<   2010年 12月 ( 12 )   > この月の画像一覧

 

レストラン よねむら 銀座店

2010年も終わりに近づく12月24日。銀座の「レストラン よねむら」さんに行ってきました



こちらのお店、元々は京都の木屋町二条に開店し、いま本店は祇園に移転しています。前々から「京都の『よねむら』はとにかくおいしいから」という京都出身のカブちゃんの強い(?)勧めもあり、僕はランチで1度だけ銀座店に来たことがあります



確かに和食をベースにした和洋折衷のフュージョン料理は独創的で素晴らしく、個性的な器とともに提供される品の全てが目にも美しく、食べるという目的以外にも見ているだけでも楽しいです



ミシュランでも★を獲得していますが、そういう周囲の評価とは関係なしにとにかく食べておいしく楽しいお店です



銀座店は交絢ビル4階に入っています

b0199953_1294910.jpg




前回と同じく今回もカウンターの席に案内されました



料理を作っている様子が見られるので、テーブル席よりもカウンター席の方が好きです



ワインはブルゴーニュの白がいいなと先に決めていました。そしてワインリストを見て、シャサーニュ・モンラッシェを選びました


Chassagne Montrachet 1er Cru CHAMPS GAIN 2007 Bernard Moreau et Fils
(ベルナール・モロー・シャサーニュ・モンラッシェ)

b0199953_11413687.jpg

b0199953_12575369.jpg



シャサーニュ・モンラッシェは今回を含めてまだ2回しか飲んだことがありません


1度目は、2年前のフランス旅行の際に参加したブルゴーニュ・ツアーで立ち寄ったワイナリーでお土産に購入した「DOMAINE LOUIS NIE MORGEOT PREMIER CRU」でした。このワインに感じたのは、まるでブランデーの様な香りと硬質なミネラル感。今回のベルナール・モローを一口飲んだ瞬間にも同じような印象はありましたが、今回の方がもう少しまろやかな感じがしました



ブルゴーニュのシャルドネには、上手く表現できないけれど、他の地域のものには感じられない独特な香りや味わいがありますね



まず初めに「キャビアとウニ、蕎麦粉のブリオッシュ」

ブリオッシュはとても柔らかく、全体的に優しい味わいの料理でした

b0199953_11491370.jpg




「蛤のブルギニヨンバター焼き、平目のフルーツカクテル、小蕪の千枚漬け」

フランスだとエスカルゴですが、代わりに蛤が使われています。カクテルにはミカンも入っていました

b0199953_11524813.jpg




「パン」

いやもう本当にただのパンなのですが、、ここのパンは甘く、とにかくおいしいのです。何でこんなにおいしいんだろう、、と油断してバクバク食べてしまうと後半でお腹が一杯になってしまう恐れがあり、要注意です

b0199953_11534763.jpg




「河豚のブイヤベース」

マルセイユの郷土料理であるブイヤベースが、よねむらさんの手にかかるとこのようになります。河豚は身がしっかりとしていて、スープは少しピリッとした辛みも効いていました。グツグツ煮え立った状態で提供されます

b0199953_11541983.jpg




「コッペ蟹の飯蒸し」

石川県など北陸地方では「香箱ガニ」と言ったりしますが、要はメスのズワイガニです。ズワイというと大きなものが重宝されると思うのですが、北陸ではこの小さな香箱の方が味がおいしく値段も安いということもあって、地元ではよく食べられているようです

つぶつぶの卵と蟹の身がもち米の上に乗っています

何でこんなにおいしいものが作れるんだろう・・・

b0199953_1155973.jpg




「伊勢海老と鮑のトマトファルシー」

左のトマトには伊勢海老が、右のトマトには鮑が乗っています。トマト嫌いのカブちゃんも食べられるほど甘いフルーツトマトを使っています

b0199953_11563288.jpg




「黒毛和牛の炭火焼 サツマイモとフォアグラ、トリュフ」

左がフィレ、右がロース。器は中が空洞になっていて、暖められた空気が中に入っており料理が冷めにくくなっています

b0199953_11571952.jpg


こちらはサツマイモの上にフォアグラが乗っていて、上に黒トリュフがかかっています

b0199953_11573829.jpg




「スッポンラーメンと九条葱」

人生で初めてのスッポンをこんなかたちで頂くことになろうとは・・・

ラーメンとありますが、麺は髪の毛のように細いパスタを茹でたもので、食感はソーメンのようです。コラーゲンがブリブリな身の部分だけでなく、木の実かと思うような黄色く小さな卵も入っていました

