<   2011年 10月 ( 24 )   > この月の画像一覧

 

松井酒造 しぼりたて @左京区吉田

先日の京都への帰省の際にカブちゃんの実家近くにある松井酒造に立ち寄りました


松井酒造
〒606-8305 京都府京都市左京区吉田河原町1-6
075-771-0246(代)
b0199953_2062254.jpg


前からカブちゃんから聞いて存在は知っていたのですが、最近日本酒にも関心が出てきたのでお土産に少し買えればいいなと思い、店舗に寄ってみました

店内中央にはテーブルがあり、右の方に商品の日本酒が棚や冷蔵庫に並べられています

取りあえず商品をぐるっと一回りして眺め、小さめの瓶に入っている日本酒でも買おうかなという時に、店員の女性に話しかけられました。新山千春似の美人です

お土産に日本酒を少し買おうと思っていることを伝え、いくつかお勧めの商品を聞くうちに、試飲もできるということで試しに飲んでみることに

3種類くらい試した中から、おいしいな、と思う2種類のお酒を買うことにしました

そのうちの一つがこちら

富士千歳 しぼりたて<生酒>
b0199953_20185027.jpg

b0199953_20191224.jpg


HPを引用します

 酒槽から流れ出たままを瓶詰。発売当初より高い人気を誇ります。
 富士千歳を代表する〝原酒〟は、割り水をしておりませんので、風味・香りが一層際立ちます。
 とろりとした濃い酒ですので、氷を浮かべてオンザロック又は冷やでお召し上がり下さい。

引用終わり

試飲の際にもアルコール度が高いということを聞いたような気がします

確かにラベルには18度以上19度未満とあり、アルコール濃度はワインよりもかなり高い

この状態のお酒から醸造に使用する水などで薄めてアルコール濃度の調整をして別のお酒にするというような話でした

3種類飲んだうちで今回買ってこなかったお酒は料理屋に出すための種類のものとかで、度数も低くてあまり主張しすぎず軽妙な飲み口の日本酒でした

繊細な和食に合わせるのにとろみのあるほど濃厚で芳醇なお酒は合わないということでしょうか

日本酒の新たな一面に気付かされた気がしました



試飲をしながらこの店員さんと話をしているうちに、カブちゃんが近くに住んでいることや昔から配達を頼んでいるということにまで話が及び、そしてまたこの店員さんもカブちゃん家が分かった様で、段々打ち解けていきました

そうこうするうちに、松井酒造の社長が(若干酔っぱらった様子で?)店内に入ってきました

この社長が面白かった

カブちゃんが近所ということやお父さんを知っている、というような話で盛り上がってしまい、試飲の時に出してくれた水が入ったコップを指して

 「それ水だろう?それ飲んじゃってこっち飲みな」

といってコップにドカドカと一升瓶から日本酒を注いでいきます(しかしまあこれが旨い酒で・・・。後で聞いたら「神蔵」というブランドのお酒で、後で調べたら720mlで5000円を超える、ちょっとしたムルソー並みの高級日本酒でした、、、)

そしてまた、先の新山千春似(くどいですが、、)の店員さんが実は店員ではなく若女将、つまり社長の息子さんのお嫁さんあることも教えてくれました

そうだったのかーー

この社長とはいろんな話をしましたが(といっても大体が僕たちが聞いている側でしたが)、なかなか興味深い話を聞かされ、時には膝をピシャリと打ちたくなるような話もあり、とても面白かった

そのうち女将さん(社長の奥様。この方がまた女優のような美人)まで携帯で呼び出し(てくれて)、ただちょっとしたお土産を買おうと思っただけだったのに、随分ドップリと時間を過ごしてしまいました



結局自分用に2本の日本酒を買い店を後にしましたが、社長、女将、そして若女将が店の外に出てきてくれてフカブカとお辞儀をして(あ、社長はしてなかったな)見送ってくれたその姿の絵になること



