<   2011年 05月 ( 16 )   > この月の画像一覧

 

たまには音楽の話でも

ワインブログとしてスタートしたので当然と言えばそうかもしれないけれど、これまで1度も音楽の話が登場しませんでした

ワインはここ5年くらいの間に一気にハマった趣味ですが、音楽との付き合いは僕が小学生の頃にさかのぼり、その歴史は25年(四半世紀!)ほどになります

趣味という意味ではワインの約5倍もの長い年月を費やしてきたわけで、むしろこちらの方がブログになっても良かったのではないかと思うことが時々あります

しかし音楽はとても個人的なものだし、自分の周りにもほとんど「分かってくれる」人がおらず、したがって人に話しても「ふーん、そうなんだ」というあたりで終わってしまうのがオチで、結局は音楽について人に話したり感動を伝えるということはしなくなっていました

また、音楽とは文字や写真ではなかなか伝えにくいし、ブログで書くというインセンティブも湧きにくかったというのもあります

それでも、こんな雨の日には、たまには音楽の話でもしてみても良いのではないかと思い今回の投稿としてみます






ずっと聞き続けても飽きないタイプの音楽というのがあります

僕の場合にはそのうちの1つがまさにTHE STONE ROSES(ザ・ストーン・ローゼズ)

89年にリリースされた、その名も「THE STONE ROSES」という1Stアルバムの存在を知ったのは僕が大学生になった年、すなわち94年に2ndアルバムの「SECOND COMING」がリリースされた時でした。つまりこの偉大なるバンドを知ったのは何故か2ndアルバムからだった、ということになります

いずれにしてもこの2ndアルバム、デビューアルバムのリリースから約5年ぶりにリリースされた新作ということで当時は結構な話題になっていました

イントロではジャングルの中にいるような効果音が4分ほど続きます。鳥のような鳴き声、小川の流れる音。そして原住民が森の奥で打楽器を叩いているかのように刻まれるリズム。そして雲が晴れるように1曲目がスタートしていきます

中には2つの曲がくっついたりしているのもあったりして、初めのうちはアルバムの全体像がつかめずに何だか良く分からないな、というのが正直なところでした

しかし下宿の狭い部屋で朝に夕に聞き続けているうちに、「これは何だかすごいアルバムだぞ」と思い始めました

その当時のブリティッシュ・ポップには珍しくギタリストがレスポールを弾きまくり、リズム隊は分厚くタイトなリズムでグル―ブ感を生みだし、曲の骨格を支えています。全体的に作りが緻密で隙がない

エヴァーグリーンなポップソングもあれば、ファンキーでブラックな曲もあり、そうかと思えばレッド・ツェッペリンの「天国への階段」のような組曲風な構成の曲なんかもあり。ES-335でスライド・バーを使用した曲もあります。とにかくドロドロのごった煮状態

そして細部を聞けば聞く程に面白く、もうこうなったらスルメ状態です

どれをとっても素晴らしいとしか言いようがなく、いくら聞いても聞き飽きることがない

一般的な評価は1stアルバムの方が高いと思うし(同じバンドかと思うくらいにまったく雰囲気が違いますね)、今では1stも2ndも同じくらいな頻度で聞いてはいるものの、僕にとっては初めてこの「THE STONE ROSES」というバンドの音楽を初めて聞いた、という意味においてとても重要なアルバムとなっています

再結成の噂は今でも絶えないですが、この素晴らしい2枚のオリジナル・アルバム(及びいくつかのコピレーション・アルバム。実はこれもスゴイ)があれば今後の人生も十分に楽しんでいくことができると思います



