<   2012年 03月 ( 24 )   > この月の画像一覧

 

上海家庭料理の店 上海小吃 @歌舞伎町

今週、誕生日を迎えました

気持ちは10代から何も変わっていない(?)と思っていても、間違いなく老いています

それを痛感するのは採用活動で面談する学生と会う時

彼らとの会話に埋められない世代ギャップがあるとか、そいうことではありません

それはトイレに行き、鏡の前に立った時にまざまざと見せつけられます

鏡に映っている顔は間違いなく学生のそれではない

そこにあるのは、卒業からの歳月の経過を確実に削り取られた男の顔・・・



1日1日を大事に生きたいと思います




誕生日祝いに、とカブちゃんが連れて行ってくれたのがこのお店


上海家庭料理の店 上海小吃(シャンハイシャオツー)
東京都新宿区歌舞伎町1-3-10
03-3232-5909
平日18:00 ~ 5:00 日・祝日18:00 ~ 2:00
b0199953_126221.jpg


こちらの店、以前カブちゃんが会社の飲み会を開いて、波紋を呼んだ曰くつきのお店だって(その後も参加者の間で「あれは強烈だった」と話題になるお店だそう)

僕もその話を聞いた後、テレビ番組で紹介されているのを見たことがあります

立地は新宿歌舞伎町のど真ん中

ゴチャゴチャした細い通路沿いにあります
b0199953_1291551.jpg


一見で入ろうとはなかなか思えない外観
b0199953_1210925.jpg


今回はこちらの離れ(?)の方に案内されました
b0199953_12105137.jpg


紹興酒
b0199953_12114633.jpg

ハッピーアワーはボトルが半額

熱いのと冷たいのを選べます

何故かカブちゃんは紹興酒が飲めるらしい

日本酒はダメなのに・・・

日本酒よりもクセがあると思うんだけど


豆腐の細切り
b0199953_12121011.jpg

麺のような歯ごたえで、ほんのり塩味、旨みもあり

さっぱりとおいしい


蛤の甘辛炒め
b0199953_12123433.jpg

貝独特の旨みが溶け込んだスープ(何か酒も入っているような・・・)は、次に紹介する揚げパンにもよく合います

お店の人もこのお料理と揚げパンの組み合わせがお勧めのようで、確かにこのスープにパンを浸して食べるとおいしいです


名物の揚げパン
b0199953_1213810.jpg

サクサクに揚がってます

どのテーブルも注文していて、飛ぶように売れていました

断面はこんな感じ
b0199953_12133650.jpg

生地には肉まんの皮のような甘みがあり、もっちりとしています


蒸し鶏
b0199953_1214020.jpg

小骨が少々気になりますが、この”鶏を丸ごと食べてる感”が中国っぽくていい感じ

鶏の旨みをしっかり味わえます


小龍包
b0199953_12143396.jpg

台湾の小龍包に比べると、厚めの皮のもっちり感が特徴的


牛肉とニンニクの芽の炒め物
b0199953_12151418.jpg

ハッピーアワーに入店したので、この料理は半額でした

片栗粉を付けて炒めた肉はふんわりとしていて、甘辛い味付けが中華らしい一品






全体的に、どれをとっても味がおいしいというのがビックリでした

こんなにおいしい料理を出すように見えないんだけどな・・・


そして基本的には相席が当たり前

サラリーマン風、ホステス風、学生風、自由業風、、、

いろんな人種がテーブルを囲んで中華を食べている様子は他にあまりない景色です


まさに中国の食堂ってこんな感じなんじゃないか、と思うような破天荒な接客も面白い

お客さんが頼んだ飲み物がなかったら

 「外で自分で買ってきて」


あるいは、どのテーブルの注文か分からなくなって、というか誰が頼んだかほとんんど気にしていない風で、僕たちの隣のカップルの席に何度も

 「これ頼んだ?」

と聞いていました。男性の方が彼女との会話の間に何度も振り向いて

 「頼んでない」

と普通に返しているのが面白かった


そしてこのカップル、「ゲテモノ系頼んでみよう」といって、何かの動物の脳ミソを使った料理を注文していた

彼女の方の「レクター博士みたいだね」という発言をよそに、男性が「これうまい」と言っていた


うまいのか・・・

ちょっと注文するには勇気がいるな




