  

ソレイユ・クラシック 赤 勝沼

ソレイユ・クラシック 赤 2011
b0199953_23201100.jpg


旭洋酒有限会社による、マスカットベリーA主体の赤ワインです


旭洋酒有限会社
〒405-0005 山梨県山梨市小原東857-1
TEL 0553-22-2236 FAX 0553-22-3762


旭洋酒訪問の記事はこちらを是非ご参照ください


色は濃いめ、赤みがかった紫色

香りはまさにベリーAらしく、イチゴのキャンディーのような甘い香り

柔らかいタンニンがあり、フレッシュな果実味と酸が心地よい

香りに反して味わいは甘くありません

これがベリーAの不思議なところです

カブちゃんはこのベリーAの香りが苦手らしい

だけど、味わいだけを確認すると決して悪いワインではないような気がします

とてもバランスが良くて、飲みやすい

また山梨県産のピノ・ノワールとメルロも若干ブレンドしているようです

アルコールは11.5度



3月に勝沼で買ってきたワインはもう随分飲んだし、ブログでも取り上げました

しかしまだまだ在庫が残っています・・・


夏が来てしまうまでにはすべて取り上げたいと思っています



人気ブログランキングに登録してみました
もしよろしければポチッとお願いします!


[PR]

by arusanchi | 2012-05-22 23:36 | ワイン  

金環日食 @丸の内

b0199953_22212432.jpg


b0199953_22204824.jpg



人気ブログランキングに登録してみました
もしよろしければポチッとお願いします!


[PR]

by arusanchi | 2012-05-21 22:25 | 散歩  

煮込みや なりた @代々木

前回の訪問時に予約を入れておくことができたので、今回は超難関の電話予約なしで来店できました


通常は、予約を入れたい日の1週間前の午前0時時を過ぎたところから予約受付開始、というルールがあるようです

しかし、これだとなかなか電話はつながらず、ようやくつながったと思ったら既に予約が一杯、という状況が何度もありました


このような事情もあって、訪問した日の会計後に次回の予約をしてしまう

そういう風に決めました



煮込みや なりた
東京都渋谷区千駄ヶ谷5-20-19
03-3355-2538
b0199953_11594035.jpg



一番奥の席に案内されました

壁向きに2人で並んで座るこじんまりとした席ですが、これが意外と落ち着く・・・



今回のメニューです

b0199953_123081.jpg


エスカルゴ、砂肝のサラダ、フォアグラのパイ包みは定番の絶品料理

いつ食べてもおいしいのですが、敢えてこれは外し、それ以外のメニューにすることにしました



白ワインのグラスでスタート

b0199953_1265033.jpg


ロワールの自然派のソービニヨン・ブランだそうです

インポーターはコスモ・ジュン

このインポーターはクリスチャン・ビネールも手掛けているようです

自然派に力を入れているのですね

ノン・フィルターなのか、若干濁りの残ったワインでした
b0199953_128325.jpg


アルコール度は13.5度

酸味が心地よく、わずかに感じる苦味が味わいを引き締める感じ


パンをあてにして白ワインをすすりつつ過ごしているところに、まず最初に運ばれてきたのがこちら


米ナスのミルフィーユ
b0199953_12475240.jpg


思わず「おおっ!」と声を出してしまいました・・・

マッシュポテトの白、何を使用したか忘れてしまったけどグリーンのソース、トマトの赤

色がきれいではありませんか

カニの身も入ってます

ミルフィーユというだけあって、薄くカットされた幅の広い米ナスが層状に盛られています

ナス自体は味の主張がそれ程ないけれど、トマトの酸味、マッシュポテトのトロリとした感触、グリーンのソースのあっさり感を一緒に味わうと深みを感じます

何の過不足もない、絶妙の味付け

鬼才なりたさんの料理はこれだからいつ来ても楽しく、感動してしまいます



次に運ばれてきたのが長崎産アジのマリネ
b0199953_12555679.jpg


この美しさとボリューム・・・

何とこれで500円です。本当にどうかしています

左に見えるのは生のイチジク

なりたのサラダの特徴は、果物の使い方ではないかと思います(以前注文した砂肝のサラダにはメロンが入っていました)

このアクセントの入れ方がシャレてます

この皿からイチジクを取り除いてしまったら、、、見た目は普通のマリネになってします

ここが一味違うところかと

酢のほど良い酸味に果物の甘さが合うんです

そしてマリネ液のオイル、酢、塩、コショウのバランスにはいつも感心してしまいます



米ナスのミルフィーユ、長崎産アジのマリネ、いずれも他の店では味わえそうにないところに、この店の価値が現れているような気がします


グラスワインに続け、赤ワインをボトルで注文することにしました

前回来た時の飲んだピノ・ファンがおいしかったので、今回は産地ではなくピノ・ノワールで3本選んでもらった中から選択しました

BOURGOGNE PINOT NOIR JEAN-MICHEL GUILLON & Fils 2001
(ブルゴーニュ ピノ・ノワール ジャン・ミシェル・ギュイヨン)
b0199953_1383780.jpg


10年程経過したせいか、薄いレンガ色になっていました
b0199953_13114015.jpg


湿った土、オイル、キノコなどの香りに、熟成による枯れたニュアンスやタンニンも感じられます

カブちゃんは「焼き鳥の皮の焼き立ての香ばしい匂い」という独特な表現をしていましたが、、、オイリーな感じと枯れた香ばしさという点では、ある意味、言い当てているというような気もします

アルコール度数は12.5度でした


そして本日のメインディッシュ

ラムのハンバーグ
b0199953_13222323.jpg


「何これ?」と思わず口をついてしまう大きさ

ジャガイモの上に巨大なハンバーグが鎮座しています

これはUFOか戦車?