b0199953_11582712.jpg


スッポンのラーメンと共に提供された口直しの漬物

b0199953_1159367.jpg




「イチゴとシャンパンの一口ソルベ」

京都の錦市場にお店を構える包丁で有名な「有次」の真鍮製の器に入ったシャーベットです

b0199953_1203730.jpg




クッキー生地のシュークリームとキャラメルアイスのデザート

こちらはカブちゃんが注文。文句の出しようもないうまさ・・・

b0199953_1211171.jpg


そしてブリー・ド・モーを乗せたチーズケーキとアイスクリームのデザート

こちらは僕が注文。食べた瞬間に「うまい・・・!」を3連発してしまいました。しっかり固めの生地に深いコクがあるチーズケーキの上に塩味の効いたフランス産チーズを乗せたデザートですが、甘さと塩味のコンビネーションが絶妙で、こんなにおいしいデザートは食べたことがありません・・・ワインにも合いそうなくらい、濃厚なチーズの風味が効いています

b0199953_1242742.jpg




こんな可愛らしいお菓子もつきます

b0199953_12562330.jpg




そしてコーヒー

b0199953_12551127.jpg

















とにかくおいしい料理の数々にご満悦で店を後にしました














空を見上げると明るい月が銀座の夜に浮かんでいました




b0199953_12571487.jpg









今年ももう終わりですね






人気ブログランキングに登録してみました
もしよろしければポチッとお願いします!
人気ブログランキングへ
[PR]

by arusanchi | 2010-12-25 11:59 | 和食  

冬の散歩 in 上野

家から見えるスカイツリーはだいぶ背が高くなってきました



今日は天気が良いのでその姿が良く見えます

b0199953_22434193.jpg





晴れた冬の日の東京は、暖かくて空気が澄んでいて、散歩するには最も適した日ではないかと思います




丸ノ内線を本郷三丁目まで行き、そこから上野まで散歩することにしました





有名な「うさぎや」さんでどら焼きを購入

b0199953_2223162.jpg




上野公園でペットボトルのお茶とともに

b0199953_22341122.jpg



生地はしっかりと噛みごたえもり、まるでホットケーキのよう



餡は柔らかく、甘さが絶妙です




今日は天気がいいねー

b0199953_2232986.jpg




何故か西郷さんの銅像の写真を撮る人がたくさん



歴史は苦手で良く分かりませんが、大河ドラマ「竜馬伝」の影響があるのかな


b0199953_22402855.jpg



上野まで来るとスカイツリーがさらに近くに見えますよ


b0199953_22452979.jpg



冬のイチョウ

b0199953_2246193.jpg




このところ忙しい日々を送っていたけれど、久々にゆっくり過ごすことができた1日でした




人気ブログランキングに登録してみました
もしよろしければポチッとお願いします!
人気ブログランキングへ
[PR]

by arusanchi | 2010-12-23 22:56 | 散歩  

ビュルガーシュピタール・リースリング・シュペトレーゼ・トロッケン ドイツ

Bürgerspital 2009 RIESLING Randersackerer Teufelskeller Spätlese trocken
b0199953_2150363.jpg

ドイツ、ビュルツブルクのビュルガーシュピタールで購入したワインです

白くて瑞々しい果物、例えばライチや青リンゴの様な香り

爽やかな軽さとかすかな甘みが見事に共存し、以前ご紹介したシルヴァーナーとやはり同じように重心ではオイリーなミネラル感が芯を支えている感じ


飲むにつれ、ドイツワインに対する印象はますます良い方向に変わっていきます・・・



追記:

17日に開栓したカレラが開いてきたようで、かなりおいしい感じになってきています
ワインて不思議で面白い飲み物ですね、、、



人気ブログランキングに登録してみました
もしよろしければポチッとお願いします!
人気ブログランキングへ
[PR]

by arusanchi | 2010-12-20 22:15 | ワイン  

正泰苑 @芝大門

最近の話題はいま建設中のスカイツリーばかりですが、東京タワーもまだまだ捨てたものではありません。夕方に浮かび上がる東京タワーはとても綺麗ですよ(ちょっと遠いけど・・・)
b0199953_2272983.jpg