店の場所はちょっと分かりにくいです


この看板が目印になるかもしれない
b0199953_12191480.jpg


店の前では人形が出迎えてくれます
b0199953_12164134.jpg



料理がおいしいというだけでなく、ちょっとした話題作りにも、この店は訪れてみる価値があるかもしれません



人気ブログランキングに登録してみました
もしよろしければポチッとお願いします!


[PR]

by arusanchi | 2012-03-31 13:24 | 中華  

南野呂 甲州 勝沼

勝沼で買ってきた甲州のワインです


南野呂 甲州 2011
b0199953_2043197.jpg


アルコール度数は11度

わずかにピンクに色づいているように見えます

甲州は白ワイン用のぶどうですが、もともと赤みを帯びた皮の色をしているので、この色素が軽く抽出されているのかもしれません

樽の香りが効いています

辛口ですっきり、ほどよいコクと酸味

後味にはワインに深みを与える苦味をほんのわずかに感じました

甲州はどの生産者を飲んでも飲みやすいですね

おいしいです



生産者はルミエール

ルミエール
〒405-0052 山梨県笛吹市一宮町南野呂624
0553-47-4624
b0199953_20185897.jpg


住所にある通り、南野呂とはこのルミエールのワイナリーが建っている周辺地域であり、ここのぶどうを使ったワインがこの南野呂甲州ということになります

ルミエール訪問のきっかけは雑誌に取り上げられていたことでした

同じ南野呂ブランドのマスカット・ベリーA(一升瓶入り)が雑誌で紹介されていて、これを目指して来てみたのです

ところが南野呂甲州の一升瓶入りは販売しているのに、マスカット・ベリーAが見当たりません

店員さんに聞いたところ、既に売り切れしてしまったのだそうです

新ヴィンテージでの瓶詰を4月以降に予定しているそうで、それまでは(あればの話ですが)すでに市場に流通しているものを見つけるしかないようです

残念・・・



せっかく来たので、また例によってカブちゃんに試飲をしてもらいました

この甲州の他に、「石蔵和飲」という石で造られた発酵槽で仕込んだものや、「フレールシリーズ」マスカット・ベリーAなどを試して最終的にこの甲州を買ったのでした

b0199953_20195137.jpg


石の発酵槽というのは珍しい感じがしますが、ボルドー旅行で訪れたポムロールのシャトー・ガザンではセメントのタンクを仕込みに使用していました

感覚的にはこれに近いのかも知れません

ルミエールのワイン販売所の隣にはオシャレなレストランも併設しています

この日は講師らしき人を招いてのワインの試飲会だか何かのイベントをやっていました

なかなかやる気の感じられるワイナリーです




人気ブログランキングに登録してみました
もしよろしければポチッとお願いします!


[PR]

by arusanchi | 2012-03-30 10:00 | ワイン  

スペールフルッタ @小石川

八百コーヒー店へ行ったのと同じ日、天気が良くて暖かくなってきたので久しぶりにスペールフルッタのジェラートを食べました

SUPERFURUTTO(スペールフルッタ)
東京都文京区小石川5-31-5
03-3818-7363
b0199953_21435687.jpg


ショーケースには、10種類ほどの色とりどりのジェラートや、焼き菓子なども並んでいます

頼んだのは、クッキーのOREOを使ったチョコレート風と、桜の花びらの塩漬けのような香りのするもののダブル

すーっと口の中で溶けて、しつこい甘さもなく、後味がいいです
b0199953_21443312.jpg


これを食べる時はだいたいいつも目の前の公園のベンチに座って食べます
b0199953_21451414.jpg



この店はカブちゃんが友達から紹介してもらってその存在を知りました

場所が場所ならもっと繁盛しているんじゃないかという気がしますが、このひっそり感が茗荷谷らしくて、僕たちは気に入っています


播磨坂のサクラ祭りは先週終わってしまいましたが、桜はまだ開花していません

来週の週末あたりが満開じゃないかな

花見のついでに立ち寄ってみてもいいかもしれませんね



人気ブログランキングに登録してみました
もしよろしければポチッとお願いします!