自分が何をしたわけでも、あるいは短い時間で何者かになった訳でもないのだけれど、何だか気分よく店を後にしました

そして、店に入る前と後では京都の景色が何だか少し違って見えたような気がしました

それはお酒が入っていたせいばかりでもないと思います

歴史と伝統が、世代を超えて人を通じて引き継がれ、将来に続いていく

そんな姿をこの松井酒造であらためてつぶさに見ることができ、またそれが羨ましくもあり、何だか嬉しくなってしまったということもあるかも知れません




年末にまた立ち寄ってみようかな




人気ブログランキングに登録してみました
もしよろしければポチッとお願いします!
人気ブログランキングへ
[PR]

by arusanchi | 2011-10-31 07:36 | 日本酒  

ブーランジェリー ケン @下赤塚

品が良くて育ちも良さそうでスマートだけれど、こじんまりまとまり過ぎた商品を並べているパン屋というのはたいていがオシャレな街にある

一方で、素朴であったり地味ではあるが味わい深いパンを作っていたり、あるいは個性的でおいしいパンを作って人気を集めるパン屋は「えっ、こんなところにあるの?」という場所にあったりする。それでもわざわざ電車に乗っていく価値があるパン屋

ブーランジェリー・ケンはまさに後者のタイプではないでしょうか

BOULANGERIE KEN(ブーランジェリー ケン)
板橋区赤塚2-2-17 東永地産ビル1F
03-5383-22
定休日:火曜日

東武東上線の下赤塚で降り、歩いて5分程度の場所にあります

周辺には賑やかな商店街があり、ドラッグストア、お惣菜屋、パチンコ屋、更には衣料品の安売りで有名な「のとや」なんかもあって、生活感の溢れる街です

店の外観
b0199953_12192429.jpg


この写真では分からないと思うけれど、店内はお客さんで一杯になっています



そしてケンのパンの特徴はその重さ

ぎっしりと詰まった生地で、とにかく重いのです

初めて買ったら、帰り途の買い物袋の重さにビックリするんじゃないかな

そしてこの生地だからこその食べ応えがあり、小麦粉の旨さを感じることができます



今回買ったパン

これらはすべてベーグル。1つ1つが大きいです
b0199953_12203166.jpg


これは栗とクルミとチョコレートのベーグル。ぎっしりと詰まった生地
b0199953_12213635.jpg


圧巻の食べごたえ。朝ごはんに食べるなら2人で1つで十分です

そしてサンマパン
b0199953_12211869.jpg

サンマ、アンチョビ、ドライトマト、チーズなんかが入ったおかずパン

こういった企画モノっぽい商品を出すのもケンらしい

他にもカメの形をしたパンや、HPを見ると「グリーンバジェット」というカエルの形をしたパンもあるようですね

絶対にオシャレタウンのパン屋はこういう商品は出せないでしょう

遊び心がある商品は見ていて楽しいし、そしてまたこのパン屋の魅力の一つでもあります




下赤塚に何かの用事に行くことはほとんどないでしょうから(?)、ついでにブーランジェリー・ケンに立ち寄る、というシチュエーションはなかなかやって来ない思います

パン好きの人はこのパン屋に来るためだけに是非とも電車賃を払って訪れていただきたいと思いますが、どうしてもそれだけではもったいないし行く気にならないという人には、東京大仏観光をお勧めします

駅からブーランジェリー・ケンに向かう道をそのまままっすぐ20分ほど歩くと、この東京大仏がある乗蓮寺に到着できます

1977年(昭和52年)に建立され、奈良、鎌倉に次ぐ日本では3番目の大きさを誇る大仏であり、赤塚大仏と呼ばれることもあるらしい

もしこの大仏を訪れることに価値を見出した方がいれば、ついでにブーランジェリー・ケンに立ち寄ってみてください

また、この寺のすぐ手前にはバッティングセンターもありますので、100球くらい打ち込めば日ごろのストレス発散にも良いかも知れないですね





人気ブログランキングに登録してみました
もしよろしければポチッとお願いします!
人気ブログランキングへ
[PR]

by arusanchi | 2011-10-30 17:00 | パン  

秋晴れの日、光が丘で

毎年秋になると定番の行事、光が丘公園へのピクニックに出かけてきました

光が丘公園には広い芝生が広がっていて、多くの人が僕たちと同じように手作り弁当を食べたりビールを飲んだり、あるいは子供たちと遊んだりして暖かい秋の日を存分に楽しんでいます