ボーナスも出たし・・・ということで、今日は焼肉の名店「正泰苑」に行ってきました
b0199953_2145337.jpg

町屋の本店にも1度行ったことがありますが、今回は会社からほど近い芝大門店にしました


取りあえずのナムル
b0199953_21482248.jpg

レバ刺し。塩とごま油のタレも激ウマです
b0199953_21493299.jpg

塩上カルビ。肉厚、ジューシー。旨し!
b0199953_21501686.jpg

ハラミ。コクあり
b0199953_21504679.jpg

滴る脂が旨い・・・ホルモン
b0199953_21513853.jpg

タン塩。厚めにカットされ食べごたえあり。レモンでいただきます
b0199953_21522071.jpg

ロース切り落とし。しっかりとした噛みごたえ。肉の旨みが感じられます
b0199953_21525759.jpg

正泰苑と言えば上ロース!生で食べても軽く炙っても・・・とにかく旨し!!
b0199953_21542336.jpg

冷麺。ちょっと体が冷えました、、
b0199953_21545247.jpg



なかなか予約が取れないお店ですが、幸い17時から2時間で席が確保できました

少し早目に到着してしまったので、時間つぶしに近くの芝大神宮に行ってみたら結婚式をやっていましたよ
b0199953_22151337.jpg

夕方に結婚式というのも珍しい感じがしましたが、、松明が焚かれたりしていてなかなか風情がありました



しかし正泰苑は足元が寒かった・・・。締めに冷麺を食べて店の外に出たら体が冷え切ってとても寒かったです


あの寒さだけは何とかならないかな、、、


年で代謝が悪いから・・・?


うーん、、そうかも知れません・・・



運動しようっと!




人気ブログランキングに登録してみました
もしよろしければポチッとお願いします!
人気ブログランキングへ
[PR]

by arusanchi | 2010-12-18 21:55 | 焼肉  

カレラ・ピノノワール・セントラルコースト アメリカ

CALERA PINOT NOIR CENTRAL COAST 2008(カレラ・ピノノワール・セントラルコースト)
b0199953_23444513.jpg

やまや池袋西店で購入。前回に続きカリフォルニアのワインです

もはや説明の必要のないワインですが、ブログでは初登場のピノノワールです

キャップシールを剥がしてビックリ!
b0199953_0532126.jpg

コルクではなくてガラスの栓です。こういうのは初めて見ましたがお洒落ですね

ピノノワールらしく色は薄めですが、強い香りがしっかりと立ち上ってきます

アンズやプラムのような少し酸味のある果実の香りがします。ジューシーでしっかりとした旨みの感じられるワインです


ピノノワールに対しては「近づきにくくて難しい品種」というイメージがどうしても付きまとっていました

ピノといえばブルゴーニュだし、ブルゴーニュといえば種類が多くて値段も高く、世界で最も偉大なワインを生む産地です

もちろんピノノワールは過去にも何度か飲んだことはありますが、チリ産のカベルネソービニヨンのように安価で旨みのあるおいしいワインが手に入る環境にあっては、同じくらいの値段で手に入るピノノワールに対しては僕にとって「いまいちピンとこない品種」という評価になってしまっていました

素晴らしいピノを飲むためにはそれなりの投資と経験が必要だという思いがあって、それだけの覚悟がなかったからこのように偉大なワインを生む品種にはふさわしくない印象を抱いてしまっていたのだと思います


このワインは

(1)割と数が出回っている
(2)比較的安価
(3)とにかく有名

という意味において僕の様な素人にもピノノワールの入門編としてはアクセスしやすく、偉大なピノノワールへの足掛かりとしてはとても良いワインだと思いました




人気ブログランキングに登録してみました
もしよろしければポチッとお願いします!
人気ブログランキングへ
[PR]

by arusanchi | 2010-12-17 23:44 | ワイン  

ウォーターストーン・メルロー アメリカ

WATERSTONE MERLOT 2007(ウォータストーン・メルロー)
b0199953_23303393.jpg

有楽町のヴィノスやまざきにて購入したナパヴァレーのワインです

ウォーターストーンは実は2回目で、新宿パークハイアットのニューヨークグリルでカベルネソーヴィニヨンを注文したのが最初でした(この時は1万円しましたが・・・)