[PR]

by arusanchi | 2012-03-29 13:00 | お菓子  

十勝ワイン 清見 北海道

札幌出張の際に大丸のワイン売り場で買ってきたワインです

十勝ワイン 清見 2006
b0199953_2144377.jpg


店員さんにお勧めを聞いたらこの十勝ワインを進められました

人気があるそうです

池田町ブドウ・ブドウ酒研究所の製造

360mlの小瓶入り


アルコール度数は10.5度とかなり低めです

ぶどうの糖度があまり高くないのでしょうか

色は薄いガーネット。まるで北海道の秋の夕焼けのような色合いです

鉄錆のようなニュアンス、強めの酸味

軽い味わいで余韻はあまりありません


サイトによれば

------------------------
池田町で選抜育成された醸造用品種「清見」を使用し、発酵終了後、フレンチオーク樽で1年間じっくり熟成させてビン詰めしたワインです。力強い酸味と軽爽な味わいはまさに十勝ワインの代名詞的な存在です。
------------------------

ということで、確かに聞いたことのないぶどう品種です


値段は1000円を超えていたと思います

リピートはちょっと考えられないかなー



人気ブログランキングに登録してみました
もしよろしければポチッとお願いします!


[PR]

by arusanchi | 2012-03-28 13:00 | ワイン  

ソレイユ・クラシック 甲州 勝沼

勝沼で買ってきたワインの1本を開けてみました

ソレイユ・クラシック 甲州
b0199953_2251868.jpg


アルコール度数は12度

色は薄いイエロー

柑橘系の爽やかな香り

冷蔵庫で冷やして飲むととてもスッキリとしていて、優しい味わい

和食には全般的に合うと思いますが、特に焼き魚なんかはよいかも知れません

柑橘系の味わいがレモンのような役割を果たしてくれそう

そして、だんだんと温度が上がってくるにつれ、夏ミカン、梨、ラフランスのような味わいになってきました

後味に苦味はほとんど感じられません

最後まで柔らかい味わいでした



ソレイユ・クラシックは旭洋酒のワイン

勝沼の中では比較的北の方に位置しています

b0199953_22105072.jpg


こちらが事務所兼テイスティングルームになっているようでした
b0199953_22114631.jpg


棚には販売しているワインたち
b0199953_22122680.jpg


実際のテイスティングはカブちゃんにお願いし、僕は車の運転があるので香りだけ・・・

ソレイユの赤と白をカブちゃんにテイスティングしてもらいました
b0199953_2213192.jpg


対応してくれたのはオーナーのご主人だったと思います

口数は少なく、本当にワイン造りのような大変な仕事をしている人なのかな、と思うくらいに優しい雰囲気の方でした


最初に赤と白を1本ずつ購入しました

その後、車に戻ってから「やっぱりもう1本買っていこう」とカブちゃんが事務所に戻って追加で購入を申し出ると、嫌な顔もせず走って裏の倉庫に在庫を取りに行ってくれました


ソレイユは東京でも購入できると思います

しかしこうして生産者を訪問し、直接買うことで、ワインを通じて生産者の人柄まで伝わってくるような気がします

ワイン自体も記憶に残るし、また東京のどこかで見かけたら、あの晴れた勝沼の一日が蘇ってくるのだろうな・・・


b0199953_2237319.jpg





人気ブログランキングに登録してみました
もしよろしければポチッとお願いします!


