カテゴリ:和食( 22 )

 

ひさご寿し @河原町四条

ひさご寿し
京都府京都市中京区河原町通四条上ル塩屋町144
075-221-5409
b0199953_2333341.jpg


貴船神社から戻り、暖かい食べ物を求めて直行したのが、ひさご寿し

狙いは蒸し寿司です


僕はセットのメニュー「むしむしセット」、カブちゃんは単品で注文
b0199953_2362941.jpg


まずは緑茶とともにガリが出てきます

やや甘めで、とてもおいしい
b0199953_2365672.jpg


蒸し寿司
b0199953_2372681.jpg


まずはその色鮮やかな盛り付けで目を楽しませてくれます

ホクホクとした酢飯には刻み穴子や椎茸が混ぜこまれ、ふんわりとした錦糸卵も上品な味です

一口ごとに、体の芯からぽかぽかと温かくなってきます



セットの茶わん蒸し
ユリ根などもおいしく、舌触りが滑らか
b0199953_2375743.jpg



単品にはサービスでおすましがつきます
「上品な味」の見本のような一品
b0199953_2382342.jpg



ごちそうさまでした
b0199953_2392221.jpg




人気ブログランキングに挑戦中。応援よろしくお願いします!


[PR]

by arusanchi | 2013-02-18 06:00 | 和食  

イベリコ豚重 @東京駅

3連休を利用して、カブちゃんの実家がある京都へ帰省してきました

金曜日17時きっかりに退社し、一度家に帰って着替え、荷物をまとめて再び丸の内線に乗車


新幹線で食べるべく、カブちゃんが東京駅で購入したお弁当がこれ

イーション イベリコ豚重(1000円)
b0199953_22405534.jpg

b0199953_22411617.jpg



カブちゃんはこの弁当を初めから狙っていたらしいのですが、確かにTVで取り上げられていたのを見た記憶がある

肉は厚みがあり、ボリュームがあって食べごたえがあります

脂身が多めですが、しつこさは感じません

ごはんは少し固めに炊かれていて、柔らかい肉とバランスがいいです

味付けもしっかりしていて、これ一つでカロリーが1000kcalを超えています

普段はこんなに食べないカブちゃんが、ほぼ一人で食べきっていたというのも驚き



これは僕が買ったおこわのお弁当(約900円)
b0199953_22424558.jpg





東京駅は、リニューアルと共に商業エリアもだいぶ拡充された様に思います

お弁当なんかもたくさん売っていて、激戦区ですが、いち消費者としてはよい事かなと思います

食べたいものを選び、購入すればよいだけだから

それにしても、ちょっとやり過ぎかな、というくらいに派手派手しく店が多いのもどうかなと思いますが

もうちょっと味のある駅になっても良かったのになあ、、、



旅のお供に購入したのはコノスルでした
b0199953_22552538.jpg




人気ブログランキングに挑戦中
もしよろしければポチッとお願いします!


[PR]

by arusanchi | 2013-01-15 22:51 | 和食  

水沢手打ちうどん 三升屋 @水沢

正月は群馬へ帰省し、ついでに「まだ食べたことがない」というカブちゃんを連れて伊香保へ出かけました


水沢手打ちうどん 三升屋
群馬県渋川市伊香保町水沢221
0279-72-3018
b0199953_18533886.jpg


水沢うどんは、讃岐、稲庭と並び「3大うどん」の一つと言われているようです

子供のころからこの辺りはよく通ってはいました

しかし、水沢は値段が高いというイメージしかなく、僕自身も実はあまり食べたことがありません

讃岐の本場では200円とか300円でうどんが食べられると聞きますが、水沢では1000円は普通です



事前にネットで調べ、価格が俄然お手頃だということで、こちらの店を訪問してみました

b0199953_18563587.jpg


家族経営風の店構え

周辺の有名店に比べると、非常に簡素なイメージの店内

座敷席が4つ、テーブル席が1つとこじんまりとしています


メニューはシンプルで、「もり」と「かけ」のみ

天麩羅などのオプションはないです

b0199953_18585591.jpg


ここは迷わずに「もり」でいきたい

「かけ」の水沢うどんがあること自体、この時に初めて知りました


カブちゃんは「もり」、僕は「大もり」にしました

そしてこれが「大もり」
b0199953_192460.jpg


600円でこのボリュームがあれば、量的には満足感があります

付け合わせでキンピラと白菜の漬物がついてきます


水沢うどんと言えばゴマダレのようなつけ汁が有名なイメージがあります

こちらはしょう油のつけ汁にスリゴマを混ぜて食べるスタイル


一口食べて、事前に調べた時に見つけた評価コメントが蘇りました

 「汁の味がうすい・・・」

どうしたの?と思うくらいにあっさりとした薄味のつけ汁は、ダシが効いている訳でもなく、ただ薄い・・・


ポジティブに考えると、この薄味がゆえにうどんの旨さが引き立つような気もします

それにしても薄すぎやしないか・・・?