普段飲んでいるワインに比べると少し高級なせいか、、開けてまず香りがブワーッと立ち上ってきました

少しオレンジがかった明るい紫色

鼻を近づけてみるととてもまろやかな香りがします。バニラやカカオの様な香りが中心にあって、グラスを回してからもう一度香りをかいでみるとプラム、スパイスなども感じられるようです

うーん、、とにかく香りが良いです。飲まなくても十分なくらい・・・

タンニンはまろやかでとても飲みやすく、一体感があり、口の中に旨さがバランスよく広がる感じです

口から鼻に抜ける香りもとても良く、とてもおいしいワインです



数日に分けて味わいの変化を楽しみたいと思います




人気ブログランキングに登録してみました
もしよろしければポチッとお願いします!
人気ブログランキングへ
[PR]

by arusanchi | 2010-12-14 23:46 | ワイン  

マルシェ・ド・ノエル @東京国際フォーラム(有楽町)

12月10日から東京国際フォーラムで開催されているクリスマス・マーケット「マルシェ・ド・ノエル」に行ってきました
b0199953_20333558.jpg


本場フランスのストラスブールのクリスマス・マーケットさながらの雰囲気が有楽町で体験できます

そう聞いて家でじっとしているわけには行きません・・・

このブログの名前についている「アルさん」とは、何を隠そう「アルザス」に由来しているのですからっ!


ホットワインで温まります
b0199953_20413386.jpg

年末の雰囲気が味わえるお祭りです
b0199953_20462779.jpg



ところでアルザスと言えば・・・


一昨年のフランス旅行ではパリからエペルネーやランスといったシャンパーニュの産地、ストラスブールを経由してコルマールからアルザスワインの産地、そしてディジョンを中心としたブルゴーニュを周ってきました

その中でも最大の目的の一つがリクヴィルに拠点を置くHUGEL&FILS(ヒューゲル)さんを訪問することでした

b0199953_2113641.jpg

試飲ルームからリクヴィルの街を臨む
b0199953_21154228.jpg

ワイン畑から眺めるリクヴィルの街
b0199953_212235.jpg

一面のワイン畑
b0199953_2122306.jpg


カブちゃんのお友達関係のご紹介で東京におけるワインイベントに参加したことがきっかけでヒューゲルさんとお知り合いになり(と勝手に思っている・・・)、その後に予定していたフランス旅行でもそのままの勢いを買ってリクヴィルまで行ってしまったのです

デギュスタシオン(試飲)をさせていただいたり、オーナー自らワイナリー内を案内していただいてギネスブックにも載っているという1715年産の世界最古のワイン樽「セント・カトリーヌ」や瓶詰めしている最中のワインなど、貴重なものを見学させて頂きました

本当に素晴らしい体験で、こうした機会に恵まれたことに感謝しています・・・



ヒューゲルはアルザスを代表するワインですが、価格はお手頃で、とても洗練された素晴らしいワインを生産されています

機会があればぜひ試していただければと思います





人気ブログランキングに登録してみました
もしよろしければポチッとお願いします!
人気ブログランキングへ
[PR]