SECOND COMING(1994年) by THE STONE ROSES
b0199953_1316655.jpg

現在は画家として活躍しているストーン・ローゼズの元ギタリスト、ジョンスクワイアによるジャケットのアートワークも秀逸



人気ブログランキングに登録してみました
もしよろしければポチッとお願いします!
人気ブログランキングへ
[PR]

by arusanchi | 2011-05-29 19:20 | 音楽  

オリオル・ロッセール キュヴェ・エスペシアル スペイン

Oriol Rossell Brut Cuvee Especial(オリオル・ロッセール キュヴェ・エスペシアル)
b0199953_20232542.jpg

b0199953_20234171.jpg


ショット・ツヴィーゼルのグラスに注ぎました
b0199953_20242625.jpg


僕の苦手なスパークリングワイン・・・。スパークリングが嫌いという訳では決してないのですが、うまく評価ができないのです。経験値の問題かもしれませんが、、、



今回はスペインのカヴァ、白の辛口スパークリングです。今日もまた、餃子に合わせました



ライトで飲みやすい



ただ、グラスに注いで1杯を飲んでいるうちに泡がなくなってしまうではないですか・・・



変なクセもなくすっきりとしていますが、並みの白ワインに泡が足されただけのようであまり特徴が感じられず、まあこんなものかな、、といった感じでした



ワインセットに入っていた1本でしたが、なかなか自分では選択できないワインかなと思いました



僕にとって泡ものは難しいです、、、




人気ブログランキングに登録してみました
もしよろしければポチッとお願いします!
人気ブログランキングへ
[PR]

by arusanchi | 2011-05-28 20:36 | ワイン  

ペラン・レゼルヴ・ルージュ フランス

Perrin Réserve Rouge 2007(ペラン・レゼルヴ・ルージュ)
b0199953_21382969.jpg


ドメーヌ・ペランによるコート・デュ・ローヌの赤ワインです



先日ご紹介したヴィエイユ・フェルムと同じ生産者によるワインです



先日池袋に行った際、たまたま開催していた各インポーターさんが集まったワインフェアで知り合いの方にばったり会い、いくつか試飲をさせていただいた中から購入しました



甘い感じがグルナッシュっぽさを感じさせ、セパージュはおおむねグルナッシュ60%、シラー20%、ムールヴェードル20%のようです



香りがとても良いです。バラの花束のような甘い香りが広がります



チャーミングでありながらしっかりとしていてこなれたタンニンがあり、そのまま単体で味わっても十分においしいけれど晩酌で料理と合わせるに不足なく、オールマイティなバランスの良さ、懐の深さを感じさせるワインかと思います



知人の方の家ではこのワインをハウスワインとしているそうで、確かにクセもないし日常的に飲んでも飽きがきにくいかもしれません



とてもおいしいワインですのでヴィエイユ・フェルム同様、このワインもリピートしてしまいそうです




人気ブログランキングに登録してみました
もしよろしければポチッとお願いします!
人気ブログランキングへ
[PR]

by arusanchi | 2011-05-25 21:58 | ワイン  

クリスチャン・ビネール サヴール・プランタニエール フランス

Andrey et Christian Binner Saveurs Printanieres 2006
(クリスチャン・ビネール サヴール・プランタニエール)
b0199953_22283286.jpg


今回もアルザスの白ワインです



そしてまたこのワインもまた山本昭彦氏の「おうち飲みワイン100本勝負」にも取り上げられていました



ただの白ワインではなく、かなり濁りがあります

b0199953_22292923.jpg


3日ほど冷蔵庫に立てておき、最後に残ったワインをグラスに注いだら更に濃い色になっていました

b0199953_22321548.jpg


リースリング、ピノ・グリ、オーセロワ、ゲヴュルツトラミネールが使用されており、前回登場していただいたマルセル・ダイスと同じく複数の品種のブレンドによるワインです。アルザスには多いです



最初に思い浮かんだのはドイツのフランクフルトで飲んだリンゴ酒(こちらご参考ください)