春には桜も咲くので、花見をしている人も多い


今回もいつも通り池袋から東武東上線の下赤塚まで行き、カブちゃんが大のお気に入りのパン屋であるブーランジェリー・ケン(後でブログに書きたいと思います)に寄っていくつかパンを仕入れ、見つけたお惣菜屋で唐揚げを買い、その足で光が丘公園まで歩きました


公園に着くと何だかロハス的なイベントが行われていて、たくさんのテントが出て食べ物やら物品やらを販売していました

簡単な柵で仕切られたそのロハス的なイベント会場に入るには200円が必要ということで、当然僕たちは入らず、柵の外のまるでコルトンの丘のように軽く盛り上がった芝生の上にビニールシートを敷いて、飲み食いを始めました

b0199953_17494626.jpg


みんな思い思いのスタイルで時間を過ごしています

ひたすら寝ているお嬢さん
b0199953_17521055.jpg


その脇を自転車で駆け抜けるおじさん
b0199953_17524943.jpg


お嬢さんも駆け抜ける
b0199953_17532370.jpg


涅槃仏のようなお姉さんも
b0199953_17553589.jpg


自由って素晴らしい




この後はまた下赤塚まで戻り、池袋で買い物をして家に帰りました

茗荷谷にはまたいつもの猫がいました

今日は何だか目つきが悪いような?
b0199953_17585030.jpg


フカフカの首筋をなでました。君、ちょっとビクッとしたね
b0199953_17592941.jpg


茗荷谷の駅前にはよく魚屋のおじさんがトラックで魚を売りに来ています

今日もその魚屋さんが来ていたのだけれど、最近どうも魚屋さんの出店とこの茗荷谷の猫の出没の間に相関関係があるような気がしてなりません

茗荷谷の猫は道行く人たちの関心を集め、僕が写真を取った後に若い女性2人組も近寄って写真を取ろうとしていました

しかしこの魚屋さんに関心がある人は近所の主婦くらい

猫だけに注目しても、あるいは魚屋さんだけに注目しても、この2人(というか人と猫ですが)の間の関係にはなかなか気付けないでしょう

しかし僕は疑っているのです

猫と魚ですからね

何もない訳がないじゃない




人気ブログランキングに登録してみました
もしよろしければポチッとお願いします!
人気ブログランキングへ
[PR]

