<   2011年 02月 ( 15 )   > この月の画像一覧

 

ビュルガーシュピタール・ヴァイス・ブルグンダー・カビネット・トロッケン ドイツ

Bürgerspital 2009 WEISSER BURGUNDER Würzburger Stein Kabinett trocken
b0199953_21264276.jpg


2010年11月のドイツ旅行で購入してきたヴュルツブルクの白ワイン。″Weisser Burgunder”とはピノ・ブランのことのようです



よく冷やして飲むと、まずは弾けるかのような酸が口の中に広がり、品が良く丸みを帯びた甘さが感じられ、いかにもドイツワインといった風情を感じることができます



そしてだんだんと温度が上がってくるにつれ印象も変わってきて、よりまろやかさが際立ち、香りもより一層広がってきます。ほどよいミネラル感もあり、またカビネットではありますが、以前に飲んだビュルガーシュピタールの3本よりも甘さを感じます



白身魚の料理などと合わせるとしっくりくるんじゃないかと思います



そう、今日会社の食堂で食べた「カレイの煮つけ」なんかいいんじゃないかな・・・





人気ブログランキングに登録してみました
もしよろしければポチッとお願いします!
人気ブログランキングへ
[PR]

by arusanchi | 2011-02-28 21:47 | ワイン  

湯島天神の梅まつり

晴天が広がった週末、湯島天神の梅まつりに行ってきました。茗荷谷から本郷三丁目まで丸ノ内線で向かい、そこから御徒町方面へ歩いて行くことにしました

b0199953_192355.jpg


多くの花が咲いていました。春はもうすぐそこですね

b0199953_195110.jpg


b0199953_196857.jpg


人もたくさん出ていました。天気が良かったですからね。屋台も出たり、パンも売っていたり

b0199953_1991284.jpg






湯島天神を見た後、ちかくの蕎麦屋「やぐ羅」さんで蕎麦を食べることにしました

b0199953_19133863.jpg


本店が京都にあるということでニシン蕎麦がウリのようですが、今回は「田舎」(950円)を注文

b0199953_19105990.jpg


甘めのつゆに生卵、海苔、鰹節、ネギ、大根おろしが一緒に入っています。コリコリとした歯ごたえの細めの麺がおいしいです。箸袋を見ると本店は京都南座の向かいにあると書いてありました



やはり蕎麦はうまいですね








帰りはそのまま本郷まで戻り、菊坂を下って小石川まで戻ってきたのですが、菊坂の途中のわき道を入ったところに金魚屋さんがありました。菊坂はよく通るのですがこんなところに金魚屋さんがあるなんて今まで全く気付きませんでした・・・


b0199953_19182127.jpg


たくさんの種類の金魚を見ることができます
b0199953_19184498.jpg


釣り堀もあり、また金魚すくいもできるようです
b0199953_1919486.jpg




こちらの金魚屋さん、カフェも併設しており、ランチも出しているようでした。メニューを見たら「煮魚定食」や「焼き魚定食」というのもありました




まさか・・・?




そんなことはないと思いますが、、、








昨日も用があって(ラーメンを食べに行っただけだけど、、)本郷三丁目を降りたのですが、駅の中には



 「その受験票は東大からの招待状」 とか



 「もうすぐこの駅はあたなの通学路になる」



といったコピーのようなものが貼ってありました(今日はもう無くなっていました)



今は2月の終わり、ちょうど国立大学の前期日程の試験が行われている頃なんですね。すっかり忘れていました




高校生たちにも良い春が訪れるといいと思います









しかし今日は花粉が酷かったなあ・・・






人気ブログランキングに登録してみました
もしよろしければポチッとお願いします!
人気ブログランキングへ
[PR]

by arusanchi | 2011-02-27 19:31 | 散歩  

シャトー・サント・コロンブ フランス

CHATEAU SAINTE COLOMBE 2004(シャトー・サント・コロンブ)
b0199953_21352010.jpg


このブログでは2回目の登場です(以前の記事はこちら参照ください。当時は結構細かく書いていますね・・・)


