<   2012年 02月 ( 22 )   > この月の画像一覧

 

バルディビエソ カベルネ・ソービニヨン チリ

VALDIVIESO CABERNET SAUVIGNON 2011(バルディビエソ カベルネ・ソービニヨン)
b0199953_23294055.jpg


京都から東京へ向かう新幹線の車中で飲もうと思い、京都の高島屋で買ったハーフボトルの赤ワイン

チリのカベルネ・ソービニヨンです

約700円で購入しました


ラベルには

Carefully handcrafted wine using grapes harvested from our CENTRAL VALLEY vineyards in Chile

と書いてあるので、セントラル・バレーのどこか(マイポ・バレーやラペル・バレーなど)で作られたワインだと思います

アルコール度数は13.5度です



ハーフボトルはもともと商品数が少ないので選択の余地があまりなかった

ラベルのデザインを見て何となく気分で選んでみましたが、その割にはおいしいワインでした

重過ぎないながらも、引きしまったほど良いタンニンによる収斂味があります

飲み手に迎合し過ぎることもなく、それでいて親しみやすいおいしさ

適度な距離感で甘過ぎることもないし、これはなかなか良かった



僕達2人でちょっと飲むにはハーフボトルはちょうどいい感じのサイズ

この手があったか

次回、東京から京都に向かう時にもこの手を使ってみよう



そういえば、フランスでTGVなんかに乗ってても席で酒を飲んでる人ってまず見かけません

日本の新幹線では良く見かけるのに、何故だろう

食堂車の有無が影響しているのか、あるいはワインはレストランやバーで飲むものと決まっているのかもしれません

国によっても違うのかな


どうでもいいことだけれど、ちょっと気になります



人気ブログランキングに登録してみました
もしよろしければポチッとお願いします!

人気ブログランキングへ
[PR]

by arusanchi | 2012-02-29 23:44 | ワイン  

居酒屋を超えた居酒屋 樽八 @百万遍

しつこいですが、、、大阪出張の続きです

出張ついでに何やってんだかと思いますが、それはさておき

京都にも帰省し、夜に向かった先がこの居酒屋


樽八
京都府京都市左京区田中門前町6
075-721-8080
b0199953_21244843.jpg


このブログでは2回目の登場です(前の記事はこちらご参照ください)

前回来た時にはそこまで思わなかったのですが、今回は料理のレベルの高さに驚かされました

どれを食べてもおいしかったです


レモンサワー
b0199953_2130954.jpg

切ったレモンが入っていて、甘すぎず、とてもおいしいです

ここはレモンサワーがお勧めかも

和食にも合うし

結局、最初から最後までレモンサワーでした


カボチャを使ったポテサラ
b0199953_21312457.jpg

トビッコなんかも乗っていて、少し高級感が漂います


白子の天ぷら
b0199953_21351986.jpg

クリーミーな白子を天つゆでいただきます


生麩の田楽
b0199953_21363235.jpg

これは絶品!

柔らかくて餅のような生麩に味噌ダレがつけてあるだけの料理ですが、おいしいなー


グジのかぶら蒸し
b0199953_21382964.jpg

この日のハイライトのひとつ

冬の京都らしい料理

グジ(京都で甘鯛のこと)を使ったかぶら蒸しですが、居酒屋が出すレベルの料理ではなかったように思います

カブちゃんも「うまい!」を連発していました

ホックリしたグジの身がたっぷり使われていて、余韻の残るおいしさ


トントロ
b0199953_21435163.jpg

ゴロっと大ぶりの肉で、噛むと旨みがじわっと出てきておいしい


黒ムツの西京焼き
b0199953_21463868.jpg

この日のハイライトの2つめ

ここはどの魚を食べても外さないですね

カブちゃん「うまい!」を連呼


そして最後に定番のラーメン
b0199953_21483398.jpg

いかにも京都のラーメンですが、居酒屋が出すラーメンにしてはかなり本格的

ラーメンだけで店を出してもお客が付きそうです

普段ラーメンを食べないカブちゃんも食べているくらいだし



料理は以上ですが、予想外にレベルが高くて感動しきり

これが東京にあったらきっと流行りそうだし、是非行きたい

仮に東京にあったら混んじゃうだろうなと思いますが、、、



和食の店にとってはかなり脅威になるんじゃないでしょうか

構えが居酒屋だけれど、かなりちゃんとしてて競合してもおかしくない

おすすめです



カウンター席では料理を作っているところが見えました
b0199953_2221226.jpg


聞けば、使っている包丁は錦市場の有次のものだそうです

鉄製なので10回ほど切ったら包丁が切れなくなるらしく、すぐに砥ぐそうです

手際も良く、見ているだけでも楽しい



やっぱり料理人てカッコいいなーー




人気ブログランキングに登録してみました
もしよろしければポチッとお願いします!