[PR]

by arusanchi | 2012-03-27 16:00 | ワイン  

八百コーヒー店 @千石

もう何度も来ているのに、いつもカメラを忘れていてブログに書けませんでした

それがこちらのカフェ

八百コーヒー店
文京区本駒込2-10-5
03-3943-6884
b0199953_2012580.jpg




よくこの場所を見つけたよね、、、と思う場所にその店はあります
b0199953_20103488.jpg


右側に見えるのは地下鉄駅の入り口

地下鉄で来るなら、出口を出ればそこに喫茶店があるという、とても便利な立地

ガラス張りでとても明るい店内

とても個性的な風貌のご主人と奥様が経営されている喫茶店です



コーヒーのメニューは2種類あった気がするのだけれど、今日は1種類だけでした

奥様に聞いてみたらその時によって違うみたいで、メニューに載っていないコーヒーもあるそうです

今回頼んだコーヒーは、メニューに載っていたコロンビア、ブラジル、グァテマラ、ケニアのブレンドと、メニューにはなかった(確か)ニューギニアのコーヒー

そして、八百コーヒー店の名物は何と言っても自家製のロールケーキ

このロールケーキが、すご~くおいしいです

今年のバレンタインデーの「LISZT(リスト)」のオレンジピールチョコレートのお返しがまだだったので、カブちゃんに食べたいスイーツを聞いたところ、「久しぶりに八百コーヒーのロールケーキが食べた~い!」というリクエストがあり、散歩がてら、やってきました

b0199953_2013927.jpg


幅はおよそ4cm程もあろうかという、大きなカット

カステラのような食感でしっかりフワフワの生地

この生地がとてもおいしいです

コーヒーに間違いなく合うよなあ・・・

大阪の平岡珈琲のドーナッツもそうだけど、名物を持っている喫茶店はいいですね



こちらの八百コーヒー店は、このブログでもたびたび取り上げる「おやつ手帖」の3番目に登場します
※なお、1番目はピノキオ、2番目は珈琲天国

あまりにおいしいロールケーキの秘訣を、ご主人に聞いてみたところ

 「とにかく生地を混ぜること」

という意外なほどシンプルな答えが、、、

特にロールケーキ作りを習ったことはないそうで、それでこんな絶品ロールケーキを作れるなんてすごいセンスです



店内をレトロなストーブが温めていました
b0199953_20305055.jpg


夏場はゴーヤなどを使った緑のカーテンで覆われていました


スケートボードを使った椅子や、飛行機のビジネスクラスのシートを使った椅子なんかがあって、ユニークな店づくりをしているところも魅力

今回は特等席のビジネスクラスのシートの椅子に座ることができました

カブちゃんと2人掛けのこの椅子に座ると、2人とも同じ方向を向いて座ることになります・・・

とても座りやすい椅子だけれど、ちょっと変わってますよね

外の景色はとても見やすくなりますけれど

b0199953_20354794.jpg





そういえば今日、家の近くの播磨坂で毎年恒例のサクラ祭りが開催されていました
b0199953_2040280.jpg

しかしまだサクラが咲くには少し早いですね、、、

だんだんと暖かくなると、街中で猫を見かけることも多くなります
b0199953_2041633.jpg


茗荷谷の猫について過去に何度か書いていますが、冬の間見かけなくなったこの猫を、また最近見かけました

いつものように塀の上ではなく、車の下に隠れるようにして座っていました


いずれにしても元気で良かった



人気ブログランキングに登録してみました
もしよろしければポチッとお願いします!