by arusanchi | 2011-10-29 21:00 | 散歩  

素材の甘さ、ティミーズのコーンフレークス

カブちゃんが図書館で借りてきたブルータスでシリアル特集が組まれていました

この時のブルータスの表紙には

 GOOD MORNING,
 GOOD BREAKFAST.
 最高の朝食を。

と書かれています

有名人が毎日食べている朝食を紹介しているのですが、この中で様々な種類のシリアルが紹介されていました

この中で取り上げられていたコーンフレークの一つがこれ

Temmy’s Corn Flakes(ティミーズ コーンフレークス)
b0199953_20154137.jpg


輸入元は大和物産

カブちゃんがHPを調べたところ、本郷三丁目の駅から歩いて15分強の
ところで小売りしていることを発見して買ってきたそうです

エジプト産で200円で250gも入っています

b0199953_20565144.jpg


今まで食べたコーンフレークとは何だか様子が違います

何といってもその違いは色、厚み、歯ごたえ、にあるのではないでしょうか

しっかりとしたコーンの旨みと厚みから来る歯ごたえが何ともたまりません

砂糖などは入っていないけれど、味がしっかりしているので余計な調味料は不要です



単にシリアルと一口に言ってもその分類はいくつかあるようで、

 コーンフレーク
 ミューズリー
 グラノーラ
 etc

などと種類も豊富

そしてそれぞれにまた様々なブランドがたくさんの種類の商品を出しているようで、こんなに種類があるとは初めて知りました

個人的にはフルーツグラノーラが好きです

果物由来の繊維がとれるし、甘めで牛乳と一緒に食べたらとてもおいしいと思います

一方カブちゃんは無類のコンブ好きに証明されるように、、、あまり甘いものが好きではなく、今回のティミーズのようにシンプルな味のコーンフレークがお気に入りのようです

不思議なのはその食べ方

普通は牛乳をかけて食べると思うのですが、カブちゃんはそれを皿にチャラチャラっと入れて、そのまま食べています

これがおいしいのだそうで・・・

確かに味がしっかりしているからそのままでもおいしいことはおいしいけれど

自分だけでは、シンプルすぎるがゆえに、とても発想できなかった食べ方です、、、




人気ブログランキングに登録してみました
もしよろしければポチッとお願いします!
人気ブログランキングへ
[PR]

by arusanchi | 2011-10-26 06:00 | お菓子  

ディア・リッチ ピノ・ノワール アメリカ

Dear Rich Pinot Noir 2008(ディア・リッチ ピノ・ノワール)
b0199953_181387.jpg


大のお気に入りワインの「ディア・リッチ ピノ・ノワール」

ヴィノスやまざきのオリジナルブランドです

最近になって新しいヴィンテージ2008年が販売され始め、価格も通常2980円のところを先週まではとてもお買い得な1980円で販売していました

金曜日の夜、残業した帰りに有楽町店の閉店ギリギリ(23時)に駆け込んで2本購入

結局、中目黒店で購入したのと合わせて4本をゲット



そのうちの1本を開けてみました



色は薄く見えるけれど、それでも深みがあり、澄んだ色あいがとても美しいです
b0199953_22583769.jpg


立ち上る香りからも豊かな果実味がたっぷりと感じられるけれど、ただそれだけではない何か、うまく表現ができないのだけれど、、、とにかく香りがとても良い

口に含むとそのジューシーさが口の中に広がり、押し寄せる旨みが口の外にも溢れ出してしまいそう

それを堪えるべく、あるいはそのエキスを存分に味わうがごとく、口をすぼめて吸いついてしまいたくなる

まるでキャンディーのようなぶどうの甘み

酸とかタンニンとかそういったものでは表現ができない

分析的にバラバラの要素に分解していくことの意味すらないような、今まで飲んだワインとは全く異なる次元にあるような気がします



ヴィンテージが変わって値段も下がってと、ちょっと不安な面もありましたが、とにかく旨いワインです



こんなピノ・ノワールがこの値段で手に入るのなら、もう一生これだけで満足してしまいそうです




人気ブログランキングに登録してみました
もしよろしければポチッとお願いします!
人気ブログランキングへ
[PR]

by arusanchi | 2011-10-25 06:00 | ワイン  

月桂冠 大倉記念館 純米酒 @伏見

京都へ帰省した際に伏見に行ってきました(こちらご参照ください)

その時に月桂冠の大倉記念館に立ち寄り、お土産コーナーで買ってきた日本酒がこちら
b0199953_19411312.jpg

b0199953_1941305.jpg


アルコール度数は15度以上16度未満ということで、ワインに比べると随分と高くなっていますね

精米歩合は60%

米と米こうじだけが原材料の純米酒

スッキリと抜けの良い、辛口の日本酒です

爛漫のような複雑な味わいには欠けるけれど、この日食べたサンマや炊き込みご飯に合わせるには主張しすぎないところがよい感じ

容量は180ccの飲みきりサイズ、飲みすぎないで済むところがとても良いと思います




人気ブログランキングに登録してみました
もしよろしければポチッとお願いします!
人気ブログランキングへ
[PR]