人気ブログランキングへ
[PR]

by arusanchi | 2012-02-28 22:13 | 居酒屋  

老舗の平岡珈琲店、難波の粉もんマイスター味乃屋

大阪に1泊した翌日

この日は朝からお目当ての喫茶店、平岡珈琲店を訪問しました

とても感じのよい店主が経営されている老舗です

平岡珈琲店
大阪府大阪市中央区瓦町3-6-11
06-6231-6020
b0199953_20211026.jpg


御堂筋から東へ少し入ったところにあります

コーヒーと一緒に名物のドーナッツも注文しました
b0199953_20214562.jpg


手作りのカリッと揚げたてのドーナッツは、コーヒーにとてもよく合います

オフィス街にあるこのお店には、ドーナッツを買いに来るOLも多いとか・・・

京都にも「六曜社」という同じく美味しいドーナッツとコーヒーを出す喫茶店があります

そういえば東京の喫茶店でドーナッツを売りにしている店ってあまり聞いたことがありません

たぶん知らないだけだと思うけれど



コーヒーとドーナッツは絶対に合うから、ドーナッツを名物にする喫茶店がもっと出てきて欲しいなと思います


御堂筋沿いは洗練された街並みが続いていて、ちょっとわき道にそれたりして街を散策するとなかなか楽しいです

b0199953_20303527.jpg


変わった外観のビル
b0199953_2031589.jpg


b0199953_20314515.jpg


道頓堀まで歩いて到着
b0199953_20323652.jpg


11時半ごろになり、これも大阪訪問の目的である味乃屋へ


味乃屋
大阪府大阪市中央区難波1-7-16
06-6211-0713

この2階に店は入っています
b0199953_20395438.jpg


サインもずらり
b0199953_20403314.jpg

写真にはお客さんが写っていませんが、約30分後の12時ごろには満席になりました

普通にメニューも渡されますが、こうして壁にもいろいろあります
b0199953_20412692.jpg


お好み焼きはおすすめのミックスを注文
b0199953_2043559.jpg

お店の方が上手に焼いてくれるので、関東人でも安心です

青ノリとかつお節は、客のお好みで自由に振りかけます

甘さの中に辛さも感じられるソースで、生地は玉子が2つ(黄身が2つ入っていたように見えた)使用されていて黄色っぽく、甘みがあります

外側はカリっと香ばしく、中はふんわりと柔らかい

キャベツもたっぷり使用されていました


それから冬季限定のカキの焼きそば
b0199953_20433982.jpg

太めの麺に甘めのソースが絶妙でおいしいです

個人的には、麺類好きなので、お好み焼きよりも焼きそばの方が好きかも



お好み焼きに焼きそば、ドーナッツにうどん


大阪に来てから粉もんばっかり食べているようですが、小麦粉好きの僕にとっては素晴らしい街です



人気ブログランキングに登録してみました
もしよろしければポチッとお願いします!

人気ブログランキングへ
[PR]