[PR]

by arusanchi | 2012-03-26 18:00 | カフェ  

スタンディング・バー プチ・コニシ @中野坂上

この土曜日は出勤日でした

電力需要の対応で、夏場の出勤日を減らした影響が出ています


この日、休みだったカブちゃんと待ち合わせ、今までずっと気になっていた中野坂上の酒屋、藤小西内にあるワインバーに行ってみました

Standing BAR PETIT Konishi
〒164-0011 中野区中央2-2-9 第3戸谷ビル1階
TEL:03-3365-2244
b0199953_2246978.jpg


店で販売しているワインも、持ち込み料を数百円支払うだけでワインバーに持ち込むことができます

まず僕が頼んだグラスワインは、

◆ラグランド・コリーヌ サン・ペレイ 2007年(ぶどう品種:マルサンヌ、ルーサンヌ)

ローヌはセプタントリオナルのサン・ペレイ産

サン・ペレイの生産可能色は白のみですね

サン・ペレイは人生で初めて飲みましたし、マルサンヌやルーサンヌも初めてだと思います

シードルのような発酵の香り、密度が濃いしっかりとした白ワイン


グラスワインは色々と珍しいワインが飲めていいですね

しかも、なかなか買うことはできないけれど興味のあったワインがメニューに並んでいるのが嬉しい

残念ながら品切れになってしまっていましたが、コルスのパトリニオモ(ぶどう品種はニエルキオ(サンジョベーゼ))のワインなんかもリストに載っていました

飲んでみたかったな・・・


そしてカブちゃんはこちら

◆ドメーヌ・デ・トゥール パリジィ ロゼ 2008年(ぶどう品種:グルナッシュ、サンソー、クノワーズ)
b0199953_225316100.jpg

イチゴのようにフレッシュな印象

続いて頼んだのがこちら

◆ピュズラ・ボノム 蔵 ブラン 2011年
b0199953_22542073.jpg

優しい甘さでスイスイと飲んでしまいたくなる

とてもおいしい白ワインです

ラベルに『蔵』と書いてあります

生産者が日本酒の酒蔵を訪問した時にインスピレーションを受けて作ったワインだとか


カブちゃんは

◆ユルゲン・ライナー ハンドヴェルク  2008年(ぶどう品種:シュペートブルグンダー)
b0199953_22545669.jpg

ドイツのピノ・ノワール(シュペートブルグンダー)です

確か産地はファルツだったような

色は薄めで明るい

軽めで柔らかなワインでした


続いては、

この日のメニューにはなかったけれど店員さんが

 「これから開けるワインです。もしよろしければ」

ということで紹介してくれたアルザスのワイン

◆レオン・マンバック オーセロワ エレヴェ・アン・ミュイ 2006年
b0199953_2301940.jpg

b0199953_2303222.jpg

珍しいオーセロワ主体(100%?)のワインです

比重の重い凝縮したぶどうの旨みが印象的

おいしいなぁ・・・

やっぱりアルザスはいいですね

日本人の好みに合うと思います



更に続けて、

◆熊本ワイン マスカット・ベイリーA

これは先日勝沼で飲んできたベイリーAとの共通点を感じます

日本のワインとしての特徴がよく出ているワインですね


最後に、こちらも店員さんが「これから開けますので」ということで紹介してくれたワイン

ん?このラベル、見覚えあるぞ