すりおろしたリンゴは時間が経つと茶色っぽくなってきますが、まさにそんなイメージが近いです



大きな瓶に入ったレンゲのハチミツが昔家にありましたが、その時のハチミツの香りも思い出してしまいました



滑らかな舌触り、アフターには少し苦味も感じられるようで、滋味深い味わいがあります



個性的で、他にはあまりこのようなワインは飲んだことがありません



アルザスには楽しいワインが多く、これからもいろいろと発掘するのが楽しみです



人気ブログランキングに登録してみました
もしよろしければポチッとお願いします!
人気ブログランキングへ
[PR]

by arusanchi | 2011-05-23 22:47 | ワイン  

ラ・マティエール @神楽坂

カブちゃんの誕生日に、前から気になっていた神楽坂のフレンチ「ラ・マティエール」さんを訪問しました



神楽坂は小石川から歩いても30分程度なのでこの日も歩いて向かうことに



家を少し早く出たため、店に入る前にブラブラしてみました



やはり今の季節は花がきれいですね。神楽坂に咲く花はまた風情があります
b0199953_1922431.jpg



そしてまた石畳の景色も有名ですが、なんてことのない小道にも歴史が感じられるような
b0199953_19233969.jpg





そしてオープンちょうどの18時に到着



ラ・マティエール (La Matiere)
東京都新宿区神楽坂6-29
03-3260-4778
b0199953_1919557.jpg



外観はこんな感じ。あまりフレンチな感じがないですよね。京都のお店のような雰囲気もあります
b0199953_19275444.jpg




装飾が少なく小ざっぱりしていて気持ちのよい店内には20席ほどの座席がありましたが、この日は満席になっていました。人気の程が伺えます



ディナーはA、B、Cの3つのコースがあります。Aは魚か肉のどちらか、Bは魚と肉の両方となっており、Bの方が品数が1品多くなっています。そしてCはおまかせコースになっていました



僕たちは2人ともBコースを注文



そして飲み物はワインリストをいただき、悩んだ挙句にマルセル・ダイスの2009年をお願いしました。このワインは最近このブログでもよく登場する山本昭彦氏による「おうち飲みワイン100本勝負」にも取り上げられていて気になっていたワインでした(写真中央)
b0199953_19385086.jpg

b0199953_19404912.jpg


様々な種類のぶどうがブレンドされているワインで、アルザスではよくこのようなワインが作られているようです。ヒューゲル(HUGEL)でもジョンティ(Gentil)というワインはこのようにブレンドされて作られています



ヒューゲルはもちろんアルザスを代表する生産者で、品種名をボトルに記載するというアルザスの原産地制度の制定においては牽引役となったそうですが、一方このマルセル・ダイスは法改正を働きかけてラベルに品種名を表示せずに地名だけを記載することを認めさせたそうで、異端かつ先鋭的でありながら、またワインはあくまでその土地を表現するものだとするテロワリストでもあるのだそうです。なるほど・・・



そしてこのマルセル・ダイス、どのぶどう品種の特徴が突出しているという訳でもないバランスの良さ、涼しい雰囲気があり、嫌味なあと味もなくて正解でした。少し冷やしめがおいしく、カブちゃんも満足げで良かった



パン、リエット、そしてオリーブ
b0199953_19552221.jpg


僕が頼んだ前菜は海鮮のタルタル。ラ・マティエールの定番の料理とのこと。いくつかの魚、タコ、プチトマトがふんだんに使われています。素材の味も生き生きしていておいしい
b0199953_19561333.jpg


カブちゃんが頼んだウナギの前菜。香ばしくパリパリとした食感のウナギの皮も入っているみたいです。野菜のサッパリ感、皮のパリパリ感、そしてウナギのネットリ感が混ざりあっておいしかったそうです
b0199953_19582249.jpg


魚料理は2人ともイサキのポワレを注文。皮はパリッと、白身はジューシー。魚の下に敷かれたマッシュ・ポテトと一緒に食べると素材が混ざり合っておいしいです
b0199953_2004742.jpg


そして肉料理にカブちゃんは子羊の骨付きロースト。なんと2つも皿に乗っています
b0199953_2012565.jpg


僕は黒毛和牛の赤ワイン煮。上にはほうれん草。柔らかく、そしてポーションが大きい!
b0199953_2023753.jpg


肉料理にはゴルゴンゾーラのポテト・グラタンが付いてきました。塩加減が良いです。しかし最初は間違って料理が運ばれてきたのかと思いました・・・。肉料理を頼んで2皿出てくるのは初めてでした
b0199953_2032194.jpg