by arusanchi | 2012-02-27 20:54 | カフェ  

浪花ナイト in 心斎橋

僕の大阪出張に合わせ、会社帰りに東京から大阪に到着したカブちゃんと心斎橋で深夜12時に出かけたうどん屋

このお店は、以前カブちゃんが大阪の友達に連れて来てもらって、とても美味しかったそうで、出張前から夜食を食べに行こうと決めていました


川福本店
大阪府大阪市中央区東心斎橋1-14-17
06-6241-9125
b0199953_2022769.jpg


僕が頼んだのは「ぽんぽ」
b0199953_20272364.jpg

エビのかき揚げ、玉子、ネギ、甘ギツネ、揚げモチなどが入っています

半透明の細めでコシのある麺、大阪らしい色が薄くて出汁の効いたスープがおいしい

カブちゃんが頼んだのはピリッと辛い出汁のうどん(名前は忘れてしまった)
b0199953_20275925.jpg

ネギ、油揚げ、豚肉が入っています

最初はむせそうになったけれど、このピリ辛がクセになりそうなおいしさでした

冷えた体が一挙に温まりました


店内には羽田孜など過去の首相のサインなんかも置いてあり、歴史ある名店であることを感じさせます

そして営業時間は夜中の3時まで

こんなうどん屋、東京ではほとんど見かけません

立ち食いではなく、きちんとしたうどん屋ですからね

夜の12時頃なのにサラリーマンらしき客が次々と入ってきます

更に店で飲んでもいいし、締めにうどんを食べても良さそうですね

b0199953_20381155.jpg



店を出た後、心斎橋をふらふらと歩いていて目にとまった店にも入りました


ビストロ酒場ココット
大阪府大阪市中央区東心斎橋1-18-20 アソルティ心斎橋 1F
06-6245-1733
b0199953_20421124.jpg


名前の通りココット鍋を使った料理が売りのようですが、遅い時間に入ったしうどんも食べた後だから軽めの料理だけ注文しました

テンプラニーリョを使ったグラスワインを注文
b0199953_2044348.jpg


イエローテイルがボトルで2500円くらいで売っていましたが、ちょっとそれはないよな・・・

場所柄、仕方ないのかもしれませんが

パテ・ド・カンパーニュ
b0199953_20453811.jpg


パテの周りをベーコンで巻いたもの

カシューナッツが入っているのは珍しい

意外とボリュームがあり、しっかりと食べごたえがありました

添えられたマスタードをつけても美味しい

b0199953_20484456.jpg


この東心斎橋界隈はこじんまりとして雰囲気のよい店がたくさんありました

東京に比べると街の規模感もちょうどよくて、なかなかいい感じです



人気ブログランキングに登録してみました
もしよろしければポチッとお願いします!

人気ブログランキングへ
[PR]

by arusanchi | 2012-02-26 20:53 | 散歩  

レアル・カステロ ルエダ ベルデホ スペイン

REAL CASTELO RUEDA VERDEJO 2010(レアル・カステロ ルエダ ベルデホ)
b0199953_21412623.jpg


ネットで購入したスペインはルエダの白ワインです

約1000円で購入しました

ルエダはドゥエロ河沿いの産地で、ベルデホを使用した白ワインで有名のようです

実際このワインもベルデホが85%、残りがソービニヨン・ブランで作られています

アルコール度数は13度



軽く青みを帯びた明るいイエロー

香りはライムやグレープフルーツなどをイメージしました

よく冷やして飲み始めましたが、最初の1口目はすっきりとした味わいが際立ち、とても爽やかな印象

その後に口の中でじっくり味わうと、トロリとした南国のフルーツのニュアンスがでてきます

どこかで飲んだワインに似ているなと思って思い出したのが、このブログでも取り上げたことのあるアラン・ブリュモンのガスコーニュ・ブラン(こちらご参照ください)

裏のラベルにはソービニヨン・ブランがブレンドされていると書かれてあり、この点がガスコーニュ・ブランとの共通点です
(注:ネットの紹介ではベルデホ100%と書いてありますが、どっちが正しいのでしょうか・・・)

味自体は微妙に異なりますが、さわやかな印象からトロピカルフルーツへの変化の仕方がとても良く似ている気がしました



個人的にはこのワインは温度を低めにして飲んだ方がおいしく感じられそうです

温度が上がってくるとネットリとしたトロピカルフルーツのニュアンスが強く出てくるので、冷やしてフレッシュ感を際立たせて飲んだ方が好みには合いました



人気ブログランキングに登録してみました
もしよろしければポチッとお願いします!

人気ブログランキングへ
[PR]