◆ラルコ ロッソ・デル・ヴェロネーゼ
b0199953_2375166.jpg

山本昭彦氏の「おうち飲みワイン100本勝負」に載っていたワインですね

こんなところで出会うとは、、、

発酵の香りが強く、果実味たっぷり。間違いなくおいしいです

今の季節にはいいですね。夏になったらちょっと飲みにくくなってしまいそうです



そして頼んだ料理はこちらです


パテ・ド・カンパーニュ
b0199953_23113128.jpg

濃厚な肉の旨みがじわりと口に広がりますが、不思議と脂っぽさはあまりないです
マスタードの酸っぱさともよく合います

自家製パン
b0199953_23121336.jpg

切り込みが入っているので、パテ・ド・カンパーニュを挟んで、サンドウィッチ風にもできます


b0199953_23125426.jpg


盛り合わせ3種
b0199953_23133047.jpg

カルパッチョ、カジキマグロのスパイシー焼き、カツレツのトマトソース添え
どれもワインによく合います


クロムツのポワレ 香草バターソース
b0199953_23142545.jpg


グリーンのソースと、香ばしく焼かれた魚のコントラストが見目麗しい
クロムツは噛んだ瞬間はカリっ、中身はふっくらとしていてとてもおいしい



店内は立ち飲みスタイルになっていて、カウンターとテーブルが置いてあります
b0199953_23242341.jpg

b0199953_23245063.jpg


土曜日だというのに、あれよという間に満席状態に

人気のほどがうかがえる酒屋です

b0199953_23254020.jpg


壁にはお洒落なコラージュが

b0199953_23261889.jpg



ワインバーから酒屋になっている店内を見下ろす
b0199953_23264759.jpg



利用しやすいし、近くにあれば通ってしまいそうです

こんなワインバーが家の近くにあればいいのに・・・



人気ブログランキングに登録してみました
もしよろしければポチッとお願いします!


[PR]

by arusanchi | 2012-03-25 18:00 | ワインバー  

アップル・ツリー・フラット シラーズ オーストラリア

APPLE TREE FLAT 2009 SHIRAZ(ローガン・ワインズ アップル・ツリー・フラット シラーズ)
b0199953_2134128.jpg


仙川のパン屋、AOSANに行った時に、駅近くのカルディ・コーヒーで購入してきたワインです

カルディ・コーヒーは、ワインがまるで雑貨の様に陳列されているような気がして楽しいです

仙川のカルディ・コーヒーには、Cafeが併設されていました、珍しい・・・

このお店では、いつも何かしら買ってきてしまいます

定番のプルーン(ヨーグルトに合う)、コーヒー豆に加え、この時はワインを3本買い込んでしまいました



ブラック・チェリーやプラムなど黒い果実の香り

酸もほどよく、果実味たっぷりで飲みごたえもあります

これで約1000円だったと思いますが、かなりお値打ちな気がします

アルコール度数については、ラベルに13~14度とあります

1週間以上にわたって飲みつないでみましたが、ヘタることもなく、とても柔らかくおいしく変化していきました




人気ブログランキングに登録してみました
もしよろしければポチッとお願いします!


[PR]