2004年ということで、グラスに注ぐとすぐにレンガ色を帯び始めている色に気付きます



キノコ類のような、熟成の香りがほのかに漂います



タンニンはまろやかに溶け込み、しっかりとした骨格のあるワインになってきているようです。以前の記事に書いたような果実味や甘みは、今回のワインにはあまり感じられません。何でだろう・・・。ヴィンテージ違いかと思ったのですが、写真を見ると前回も同じ2004年。不思議です






複雑さや深みというものはあまり感じられませんでしたが、ソフトで柔らかな飲み口、かつバランスも良いので、安心して気軽に楽しむことができます





人気ブログランキングに登録してみました
もしよろしければポチッとお願いします!
人気ブログランキングへ
[PR]

by arusanchi | 2011-02-26 21:48 | ワイン  

ビストロ・リヨン @大手町

週末の金曜日、カブちゃんと有楽町で待ち合わせてバナナ・リパブリックなどをブラブラしてから、大手町に移動して「ビストロ・リヨン」さんに寄ってきました。帰宅途中に立ち寄れるし、丸ノ内線大手町駅からアクセスしやすいのでたまに利用しています

ビストロ・リヨン
〒100-0004
東京都千代田区大手町1-7-2 東京サンケイビルB1
Tel:03-5204-8066

ラングドックのキュベ・ロワイヤル(CUVEE ROYAL NV)をデキャンターで注文。名前だけ聞くとスパークリング・ワインのようですが、赤ワインです。グルナッシュでしょうか、甘みがあり好みの味わいでした(デジカメがなく携帯で写真を撮ったので少々ボケています・・・)
b0199953_23453998.jpg


生ハムのサラダ。パリパリした野菜というよりはモソモソッとした葉っぱを食べている感じ。チーズを使用したドレッシングもおいしく、体に良さそう
b0199953_23253762.jpg


鴨のコンフィ。付け合わせはキノコ類やマッシュポテト。ワインに合います。おいしい!
b0199953_23263611.jpg


魚のパスタ。ガーリックが効いていておいしいです
b0199953_2327372.jpg


その他にもアンチョビの乗ったピザのようなものも頼みました


ワインはいろいろな国のものがあるし(種類はそんなに多くない)、パスタも出るし、フレンチ・レストランということでもないのですね、きっと。大手町ということもあってこの辺りは企業も多いと思うのですが、たしかに店内を見渡すとサラリーマンの方が多いような気がします。席もほぼ満席で、とても人気のあるお店なんだと思います



料理も全般的においしくてハズレのない無難さなので、僕たちにとっては会社帰りにちょっと寄るにはとても便利なお店です








ワインバー&ビストロ系でベンチマークになるのはやはり代々木にあるワインバー、某Nさんだと思うのですが、コストパフォーマンス、料理の洗練さ、ボリューム、雰囲気を総合的に考えてやはりNさんは東京ではNo.1ではないかと思います。なかなかこのお店を超えるところには巡りあえないですが、Nさんも最近有名になってしまって全然予約が取れません。しかし、いつかこのブログでも紹介できればと思います




人気ブログランキングに登録してみました
もしよろしければポチッとお願いします!
人気ブログランキングへ
[PR]

by arusanchi | 2011-02-25 23:55 | ワインバー  

村上春樹と近田春夫

今日はワインとは全く関係のないことをたまには書いてみようと思います




このところ作家の村上春樹さんが話題になっていますね。もちろん昔から有名ではありますが、最近とりわけよく名前を耳にするような気がします。カフカ賞やエルサレム賞などの受賞、1Q84の3部作、ノルウェイの森の映画化、などなど。ノーベル賞受賞も近いのでは、と噂にもなっていますね