by arusanchi | 2012-02-23 06:00 | ワイン  

サント・オルゾーラ ガヴィ イタリア

SANTORSOLA GAVI 2010(サント・オルゾーラ ガヴィ)
b0199953_20473060.jpg


コルテーゼを使用したピエモンテのDOCGガヴィ

手元の資料で調べると、ガヴィはピエモンテの中でも地中海沿いの州であるリグーリアに近い産地のようで、アレッサンドリアの南、ジェノバの北に立地しています

池袋のやまやで約800円で購入しました

裏のラベルを見たところ酸化防止剤に”ビタミンC”、更に”酸味料含有”という記載があります

いずれもあまり見たことがないのですが、、、大丈夫なのかな

アルコール度数は12度



グラスに鼻を近づけるとフワッと樽の香りが感じられます

まるで青リンゴを齧っているかのような酸味と瑞々しいフレッシュさ

フルーティで軽やか、そして柔らかく、とげとげしさは感じられません

魚など魚介類を使用した料理や和食に合いそうです

この値段ならカジュアルに楽しめるし、とても良いワインだと思いました



イタリアのワインはぶどう品種も銘柄も種類が多くて分かりにくい印象がありました

しかし勉強をしていくと逆にその多様性が面白く、あらたな発見があり楽しいですね

意図的に地域も品種も分散し、好きなものに偏らず、いろんなワインを飲んでみたいと思います



人気ブログランキングに登録してみました
もしよろしければポチッとお願いします!

人気ブログランキングへ
[PR]

by arusanchi | 2012-02-21 06:00 | ワイン  

まちのパーラー @小竹向原

江古田のパン屋、パーラー江古田が小竹向原に出店したベーカリーカフェの評判が良いという情報をキャッチしたので、早速出かけてみました


まちのパーラー
東京都練馬区小竹町2-40-5 1階
03-6312-1333
b0199953_18264664.jpg

小竹向原駅から歩いて5分程度ということでしたが、実際には20分くらいかかった

とにかく普通の、まったく特徴のない住宅街の中にあるので、土地勘がないと初めて来てまっすぐ店にたどり着くのはほぼ不可能かもしれません

僕たちは慣れない土地をぐるぐると歩きまわり、最終的に交番のおまわりさんに訪ねてようやく場所が分かりました・・・



店はガラス張りで天井のとても高い造りになっています

店員の男性に聞いたところでは2011年5月にオープンしたそうですから、まだ1年も経っていません

僕たちは事前に予約しましたが、あれよという間に店内はほぼ満席になっていました

遠方から来るなら予約をしておく方が無難だと思います

また、夜利用ならパンも予約して取り置いてもらった方がよさそうです

店で販売しているパンが売り切れになってしまうと、パンが食べられなくなってしまうみたい

これは予約の時に店員さんがアドバイスしてくれるので、相談して決めたらよいと思います



メニューはガラス張りの壁に書いてあります
b0199953_18322472.jpg


渡されたドリンクメニューにはボトルワインが載っていなかったので、ワインリストを店員さんにお願いしたところ、ワインリストはなく適当にチョイスした中から客に選んでもらうシステムになっているそう

これは「煮込みや なりた」と似ています

赤ワインと頼んだら5本テーブルに持ってきてくれました。イタリアワインのみ取りそろえているようです

バルベーラが2本、アリアーニコが1本、ネッロ・ダボラが2本

ネッロ・ダボラはシチリアの土着品種ですが、過去に飲んだワインには苦いイメージがあってあまり良い印象がなく、最初から選択肢から外しました

バルベーラとアリアーニコですが、カンパーニャのワインは飲んだ記憶がなかったのでアリアーニコに決めました

フランスワインではあまり見かけない個性的なラベル
b0199953_1965247.jpg


カンパーニャのアリアーニコと言えばDOCGのタウラージを思い浮かべますが、このワインはIGT
b0199953_1838998.jpg


甘みがあってしっかりとしたタンニンも溶け込んでいます

明るく陽気な印象の、親しみのもてるワインでとてもおいしかった

あまりにおいしくてスイスイと飲んでしまった

雰囲気としては南仏のグルナッシュに近いような気がしました


いろんな野菜とチーズのサラダ
b0199953_18374878.jpg

上にかかったチーズはフワっと雪のような口当たりだけれど、濃厚な味がしっかりと感じられます

また、イタリアンらしくバルサミコ酢がふってありました

予約時に取り置きしてもらっていたパンの盛り合わせ
b0199953_18385867.jpg

さすがにパン屋のパンだけあっておいしいです

僕たちはパンが好きなので、こんな感じでたくさん盛られているととても嬉しい


肉屋盛り
b0199953_18391791.jpg

生ハム2種類、サラミ、パテ、リエットなどが乗っています

パンに塗ったり乗せたりして一緒に食べるとワインがどんどん進んでしまう旨さです

フリッコ
b0199953_1839337.jpg

マッシュポテトをフライパンで焼いたような料理

ジャガイモの甘みがいきた、素朴な味わいの一品

豚スネ肉のコンフィ
b0199953_18394916.jpg

低温の油に浸してしっかりと火を通した肉はしっとりと柔らかく、ネットリとした脂の部分もくどさが抜けていて旨い

これも赤ワインにはぴったりですね

添えられたポテトはプライドポテト状の細長いものではないですが、皮も剥かずに揚げたポテトは甘くておいしかった

b0199953_19234223.jpg


料理は定番のものが多かったので「煮込みや なりた」のような見た目の驚きやボリューム感からくるパンチはありませんが、全体的にはおいしいしコストパフォーマンスもそれほど悪くないような気がします