デザートに僕はチョコレート・ケーキ
b0199953_2034859.jpg


そしてカブちゃんはプルーンとキャラメルのアイス
b0199953_204526.jpg


この他にコーヒーとエスプレッソを頼みました



ずっと気になっていたお店で、しかもなかなか予約が取れないと聞いていたのですが、今回初めて訪問し、総じて満足できました。値段だって神楽坂でフレンチを頂くことを考えれば決して高いものではありません。ランチで再訪したいと思いますし、ディナーなら次はAコースを選べばよい。チョイスだって料理を味わう上では重要な要素ですよね



量に関して言うと1つ1つのポーションが大きくて量がたくさんありますので、僕たちのように少食な人だとちょっと後半が苦しくなってきます・・・。少なくとも肉は半分くらいの量でもよいかなあと思います(お店の人も、昔の赤ワイン煮はもっと量が少なかったけれど段々と大きくなってきている、とおっしゃっていました。この間、何があったのだろう、、、)



もっとも、僕たちが普段からあまり晩御飯の量は食べない人たちなので上記のコメントとなってしまいますが、普通の人だとあまり問題になることはないのかもしれませんね



接客も満足するものだったと思います。僕たちはアルコールがあまり強くないのでワインと一緒に必ず水を頼むのですが、減ってくると頼まなくても次々と注いでくれたのはありがたかったです



店を出ると、店の外壁の窓がパカッとあいてシェフが挨拶してくれます。3Dの紙芝居みたいで、これは何だかおかしかった、、、



また再訪したいと思います




人気ブログランキングに登録してみました
もしよろしければポチッとお願いします!
人気ブログランキングへ
[PR]

by arusanchi | 2011-05-22 21:08 | フレンチ  

ぺインター・ブリッジ ジンファンデル アメリカ

Painter Bridge Zinfandel 2009(ぺインター・ブリッジ ジンファンデル)
b0199953_22325945.jpg


まさにストロベリー・ジャムのよう



クラクラする程に濃厚で甘い香り



味わいは香りの印象そのものに、甘く、ストロベリー・ジャムを薄めて飲んでいるかのようです






一体どのようなシチュエーションで飲んだらいのでしょうか・・・



単体で飲むには甘過ぎるし、料理と合わせるにしてもジャムと一緒に食べる料理を考えると肉料理がハマってくるのかな



例えば甘辛ダレのかかったミートボール



あるいは少し塩味の効いたブルー・チーズを使用したピザなんかにも合うかもしれません






天真爛漫で隠すところもない率直で分かりやすいワインとも言えるけれど、深遠さやストーリーを感じさせるところが少ないワインとも思います



リピートは少々しんどいかも知れません、、、



人気ブログランキングに登録してみました
もしよろしければポチッとお願いします!
人気ブログランキングへ
[PR]

by arusanchi | 2011-05-19 22:55 | ワイン  

ヴィエイユ・フェルム・コート・デュ・ヴァントゥー フランス

La Vieille Ferme Cotes du Ventoux 2009(ヴィエイユ・フェルム・コート・デュ・ヴァントゥー)
b0199953_2342279.jpg


ぺラン家が手掛けるローヌの赤ワインです



明るい紫色がきれいで、甘みを含んだこの香りはまさにグルナッシュを使用したワインの典型



グルナッシュは好きなぶどう品種なので期待してしまいます・・・



セパージュはおよそグルナッシュ50%、シラー20%、カリニャン15%、サンソー15%となっているようです



軽い飲み口ではあるものの薄くはなく、余韻もしっかり



しなやかで柔らかくてタンニンと酸のバランスがとてもよく、そして果実味も十分感じられます



変な香りや雑味もなく、よく熟したぶどうの果汁を純粋にそのまま絞ったかのようなワイン



おいしいですね、このワイン・・・







このヴィエイユ・フェルムもまた、山本昭彦氏による「おうち飲みワイン100本勝負」に取り上げられているいたためネットで購入しました



輸入元はジェロボーム。値段が1,500円程度でこの味わい



とてもお手頃なデイリーワインです



アルコール度も13.5%とそれほど高くもなく、気温が上がってきたこの季節に少し冷やして飲むにはうってつけなワインではないかと思いました



これはリピートしてしまいそうです、、、



人気ブログランキングに登録してみました
もしよろしければポチッとお願いします!
人気ブログランキングへ
[PR]