by arusanchi | 2011-10-24 06:00 | 日本酒  

金子半之助 @日本橋

値段が安くて質も良く、おいしい天丼が食べられる店としてテレビで紹介されているのを見て、いつか行ってみたいと思っていたのがこちら

金子半之助
中央区日本橋室町1-11-15
03-3243-0707
月~金 11:00~22:00(21:30 LO)
土日祝 11:00~21:00

天気の悪い週末の土曜日に出かけてみました



もともと僕は天麩羅も丼モノも大好きなので、その2つがコラボ(?)した天丼という食べ物は僕にとってはかなりのご馳走な部類に属します

会社の食堂でメニューにあれば、カキフライが出た時と同じように、間違いなく選んでしまいます

しかし残念なことにカブちゃんはあまり天麩羅が好きではない

だから会社以外で天丼を食べる機会は普段あまりないのだけれど、土曜日の朝に健康診断に出かけるカブちゃんが

 「金曜夜から絶食するので健康診断の後だったら行ってもいいよ」

ということで、このチャンスを逃すと次にいつ食べられるか分からないので小雨の降る中出かけてきました



健康診断に出かけていたカブちゃんと10時くらいに大手町で待ち合わせ、店に到着したのは10時10分ごろ

開店は11時ですが、行列ができると聞いていたので早めに到着したら1番乗りでした
b0199953_1651762.jpg


店の前の椅子に腰かけて待っていると、後から母親とその子供(といっても30代くらい?)らしい3人組がやってきて

 「もの好きは私たちだけかと思ったらね。ハハハ」

と僕たちに聞こえるように言う無神経な母親を軽く無視して、じっと待ちます


その間、太った猫が何度か店の前を行ったり来たりしていました



こちらがお品書き
b0199953_1654455.jpg


10時50分くらいになると注文を取りに来ました

江戸前天丼を2つと味噌椀1杯を注文

天丼は880円、味噌汁は100円。この値段の安さが魅力の一つ



いよいよ11時になりお店の2階に案内されました



更にお茶を飲んでしばし待ちます

黒豆が2つ茶碗に入っていて、そこにポットから自由にお茶を注ぐ
b0199953_17125327.jpg


そしてまた机の上には2種類の壺が置いてあって、中のものを自由に食べることができます

韓国料理でいうナムルのようなものでしょうか

1つは「がりごぼう」。ショウガとゴボウの漬物のようなもの
b0199953_1795481.jpg


もう1つは「大根の塩もみ」。実家にいた時によく母親が作ってくれたのと同じ。懐かしい味
b0199953_17113611.jpg



そしていよいよ登場した江戸前天丼がこちら
b0199953_1705433.jpg

とってもボリューミーです

一本穴子、海老2つ、ししとう、イカと小柱のかき揚げ、海苔

そして真ん中に玉子が乗っています
b0199953_176528.jpg


ごま油で揚げているような香ばしい匂いが食欲をそそる

タレは少し濃いめのしっかり系。甘みもあってとてもおいしい

米もツブが立っていて、タレと絡んでもベットリすることがなくて最後までおいしくいただけました


この量では直前2回のご飯を抜いたカブちゃんでもさすがに残すかな、、と思っていたら意外に食べきっていました

天麩羅はお腹に持たれるということで嫌いなんだそうですが、こちらの天丼は持たれることもなくておいしくいただけたようです

味噌椀
b0199953_1763639.jpg



こんな天丼が880円で食べられるなら、電車に乗ってくる価値もあります(僕たちは定期券の範囲内でしたが)