by arusanchi | 2012-03-24 21:00 | ワイン  

ぶどうの丘 展望ワインレストラン @勝沼

勝沼に出かけた話は以前書きました

今回は宿泊したぶどうの丘にあるレストランを取り上げたいと思います


ぶどうの丘 展望ワインレストラン
〒409-1302 山梨県甲州市勝沼町菱山5093
0553‐44‐2111
b0199953_2131180.jpg


ぶどうの丘から見る甲府方面の景色はとても美しい
b0199953_213278.jpg

家が建っている場所以外はほとんどがぶどう畑


さて、こちらのレストランでは当然のことながら勝沼で作られるワインを飲むことができます

部屋にもワインメニューがあって、頼めば飲めるようですが、値段はほとんど店で買うのと同じで何の上乗せもありません

ただし、レストランで頼むと多少上乗せがありますが、それでも多分1本あたり500円程度です

普通、レストランでワインを頼むと市価の2倍~3倍であることを考えると異常な安さ

レストラン自体の成り立ちなどを想像すれば、この安さも理解できます


今回僕たちが頼んだのは、お気に入りの1つである大和葡萄酒株式会社のワインの十二原
b0199953_2143742.jpg

ぶどうの丘の施設の中にはワインカーブというのがあって、1000円程度払うと勝沼のワインを試飲し放題になります

タストバンという銀色の小皿のような形の器で、地下のワインカーブに並べてあるワインを赤、白、ロゼ、甘口、辛口と色々試飲できます

100種類は超えていると思われるワインを少しづつ試していって、気に入ったワインをリピートしたりしているうちに、いい加減に酔っぱらってきます

今まで知らなかったワイナリーのワインの中にも意外な掘り出し物があったりして、大人のアミューズメントパークといった感じです


ここで飲んで何となく良さそうだなと思ったワインだったので、レストランでも注文してみることにしました
b0199953_2112067.jpg

長野県松本市の十二原地区で作られるメルロを使用した赤ワイン

勝沼で作られるボルドー品種の赤ワインは、スパイシーで土っぽい雰囲気のものが多いような気がします

このワインもその線に乗っている印象がありました

しかし飲み残しを家に持ち帰ってあらためて飲んでみると、やや酸が強い感じがしましたが、角が取れて味わいが丸くなり、よりおいしく変化していました

ボルドーのようなしなやかさやまろやかさは感じられませんが、しっかりとタしたンニンと酸による重さが肉料理にも負けない気がします


前菜4種盛り
右上のチーズと生ハムが巻かれたものが、ワインによく合いました
b0199953_2151911.jpg


僕が頼んだビーフシチュー
b0199953_2155768.jpg

これでもかというくらい、柔らかく煮込まれた牛肉がゴロゴロと入っています

牛肉はビーフシチューで食べるのが僕は一番好きなので、機会があるごとにいろいろと食べてきました

ここのビーフシチューはかなり上位に食い込んできます

おすすめ

カブちゃんはハンバーグ
b0199953_2162236.jpg

肉は柔らかくジューシーであるのはもちろんのこと、ソースにワインが使われていて、肉の旨みと相乗効果で風味豊かでおいしかった
何気に、つけあわせのポテサラ(マッシュポテト?)がクリーミーで美味でした

この他に、パンとライスのいずれかがついてきます
パンはレストランで焼いているようで、生地にほんのりとした甘みを感じます


勝沼の夜景を見ながらの食事になるので、照明は敢えて暗めにしてあるようです

翌日が春分の日である月曜日の夜、多くのお客さんが宿泊もしつつ、こちらのレストランで食事を楽しんでいました



初めて勝沼に行ったのはもう数年前になります

勝沼ぶどう郷駅で電車を降り、目の前に広がる景色を見た時のことを今でも思い出します

こんなに起伏があってきれいな場所が日本にあったのだなと思いました

写真中央がぶどうの丘
b0199953_21224096.jpg



ワイン以外にはぶどう狩りなどを楽しむことができますが、それ以外にはほとんど何もないのんびりとした場所です

しかし、日本のワイン史において勝沼はとても重要な産地だし、ワイン好きならより一層楽しく回ることができると思います

和食の広がりとともに、日本のワインがこれから世界でますます評価が高まっていくのは確実ではないでしょうか


これからも何度も訪れる街の一つだと思います



人気ブログランキングに登録してみました
もしよろしければポチッとお願いします!


[PR]

by arusanchi | 2012-03-23 21:30 | 洋食  

グランポレール・北海道ケルナー 北海道

GRANDE POLAIRE HOKKAIDO DRY KERNER 2010(グランポレール 北海道ケルナー)
b0199953_20342364.jpg


勝沼にもサッポロ・グランポレールのワイナリーがありますが、今回のワインは札幌出張の帰りに千歳空港の売店で購入したものです

ハーフボトルの375mlではなく、360mlの小瓶に入っています

ぶどう品種は、リースリングとトロリンガーの交配品種のケルナーを使用しています



透明に近い薄いイエロー

ラフランスやリンゴの香りに白い花のイメージが重なります

辛口と書いてある割に軽い甘口に感じられる

滑らかで艶やか、余韻も中程度、酸味もほどよく乗っていてスイスイと飲めてしまいます

アルコール度数は12度

平日の夜に飲むと、ほど良い甘さに疲れがゆるゆると解けていく感じ

カブちゃんと2人で飲んだら、あっという間に瓶がカラになってしまいました



勝沼では結局ワインを1ダースほど購入し、いま家にある在庫を数えたら40本を超えていました、、、

これからだんだん気温が上がってくると保存の心配が出てきます

1台目のセラーは1年も経たないうちに故障し、廃棄してしまいました(今思い出しても腹立たしい!)

2台目の購入をそろそろ考えないといけないかも

故障の少ないものが良いのですが・・・



人気ブログランキングに登録してみました
もしよろしければポチッとお願いします!


[PR]

by arusanchi | 2012-03-22 20:53 | ワイン