村上作品を初めて知ったのは僕が大学生の頃で、確かゼミの同級生に教えてもらったような記憶があります。当時はちょうど「ねじまき鳥クロニクル」が発表された頃でした。以来、すでに発表された小説やエッセイなどを読みまくり、すっかりその独特な世界観に魅了され、ハマってしまったのでありました



その中でも特に好きな作品の一つに「回転木馬のデッドヒート」という短編集の中の「プールサイド」という作品があります

b0199953_2105544.jpg



 『35歳になった春、彼は自分が既に人生の折りかえし地点を曲がってしまったことを確認した』



と始まる文章を20代で読んだ時は「35歳なんてまだまだ先だな」と思っていたのだけど、自分がちょうどいまその年齢になり、何故かふとこの作品のことを思い返して読みなおしてみました。あらすじをここで書くつもりはありませんが、



 『そしてこれで半分が終わったのだ』



 『俺は老いているのだ』



といった部分には、あらためて35歳という僕自身の現実を客観的に突きつけられたようで、何とも切ない感じがします



あるいはまた、35歳になった「彼」は



 『まず歯医者に行って徹底的な歯の治療』 をし、



 『ダイエット・コンサルタントと契約して綜合的なダイエット・メニューを作成』



したりします。さすがにコンサルを雇う気にはなれないのですが、この本が影響してか分かりませんがちょうど僕もいま歯の治療中。4本あった親知らずのうち1本は20代に抜いてしまいましたが、この抜いた1本と同様に斜めに生えていた親知らずを最近1本抜いてしまいました。また次々に虫歯が見つかり、現在は3か所目の治療中です・・・












そうそう、そう言えば数年前NYに旅行にした際、なんとソーホーで村上春樹さんを見かけました



J-CREWで洋服を見ていたら、ジーンズ、スニーカーにサングラス姿という、まさにエッセイや写真で見て知っていたザ・村上春樹的な恰好で、僕がいたのと同じフロアに降りてきたのです



本当は握手でもしてもらいたかったのだけど、緊張で手に汗がびっしょりだったし、よくエッセイでは「人見知りする」ようなことを書いていましたので、ただただ遠目に見るだけでした(恐らく「じろじろ見ている日本人がいる」くらいは思われていたかも知れませんが)



しばらくしてお店を出て行ってしまいましたが、興奮冷めやらず一緒にいたカブちゃんに「すごいよ!こんなところで村上春樹の本物を見ちゃったよ!!」というと



 「本物かなあ。似ていたけど”近田春夫”じゃないかなあ」



 「・・・・・・。」



確かに似ていなくもないけどさ、、








あれはぜったいに本物の村上春樹だって!!









人気ブログランキングに登録してみました
もしよろしければポチッとお願いします!
人気ブログランキングへ
[PR]

by arusanchi | 2011-02-23 21:40  

ル・ロゼ・ド・ジスクール フランス

LE ROSE DE GISCOURS 2009(ル・ロゼ・ド・ジスクール)
b0199953_21365127.jpg


マルゴーのシャトー・ジスクールが作るロゼワインです



薄いピンクがまるで桜の花びらのように美しく、ほのかに甘くフレッシュな香りが立ち上ってきます



かんきつ類のような甘みと苦み。とろりとした舌触りとコク



白と赤のいいとこ取りのようなおいしいワインです




春っぽい雰囲気満載なので、花見の季節にはとても合いそうですね。ちらし寿司や天麩羅のような和食にもとても合うんじゃないかと思います







人気ブログランキングに登録してみました
もしよろしければポチッとお願いします!
人気ブログランキングへ
[PR]

by arusanchi | 2011-02-21 21:50 | ワイン  

ピッツェリア・ダ・アオキ・タッポスト @豊島園

このところの仕事の疲れと寒さで凝り固まった体をほぐしに、豊島園に併設されているスパ施設「庭の湯」に出かけてきました

b0199953_20505987.jpg


風呂の種類もいくつかあり、露天、サウナ、ミストサウナは言うまでもなく、水着着用で入るバーデもあり。途中、風呂から上がってはビールを飲んだり、リラクゼーションコーナーで椅子に座って雑誌を読んだりと、全く力が抜けてしまい、ずっとここにいると駄目な人になってしまいそうです、、、もっとも、力を抜くことが目的だったからこれで十分目的が果たせているわけですが・・・