店を出ると行列ができていました
b0199953_17235783.jpg


更に続く行列
b0199953_17241955.jpg


早く来て良かったです

あまり待ちたくないのなら、10時過ぎくらいに到着すれば良さそうですね

早く行けば油も新鮮だし・・・



ここからはカブちゃんが担当します


人気店でお目当ての天丼を食べた後、近くにあるコーヒー専門店でひと息つきました

ミカドコーヒー 日本橋本店
東京都中央区日本橋室町1-6-7
03-3241-0530

b0199953_187241.jpg


このお店は、軽井沢の旧軽銀座通りにあるジャム屋の「沢屋」さんに寄った時に、支店があったのを見ていて、気になっていました

日本橋のお店は、60年の歴史を持つ老舗です

ここのお店のつくりはちょっと面白い

1階はスタンド形式になっていて、2階、3階はウッディな感じの喫茶店です

1階のスタンドで頂く場合は、コーヒーや、アイスが半額(!)になります

もちろん「酸味」にこだわった珈琲が看板メニューですが・・・

ここの名物は「モカソフトアイス」(ちょっと季節ズレてますか?)

ということで、ブレンドコーヒーと、モカソフトアイスをひとつづつ注文

b0199953_1881853.jpg

b0199953_1884297.jpg

カップかコーンを選べます。カフェオレ色で、ほんのり甘くて、ミルクコーヒーの様な味わい

普通のソフトクリームのようにトロトロではなくてアイスクリームの硬さも残っています

銀のカップに添えられているプルーンが、柔らかくて瑞々しい!(好評なのでしょう、瓶づめのプルーンが販売されていました)

アイスクリーム with プルーンは、家で食べる時にもいい技かもしれません

店の入り口でちょっと面白いものを発見
b0199953_18265072.jpg


分かり辛いですが、さてこれは何でしょう?

よく見かける「傘袋自動装着器」のレトロバージョン

このお店の前に置いてあった装着器は、器械から「ふー」っと空気を送って、傘袋を膨らせて、そこに濡れた傘を入れるようになっています

ちょっとマニュアルだけど、日本人の細やかさが表れてますね


健康診断が終わった途端・・・

天丼に、アイスクリームと、高カロリー万歳!になってしまいました・・・

「運動の秋」に軌道修正しないと、「胴まわり」が〝浮き輪〟みたいに成長しそうです



人気ブログランキングに登録してみました
もしよろしければポチッとお願いします!
人気ブログランキングへ
[PR]

by arusanchi | 2011-10-23 06:00 | 和食  

ジェラール・ベルトラン ナチュラリス シラー フランス

GERARD BERTRAND Naturalys Syrah 2010(ジェラール・ベルトラン ナチュラリス シラー)
b0199953_2152775.jpg


2011年のフランス旅行の帰り、品ぞろえの悪いシャルル・ド・ゴール空港の免税店で10ユーロ程度で購入したワインです

ジェラール・ベルトランは以前にも何度か飲んだことがあって、このブログでも過去に1度登場しています(以前の記事はこちら

詳細な産地は良く分からないですが、SUD DE FRANCEと書かれているからまあ南仏かと思います

そしてビオロジックとも書いてあります


濃いめながら明るい紫色

1日目よりも2日目の方が香りが豊かになってきたような気がします

コショウなどのスパイス、ハーブ。そしてグラスを回すとキノコや湿った苔や森の土を連想するような香りも僅かに感じられます

若干酸味が強めな感じがしますが、好みの問題かもしれません

ジューシーな味わいもあって、飲み進めていくと舌も段々慣れてきてしまって気になるほどでもありません



CDG空港では最後の悪あがきで2本ワインを購入してきました

もう1本も近いうちにこのブログで紹介したいと思います





人気ブログランキングに登録してみました
もしよろしければポチッとお願いします!
人気ブログランキングへ
[PR]

by arusanchi | 2011-10-22 06:00 | ワイン  

The Resurrection!