by arusanchi | 2010-12-12 21:34 | 散歩  

レ・キウーゼ・ネロ・ダヴォラ・メルロー イタリア

LE CHIUSE NERO D`AVOLA MERLOT 2007(レ・キウーゼ・ネロ・ダヴォラ・メルロー)
b0199953_21181357.jpg

最後の1本になったエノテカ・パーティーパックからのシチリア産ワインです

シチリアといえばブドウ品種はネロ・ダヴォラがすぐに思い浮かぶのですが、こちらのワインはシチリア土着品種のネロ・ダヴォラ90%にメルローが10%のセパージュです

明るいルビー色。イチゴのような赤い果実の甘い香りにコーヒーのような焦げっぽいニュアンスが混ざり、また草原のような爽やかな軽さも感じられるような香りがします

たっぷりの果実実と甘みがあり、とても飲みやすいワインです



シチリア産のネロ・ダヴォラはどちらかというと少し苦手なワインでした

というのも、以前目白に住んでいた時に近くにあったワインバーで注文したネロ・ダヴォラがとても苦くて、1本飲むのに苦労した記憶が残っているからです

それ以来ネロ・ダヴォラは避け続けていたのですが、今回はパーティーパックのセットに入っていたことから3~4年振りにネロ・ダヴォラを飲んだことになります

感想は上記のとおりで、目白のワインのようにとても近づきにくくて親しみやすさもなかったあの苦いネロ・ダヴァラとは全く異なるワインでした



イタリアワインはとても種類が多くて入りにくいなぁと思っていたのですが、東京のOAZOに入っているイタリア料理店「パパミラノ」で飲んだプーリア州のネグロアマーロがとてもおいしく、それ以来ネグロアマーロを探して何度か飲みましたがいずれもハズレはありませんでした。しかも値段が安いのがとても良いです


今後はイタリアのワインもいろいろ飲んでみたいと思います



人気ブログランキングに登録してみました
もしよろしければポチッとお願いします!
人気ブログランキングへ
[PR]

by arusanchi | 2010-12-11 21:56 | ワイン  

レ・ゾークル フランス

LES OCRES 2007(レ・ゾークル)
b0199953_015937.jpg

カブちゃんが友達から頂いたワインです

縁の一番外側の色あいは透明に近いほど薄いですが、香りには野性的な感覚も混ざっていて、深遠な森の静かな雰囲気も感じられるような・・・

アタックはあくまでもソフト、色合いのとおり水分が多く酸味を帯びた液体はサラサラと喉の奥に滑り落ち、その後舌の上にやわらかなタンニンがしばらく残る、といった感じです

セパージュはグルナッシュ、シラー、カリニャン、サンソーで、僕の好きな組み合わせ

サンソーに代えてムールヴェードルなんていうのも良くありますよね


いずれにしてもこうきたら南仏方面の産地だと思いますが、ビンのラベルを見れば

VIN DE PAYS DE VAUCLUSE(VdP ヴォークリューズ)

とのこと

不勉強であまり聞いたことがなく、、「ヴォークリューズ」をウィキペディアで調べてみると・・・

『ヴォクリューズ県(Vaucluse)は、フランスのプロヴァンス=アルプ=コート・ダジュール地域圏の県である』

とあります

そして更に続けて

『県の北部から北東部にかけては、ローヌワインの大生産地で、村名AOCであるシャトーヌフ・デュ・パプ、ジゴンダス、ヴァッケラスのほか、カルパントラなど50あまりの村で構成される広大なワイン生産地ヴァントゥーがある』


ザックリ言ってしまえばローヌのワインだということで良いのかな?


ところで、あらためて過去のブログを振り返ってみたら同じVdPヴォークリューズのワインを既に紹介していました、、

親しみやすいローヌの赤


全く学習していないですね、、反省・・・




人気ブログランキングに登録してみました
もしよろしければポチッとお願いします!
人気ブログランキングへ
[PR]

by arusanchi | 2010-12-07 23:51 | ワイン  

ボデガ・ノートン・トロンテス アルゼンチン

BODEGA NORTON TORRONTES 2009(ボデガ・ノートン・トロンテス)
b0199953_21593266.jpg

エノテカのパーティーパックからの白ワインです

あまりワインで「オレンジのような香り」という表現は使わない(?)ような気もしますが、このワインにはあてはまるような気がしました。グレープフルーツでもレモンでもない、でも柑橘系の香りで、これはなんだろう・・・とあれこれ考えるうちに「オレンジのような香り」というのがぴったりくるのではないかと思いました

このブログを書くにあたってエノテカの紹介文をあたってみると

「このワインの特徴はなんと言ってもその香り!熟した白桃、バラ、ジャスミン、青リンゴ、洋ナシなど、多彩な甘~い香りがなんとも魅力的なのです」

とあります

特徴的で今までにない香りだな、、と思っていたので当たらずとも遠からずな感想ではなかったかと思います(でもオレンジとは書いていないですね・・・)

滑らかでふくよかで、少々ミネラルも感じられるおいしいワインです




人気ブログランキングに登録してみました
もしよろしければポチッとお願いします!
人気ブログランキングへ
[PR]

by arusanchi | 2010-12-06 22:09 | ワイン