それに、何やらハンバーグの上で燃えているものがあります(煙、見えますか?)

フロア係のケンタさんに聞くと、これは”タイム”なんだそうで、乾燥したタイムに火をつけ、お香のように香りづけしているんですね

どこからこんな発想が出てくるんだろう

粗挽きの肉は柔らかいけれど、肉の挽き方のせいか、ごつごつとした歯ごたえも残していて、とてもおいしい

ラム特有の臭みもあるのだけれど、全く嫌な感じがしません

男らしいハンバーグという感じで、かなりワイルド(だぜぇ~)

写真でも分かるようにかなりの厚さだけれど、お皿に広がるソースをからめて食べると、肉の味がさらに引き立ち、旨みが増します






今回もおいしい料理とその見た目の美しさに驚きっぱなしでした

この店がある限り、また通える範囲に住んでいる限り、何度もリピートしたいと思います

もちろん、次回の予約も抜かりなく行いました、、、




精算時、ケンタさんに2月のパリ旅行について聞いてみました

どうやらパリだけでなく、なりたさんの勧めがあってスペインのバスク地方、サン・セバスチャンにも出かけたのだそうです

バールがたくさんあり、はしごするのが楽しく、ワインも1杯180円前後の価格で飲めるそうです

景色もきれいで人も優しく、友達もできたということで、とても充実した研修?旅行だったということ



聞くだけで楽しそうな街でした

僕たちも今年の旅行先をそろそろ決めなければいけないので、サン・セバスチャンも候補地として検討したいと思っています

次回なりたに来る時は、どこかに旅行へ出かけた後になるかもしれません





人気ブログランキングに登録してみました
もしよろしければポチッとお願いします!


[PR]

by arusanchi | 2012-05-20 18:00 | ワインバー  

個性派揃いのパン屋 @西荻窪

GWにランチで訪れた時(その時の記事はこちら)、3軒のパン屋と、1軒の焼き菓子屋に立ち寄りました

なかなか書く時間がなかったので、4軒まとめて取り上げます


パン屋巡りをするために訪れることが多い西荻窪ですが、今回はいつもと違う店を織り交ぜて、パンをたっぷり買ってきました


1軒目
ポチコロベーグル
東京都杉並区西荻南2-22-4 2F

西荻窪のベーグル屋といえば、北口側にある「ポム・ド・テール」が有名ですが、南口側にオープンしたニューウェーブ(?)のパン屋を開拓

ちょっと迷いながら、探検気分で店を探し当てました

隠れ家というよりも、屋根裏部屋といった風情です

細い階段を上がると、たくさんのベーグルが雑貨のように可愛らしく並べられていました

b0199953_1128079.jpg

b0199953_11271769.jpg



ベーグルを3種類と、バナナケーキを購入

ここのベーグルはコロンと丸い形

パッケージのイラストが可愛い
b0199953_11295530.jpg



バナナケーキ

バナナの甘みが程良く、口当たりも柔らかすぎなくておいしい

紅茶に合います

b0199953_11365061.jpg


ベーグルの中はこんな感じ

ここのベーグルの生地は、もちもちと、しっかりのちょうど中間くらい

まだまだ進化中なベーグルという印象
b0199953_11403388.jpg



2軒目
えんツコ堂 製パン
東京都杉並区西荻北4-3-4
b0199953_1144425.jpg


前回購入して美味しかった「おしりパン」

別のパンも食べてみたくて、再訪問

食パン

そのまま素朴な生地を味わうのもいいけれど、軽くトーストしてみると生地の味わいがちょっと違います
b0199953_11541459.jpg


店のキャラクター(多分、ふくろう?)も刻印されてます
b0199953_11452271.jpg


その他に買ったパン

右手前がリピートした「おしりパン」

左のミルククリームが挟んである小ぶりのバゲットもおいしい

b0199953_11505824.jpg


右上のパンは、中にたっぷりチーズが入っています

b0199953_14103872.jpg


3軒目
多奈加亭ファームハウス
西荻窪駅 Dila内

駅に隣接している商業施設の中にあったパン屋
b0199953_11585369.jpg


焼き菓子や、ケーキも扱っています

レーズン、くるみが入っている円筒型のパン
b0199953_1275823.jpg


食パンに近いシンプルな味わいの生地に、レーズンの甘みがよく合います
b0199953_1254885.jpg



4軒目
Amy's Bakeshop
東京都杉並区西荻北2-26-8 1F

アメリカの家庭の焼き菓子がコンセプトの店

店内にはカフェも併設されています
b0199953_14171416.jpg


この店のある通りにはソーセージのおいしい「もぐもぐ」もあり、ぶらぶら散策するとおいしいものに出会うことができます

ブルーベリーマフィン

マフィンはたいてい甘過ぎ、バターっぽさ全開に感じるものが多く、粉物の中では敬遠気味なお菓子でした

しかし、ここの店のマフィンはくどさがなく、ブルベリーの甘酸っぱさがアクセントになっておいしい

b0199953_1424777.jpg



もう何回も訪れている西荻窪ですが、まだまだ開拓できそうな店がたくさんありそうです

それにしても、よく食べました・・・





おまけ

帰りに乗り継ぎをした御茶ノ水の「お茶の水橋」から見える風景がとてもきれいでした

b0199953_14291877.jpg






人気ブログランキングに登録してみました
もしよろしければポチッとお願いします!


[PR]

by arusanchi | 2012-05-19 18:00 | パン