ワインもとてもおいしかったし

料理だけでなくパンもおいしいので、この点はこの店にとっての強みであり売りな部分だと思いました

今回は夜の利用でしたが、昼にも来てみる価値がありそうです


難点があるとすると、店内が少し寒かった点かもしれません

冒頭に記載したとおり天井が高い造りになっていて、暖かい空気が上の方に留まってしまうからだと思います

上の方の梁に取り着けた扇風機3台で空気をかき混ぜていましたが、残念ながらあまり効果がなかった

ガラス張りだから逆に夏はものすごく暑くなるのではないかと心配です


帰り際、店の外から店内を写した写真
b0199953_1924273.jpg

まるでエドワード・ホッパーの絵のような写真になってしまいました



人気ブログランキングに登録してみました
もしよろしければポチッとお願いします!

人気ブログランキングへ
[PR]

by arusanchi | 2012-02-19 19:32 | ワインバー  

ニューウェン ピノ・ノワール アルゼンチン

NEWEN Pinot Noir 2010 BODEGA DEL FIN DEL MUNDO
(ニューウェン ピノ・ノワール ボデガ・デル・フィン・デル・ムンド)
b0199953_8283961.jpg


珍しいパタゴニア(アルゼンチン)のピノ・ノワールです

ネットで約1200円で購入しました

アルコール度数は13.5度



最近はピノ・ノワールに関心があっていろいろと試しています

安易に手を出すと酸味が際立って口がすぼまるようなものもありますが、おいしいピノに当たると結構幸せ

そして今回は、当たりだったようです



香りはあまり強くなく、イチジク、ラズベリー、カシスのような香り

果実の甘みとタンニンのほど良い渋みがうまく共存し、ストレートで分かりやすいというよりはジワジワッと旨みが広がります

酸っぱい程の酸味もなく、きれいにまとまっています

1000円ちょっとでこれだけ楽しめるピノ・ノワールは魅力的ですね



このところ良いワインに当たっているなー




人気ブログランキングに登録してみました
もしよろしければポチッとお願いします!

人気ブログランキングへ
[PR]

by arusanchi | 2012-02-18 13:00 | ワイン  

練り物専門店、栄屋 @東池袋

今日は会社を休みました

いろいろと溜まった雑務を片付け、一段落したところで池袋まで歩いて出かけることにしました


池袋へ行く道すがら立ち寄るスポットとして、このブログでもたびたび登場する日の出商店街ですが、今回も立ち寄ることにしました

お目当てはこちら


栄屋
東京都文京区大塚6-17-2
03-3941-7500
b0199953_17552198.jpg


最近とりわけ寒い日が続いているので、おでんでも作ろうと思ったのです


先客が一人いたので順番を待っている間、その先客と栄屋のおかみさんの会話が聞こえてきました

おかみさん曰く、

「こないだ来たお客さん、インターネットでおいしいって紹介されているのを見てウチに買いに来てくれたんだって」

「ここの商店街も写真入りで載ってるみたいよ」


それを聞いた瞬間、「そのネットで紹介している人って、俺じゃない?」と思いました

だって以前にも書いているから(こちらご参照ください)

あれ、だけどよく見たら一言も「おいしい」とは書いていないじゃないか・・・

じゃあ僕じゃないのか、そのブロガー

残念、、、


メガネ&マスクの恰好で、平日の昼間からおでんを買いに来ている成人男性もあらためてしっかり書かせて頂きます



さて、今回購入したのは以下の品々

 はんぺん
 昆布
 ギョーザ巻き
 シューマイ
 ツミレ
 うずら巻き
 イカ
 がんもどき(京都では”ひろうす”)