一つ不満は、昔はビールのつまみに「イカのげそ揚げ」を頼んでいたのですが、これがメニューから消えてしまっていたこと。あれがおいしかったんだけどなあ・・・




風呂に入ればお腹が減る・・・ということで、庭の湯を出てからあらかじめ予約しておいた「ピッツェリア・ダ・アオキ・タッポスト」さんへ。こちらのお店はピザで有名なようです。

b0199953_2123549.jpg



まずはビール。ほのかな甘みがあります
b0199953_20592916.jpg



ドライトマトのオリーブオイル漬け。酸味がうまい
b0199953_2059542.jpg



タコ、オリーブ、トマトの入ったのマリネ
b0199953_2102589.jpg


トリッパやレバーの煮込み。少しピリッとした辛さもあり、これはうまいです
b0199953_2105629.jpg


赤ワイン。これは普通。ワインリストももう少しこだわりが感じられるとよかったのですが・・・
b0199953_2112382.jpg


モンテビアンコ。チーズのコクがありますが思いのほかあっさりしていて食べやすかった。生地がもっちりしていて、縁の部分ですらもおいしいです
b0199953_2114941.jpg



こちらのピッツェリア、練馬区の住宅街にあって少し分かりにくいのですが、料理は全般的にとてもおいしかったです。特にピザについては、あのように生地が薄いのにもちもちとした食感は初めてでうまかった









また庭の湯に行った時には訪問してみたいと思います






人気ブログランキングに登録してみました
もしよろしければポチッとお願いします!
人気ブログランキングへ
[PR]

by arusanchi | 2011-02-20 20:48 | イタリアン  

カイケン・マルベック アルゼンチン

KAIKEN MALBEC 2009(カイケン・マルベック)
b0199953_21362327.jpg


明るい紫色で、チェリーなどの甘くフルーティーな果実の香りにほのかにチョコレートのようなニュアンスもあります



甘みがあってとてもジューシー。とにかく果汁がタップリ!といった感じです。まっすぐで歪みがなく、シンプルに果実の味わいが伝わってきます



甘みがあるのでチーズ、特に塩味のあるブルーチーズなどを使ったピザのようにシンプルな料理と合わせるとよい気がします。逆にあまり繊細な料理とは難しいかもしれません






人気ブログランキングに登録してみました
もしよろしければポチッとお願いします!
人気ブログランキングへ
[PR]

by arusanchi | 2011-02-17 21:46 | ワイン  

ベルナール・モロー・ブルゴーニュ・シャルドネ フランス

Bernard Moreau et Fils Bourgogne CHARDONNAY 2009(ベルナール・モロー・ブルゴーニュ・シャルドネ)

b0199953_2101580.jpg


YOMIURI ONLINEのドリンク&ワインのコラムが気に入っていて、会社でも昼休みによく見ています。この中で「ワイン漬けDiary」というコーナーがあり、1月の記事で紹介されていたのがこちらのワインでした



2009年のヴィンテージであること、比較的値段が手頃なこと、ブルゴーニュであること、こういったところから興味をそそられてネットでいろいろ調べているうちに、この「ベルナール・モロー」という名前をどこかで聞いたことあるな・・・と思い始めました。気付けば昨年末に銀座の”よねむら”さんで頼んだシャサーニュ・モンラッシェが同じ生産者だったのです
(その時の記事はこちら



これも何かの縁かも、、ということで(?)、ネットで3本(その他にも05年のブルゴーニュを1本)購入したのでした・・・



まず香りがこれまでに飲んだブルゴーニュに共通するものがあります。うまく表現ができないのですが、、、ナッツのようなまろやかさを感じさせる香りもあり、あるいは生の米のような香りもあるように思うのですが気のせいでしょうか・・・とにかく独特な香りがあります。花や果物に例えるのは少し違うように思います