10月19日、会社でロイターのページを見ていたらどえらいニュースが目に飛び込んできました




 「ザ・ストーン・ローゼズ」が再結成、来年6月ツアー開始




以前このブログで音楽関係としては唯一話題として取り上げていたザ・ストーン・ローゼズ

リユニオンの噂はこれまで何回もあったけれど、まずあり得ないだろう、というのが僕の正直な感想でした

レニはどこで何をしている変わらないし、ジョンは「ギターはもう弾かない」といって画家としての活動ばかりしているし



そこへ突然のように再結成のニュースが入ってきて本当に驚くとともに、心臓がバクバクと高鳴り、仕事どころではなくなってしまいました

そしてプレスされている写真には、あの頃のように4人が肩を寄せ合い、笑顔で一つのフレームに納まっているではありませんか・・・

そしてイアンがジョンの肩に手を回していて

本当に涙が出そうです

(バンドの公式サイトはこちら


地元マンチェスターで2つの講演をこなしたのちに世界ツアーに出るとのこと

学生時代に札幌で見たライブでは既にレニが脱退していて、ドラムはロビー・マディックスに変わっていました

どうしてもオリジナルメンバーによる”本当の”ストーン・ローゼズが見てみたいし、あの4人が集まった時に生まれる魔法のような音楽と瞬間を絶対に体験したい

新曲も用意されているようだし、こうなると3枚目のニューアルバムのリリースも期待してしまいます




生きる喜びがまた一つ増えたようで、とてもうれしいニュースでした




人気ブログランキングに登録してみました
もしよろしければポチッとお願いします!
人気ブログランキングへ
[PR]

by arusanchi | 2011-10-21 06:00 | 音楽  

トラスパレンテ @中目黒

パン好きのカブちゃんが朝食に出してくれるパンを食べていて、「これは旨い!どこの?」と聞いてしまうパンがいくつかあります

そんな時によく返ってくる答えの1つがトラスパレンテ

TRASPARENTE(トラスパレンテ)
東京都目黒区上目黒2-44-24 COMS中目黒I 1F
03-3719-1040
b0199953_23101849.jpg


カブちゃんが以前働いていた会社の近くにあり、当時はよく買ってきてくれました

目黒シネマで「ブラック・スワン」と「私を離さないで」を見た後にそのまま恵比寿に流れ、そこからわざわざ中目黒まで出かけました

今回は夕方に訪問したため置いている種類が少ないかな、、、と思っていたけれど、割と残っていました
b0199953_23121179.jpg


この日は売り切れだったけれど、特にお気に入りはクリームチーズとクランベリーを使ったパンで、ワインによく合います



しかしパンのおいしさはどこから来るのでしょうか

同じバゲットでも、スカスカであまりおいしくなかったり、あるいは生地がもっちりしていて香り高くとてもおいしいバゲットもあります

焼き方など製造工程に理由があるというよりも、やはり素材である小麦粉の違いによるのでしょうかね

あまり詳しくないのでよく分かりません

トラスパレンテのパンはどれを食べてもおいしく、そして驚くべきことにこのレベルにしては値段が比較的安いです

あまりおいしくないのに高い料金をとるパン屋もよくありますので、それを考えるととても良心的と言えるのではないでしょうか



中目黒にはヴィノスやまざきもあって、パンとワインを買うのになかなか良い街です

もっとも、そういった目的を持って中目黒に来る人もなかなないないでしょうけれども

ここでミニ情報を一つ

ヴィノスやまざきで販売しているカリフォルニアのピノ・ノワール、「ディアリッチ ピノ・ノワール」の新ヴィンテージである2008年が今なら1980円で売っています

僕は2本購入してきましたが、この特別価格は今週金曜日までだそうです

いままで2007年は通常で2980円、セールでも2500円でしたから、とてもお買い得になっていると思います

まだ試してはいませんが、1年ヴィンテージが変わっただけで大きく味わいが変わるとも思えないので、いまは「買い」かと

それまで酸味ばかりが目立つピノ・ノワールを飲んでばかりいて「?」な感じだったのが、初めてピノ・ノワールが旨いと思わされたワインであり、とにかく本当においしいのでお勧めしたいと思います

なお、ヴィノスやまざきと僕との間にはもちろん利害関係は全くありませんので念のため




人気ブログランキングに登録してみました
もしよろしければポチッとお願いします!
人気ブログランキングへ
[PR]

by arusanchi | 2011-10-20 06:00 | パン