by arusanchi | 2011-05-18 23:41 | ワイン  

ビュルガーシュピタール・リースリング・カビネット・トロッケン ドイツ

Bürgerspital 2009 RIESLING Würzburger Absleite Kabinett Prädikatswein trocken
(ビュルガーシュピタール・リースリング・カビネット・トロッケン)
b0199953_23235184.jpg


ボトルの裏側にはヴュルツブルクのwurzburger marienkapelleの絵がプリントされています
b0199953_23243085.jpg



2010年秋のドイツ旅行でヴュルツブルクを訪ねた時にビュルガーシュピタールで購入してきたワインで、現地で購入したワインの中では最もグレードが高いワインだったように思います



すっきりと香り高く、一方で白桃やバナナのようなトロピカルな雰囲気もあり



冷蔵庫から出したてで温度が低めの時には締まった酸が心地よくスッキリした味わいですが、温度が上がってくるにつれ飲み口はまろやかで柔らかく変化していきます



ビュルツブルクで購入してきた12本のフランケンワインの中では今回のワインが5本目だけれど、最も味わいが濃いような気がします



アルコール度は12.5%



週初め、帰宅後にリラックスしながら飲んで1日の緊張をほぐすのにはちょうどよいワインでした



人気ブログランキングに登録してみました
もしよろしければポチッとお願いします!
人気ブログランキングへ
[PR]

by arusanchi | 2011-05-17 23:52 | ワイン  

平井精肉店 @高崎

今年のGWで群馬へ帰省した際に、このところ定番になっている高崎の「平井精肉店」を訪問

平井精肉店
〒370-0803 群馬県高崎市大橋町7-18
027-322-3625
b0199953_14275099.jpg


こちらではいつも「オランダコロッケ」と「クロケット」を買います


オランダコロッケ
b0199953_14242317.jpg

チーズなどが入っていておいしいです



そもそもこのお店を発見したのは、2008年のフランス旅行の際にトランジットで訪れたオランダのアムステルダムへの旅行がきっかけでした

b0199953_14392795.jpg



アムステルダムは運河で有名な街で、船による運河めぐりをすることもできます

b0199953_14352876.jpg



で、街中で発見したのがこのスタンド

b0199953_14363118.jpg


コロッケやハンバーガーのようなファーストフードが自動販売機方式で売られていて、ひっきりなしにお客さんが次々と商品を買っていくという、日本ではあまり見かけない光景



これでオランダコロッケに興味を持って調べたところ、日本でも群馬にオランダコロッケで有名なお店があるということで、これが平井精肉店でした



なかなかおいしいので群馬を訪れることがあれば是非お試しください






人気ブログランキングに登録してみました
もしよろしければポチッとお願いします!
人気ブログランキングへ
[PR]

by arusanchi | 2011-05-14 14:43 | 洋食  

ドゥース・ナチュール メルロ フランス

Douce Nature Merlot 2007(ドゥース・ナチュール メルロ)
b0199953_0585986.jpg


ラングドックのビオロジックの赤ワインです



濃いめの紫色



カシスやチョコレートのような甘い香りがグラスから立ち上がってきます



色や香りから濃厚なワインとの予想をしましたが、こなれたタンニンと酸のバランスが良く飲みやすいワインです



この飲みやすさ、柔らかさがビオロジックによるものなのかも知れませんね・・・



週の後半に飲むにはちょうどよいワインでした





人気ブログランキングに登録してみました
もしよろしければポチッとお願いします!
人気ブログランキングへ
[PR]

by arusanchi | 2011-05-13 01:13 | ワイン