口に含むとまず酸味を感じたのですが、それがずっと続くという訳ではなく、あるレベルで不思議と酸味は留まり、その後からオイリーでコクのある味わいが重なって絶妙なバランスで口の中に広がります。甘みもちょうどいい。バランスが良いといえばそれまでなのですが、、これがブルゴーニュのシャルドネなのかなと思わせる、何とも言えない幸福感があります



すばらしいです・・・



あと2本あるので、少なくとも1本はしばらくセラーに置いておきたいと思います










このところ良いワインに当たっているなーー






人気ブログランキングに登録してみました
もしよろしければポチッとお願いします!
人気ブログランキングへ
[PR]

by arusanchi | 2011-02-15 21:31 | ワイン  

ディア・リッチ ピノ・ノワール アメリカ

カブちゃんの英会話の先生であるRさんと一緒に、有楽町のITOCiA(イトシア)の地下に入っているヴィノスやまざきに併設されているワイン・バーに行ってきました


僕は英会話に通っていないのですが、、カブちゃんがワインの話でR先生と意気投合、またR先生自身もワインが大好きなようで、上記のとおりの流れとなりました


このワイン・バーには何度か立ち寄ったことがあり、だいたいはその日のグラスワインを注文して楽しんでいましたが、今回はR先生のお勧めでディア・リッチのピノ・ノワールをボトルで(!)注文

Dear Rich Pinot Noir 2007(ディア・リッチ ピノ・ノワール)

b0199953_2225122.jpg


ヴィノスやまざきでは生産者と提携したオリジナル・ワインよく販売していて、僕はこういうのがあまり好きではなく、またこのディア・リッチもそのような種類のワインの1つでありなんとなく敬遠してしまっていました


しかし正直言ってこのワインには驚かされました


カレラ以外においしいピノに出会ったこともなく(もちろん経験が少ないというのが最大の要因ですが・・・)、安いピノを飲んでは酸味が強い気がしてあまり印象がよくなかったのですが、このワインは今までに飲んだピノ・ノワールの印象を僕の中では180度変えてしまいました・・・


ストロベリーなどの甘いベリー系の香り。酸味やタンニンは少なく、口いっぱいに広がる豊かな果実味、甘み、そして旨みとコク。スムースな舌触り・・・


おいしい、というよりは”旨い”という方がぴったりかもしれません


ピノ・ノワールらしく色は薄めですがとても鮮やか

b0199953_22261369.jpg


このように色合いは薄いのですが、すごく味わいがリッチなのです・・・





英語の不得意な僕はR先生とあまりうまく話すことができなかったかな、、と思うだけど、カブちゃんがよく話をつないでくれたおかげでとても楽しむことができました。R先生とは当然初対面ですが、気兼ねなく話しかけてくれる親しみやすさがあり、また親切で気の効く方だなあ・・・と感心してしまいました。いろいろな国に訪れたことがあるようで、経験も豊富。話すこともご自身の主張があり、とても頭の良い方だなあ、と感心しきり、、、。帰り際にはグラスを自分で下げたり、椅子をもとの位置に戻したりと細やかな心遣いは日本人以上です・・・


英語、勉強しなきゃ!!




R先生が帰られてからもしばらくカブちゃんと飲んでいたのですが、あまりにおいしかったのでもう一本ディア・リッチを注文してしまいました





時にはそれを手に取ることすら躊躇してしまうこともありますが、ワインは、それがどのような売られ方をしていても色眼鏡をかけることなく、それ自体の価値を自分で判断しないといけないですね







難しいですけど






人気ブログランキングに登録してみました
もしよろしければポチッとお願いします!
人気ブログランキングへ
[PR]

by arusanchi | 2011-02-13 22:54 | ワイン