それに近所のスーパーで大根としらたきを買ってきて、おかみさんにいただいた”おでんの素”で煮込んでできたのが、こちら
b0199953_20595997.jpg


やっぱり練り物専門店で買うとおいしいです

特にお気に入りがうずら巻き、はんぺん、ギョウザにシューマイ



お店ではおでんの汁(素ではなく液体の方)もくれるようです

「持っていきますか?」と聞かれたのだけど、これから池袋に行くので荷物になってしまうので断わってしまいました

ご近所風のおばさま達は、ビニール袋におでんと汁を一緒に入れてもらっています


いつかこの汁をもらって帰りたいと思っています


b0199953_18295023.jpg



おまけ

久々に池袋でラーメンを食べに行きました

屯ちん
b0199953_18372640.jpg


前回来たのはもう5年くらい前になるのかな

東京豚骨ラーメンが売りのラーメン店です

中盛りも大盛りも並と同じ値段ということで、とてもコスパが良いラーメン店です

ただ、前回来た時はあまりおいしいと感じませんでした

しかし今日も満席で、相変わらず人気のある店ですね


今回は、魚豚ラーメン(680円)の中盛りを注文

b0199953_18394432.jpg


どうでしょうか。見た目はとても体に悪そうです

周りは若者ばかりだし、中年が食べても中性脂肪とか大丈夫でしょうか

この赤い上澄み(何ていうのでしょう)の下に豚骨スープが隠れていて、かき混ぜるとまろやかな感じになります

いざ食べてみると、おいしい・・・

中太の縮れ麺はスープをよく掬い上げます

チャーシューも柔らかくて旨い

頭の中ではこのカロリーをどうやって消費するかを考える一方で、ラーメンを食べる手と口は止まりませんでした




人気ブログランキングに登録してみました
もしよろしければポチッとお願いします!

人気ブログランキングへ
[PR]

by arusanchi | 2012-02-17 21:01 | 和食  

ニーポート エト・カルタ ポルトガル

Niepoot Eto Carta 2008(ニーポート エト・カルタ)
b0199953_2224638.jpg


目白の田中屋で発見し、約1900円で購入したポルトガルはドウロの赤ワインです

このブログでよく登場する、山本昭彦氏の「おうち飲みワイン100本勝負」に取り上げられていたのを記憶していました

ラベルが印象的ですからね

ぶどう品種はトウリガ・ナショナル、トウリガ・フランカ、ティンタ・ロリスなど

ティンタ・ロリスはスペインに行くとテンプラニーリョとなります

いわゆるシノニムですが、このテンプラニーリョは同じスペインの中でも地域によって名前がまったく変わってしまうので覚えるのが大変

例えば、

  カタルーニャ地方       ウル・デ・リェブレ
  ラ・マンチャ地方        センシベル
  カスティーリャ・レオン地方 ティント・フィノ
  サモーラ地方         ティンタ・デ・トロ

などなど

アルコール度数は13度です



色はしっかりと濃い紫色

ブラックチェリーやプラムなど果実を中心とした香り

ほのかに甘く、瑞々しい果実味に溢れています

ほど良いタンニン、酸もきれいでバランスが良いです

全体的には活きのよい元気なワインという印象で、親しみやすさを感じます



ポルトガルのワインでは、ポートやヴィーニョヴェルデは飲んだことがあるけれど、赤ワインはあまり経験がありません

ポルトガルも良いワインを作りますね



山本氏の本に書いてあったのを真似して、1週間放置してから飲みなおしてみました

まったく弛んだところがなくて、むしろ柔らかくしなやかなワインに変わっていたような気がします



ワイン名が「エト・カルタ」というだけあって、干支にちなんだラベルになっています

各国向けに異なるラベルを輸出しているそうで、日本向けには日本人のアーティストが手掛けているそう



ところで2008年のこのワインは、販売年に合わせてか「ウサギを強調したラベルである」と紹介があります

確かに、同じワインをネットで調べるとウサギが金色に色づけされています

だけど僕が買ったワインは、、、

b0199953_22395180.jpg


真っ白・・・


えーっと、これはどういうことのかな

まさか偽物じゃないと思うけど

逆に、当たりとか? もう一本プレゼントとか?




何となく後味が悪いような、、、




人気ブログランキングに登録してみました
もしよろしければポチッとお願いします!

人気ブログランキングへ
[PR]

by arusanchi | 2012-02-16 22:36 | ワイン