うどんはコシがあってモチモチしていて、とてもおいしいです

だからこそ、つけ汁の味がより一層残念な感じがします(クドいかな)


カブちゃんのうどんの中にハート形をしたうどんを発見
b0199953_19134444.jpg


そうしたら僕のうどんの中にもありました

帰り際にお店の人に聞いたら

 「たまに入っているんですよ」

と言っていましたが、これは明らかに狙って入れたものだと思われます

愛嬌があっていいです


途中で追加のお茶を小さなヤカンで持ってきてくれます
b0199953_19134375.jpg



店に入った時からご主人がトントンとうどんを切る気持ちの良い音が店に響いていました

この後に麺をゆで始めたのでしょうか

評価コメントにも合ったのですが、料理が出てくるまでにやや時間がかかります

でも新鮮なうどんを出してくれているのだと思います

家族的な雰囲気で、ご贔屓にしたい感じの店でした

何せ水沢の中ではコスパがとても良いです



カブちゃんと水沢に来たのは初めてなので、また帰省した時には別のうどん店にも行ってみることにしよう

b0199953_19155128.jpg


※つけ汁対策としては、だし醤油なんかを隠し持って行ったら良いかも(!)




本文とはほとんど関係ないですが、大晦日は不思議な空でした
b0199953_19353236.jpg

b0199953_19353383.jpg




人気ブログランキングに挑戦中
もしよろしければポチッとお願いします!


[PR]

by arusanchi | 2013-01-03 06:00 | 和食  

とんかつ やまいち @神田

普段はほとんど口にしないカブちゃんが、天麩羅やトンカツを食べたくなる時がある

それが人間ドックや健康診断のあと

思えば金子半之助に出かけたのもカブちゃんが健康診断の日でした


今回は人間ドックあとのカブちゃんと淡路町駅で待ち合わせ、トンカツを食べに出かけました


とんかつ やまいち
東京都千代田区神田須田町1-8-4 玉井ビル1F
03-3253-3335
[月~金]11:00~14:20(LO)/17:00~20:20(LO)
[土]11:00~14:00
b0199953_13403393.jpg


11時過ぎに入店したところ、すでに満席になっていました

大変人気のある店のようです


席はカウンター席が4つ、2人掛けのテーブル席が1つ、大きなテーブルは9人掛け

僕たちは9人掛けのテーブルに案内されました



僕は定食のロースと単品のカキフライ、そしてカブちゃんはロースかつ丼と同じく単品のカキフライを注文

カブちゃんが以前から「おいしいカキフライが食べたい」と言っていたので、単品で注文できるカキフライがメニューにあってょうどよかったです


ロースかつ(右上は単品のカキフライ)
b0199953_13464141.jpg


こんなにジューシーなロースカツを食べたのは初めてでした

旨みを蓄えた肉汁たっぷりの柔らかい肉

そして甘くてジューシーな脂身

これらが口の中で混ざり合い、旨みが広がる

b0199953_13471047.jpg




ロースかつ丼
b0199953_13472026.jpg


ただでさえおいしいロースカツを玉子でとじてご飯の上にかける

マズイはずがありません

ジューシーなトンカツとフワフワ玉子を一緒に食べると、口の中が旨みで溢れる

カツのサクサク感をほど良く残す程度に浸みただし汁は、醤油や砂糖の味が強くなく、絶妙なバランスで主役のカツと玉子を引き立てていました


カブちゃんが単品で注文したカキフライ
b0199953_13473352.jpg


さすがに丼に乗せる訳にはいかず、ロースかつ丼を注文したカブちゃんのカキフライ(単品)は別皿で出てきました

このカキフライ、一口食べて「バターやバジルが一緒に入っているのか?」と思ってしまいました

エスカルゴのようなニュアンスを感じてしまったためです

でもこれはカキフライですから、そんなはずはありません

カキ本来のミルキーさをバターと、そしてカキのお腹の緑色の部分(何て呼ぶのかな)をバジルと、それぞれ勘違いしてしまったのかもしれません

大ぶりで1つ食べるだけでも満足感があるカキフライでした


定食のご飯はやや固めに炊かれていて、とてもおいしかった

また味噌汁は赤ダシ、味は薄めに作られていてトンカツの味を邪魔しない

また、柚子のさわやかな風味が効いていました

b0199953_13475339.jpg



店を出る頃には店の外にも行列が
b0199953_13481246.jpg



僕たちは2人でこれだけ食べて3600円でした

ランチにしてはやや高い感じがします

しかしこの行列を見ていると、世の中の人は結構いいもの食べているのかなあ、、、と思ってしまった

また、女性客でも1名で来店していたり、ビールやウィスキーなどを飲みながらトンカツを楽しんでいるお客さんがいたのが印象的です



ただ正直に言うと、最期の方はロースの脂身が少々しんどい感じになってきてしまいました

次回来ることがあれば、今度はヒレにしてみようと思います



淡路町からの帰り、途中で御茶ノ水で下車してみました

b0199953_13482451.jpg



東京にも紅葉の季節がやってきましたね



人気ブログランキングに登録してみました
もしよろしければポチッとお願いします!


[PR]

by arusanchi | 2012-12-01 14:09 | 和食  

御料理 西角 @出町

帰省すると、寄りたくなる家からも歩いて行けるご贔屓の和食屋さん

秋の味覚を堪能したくなって、お昼のコースをいただきました


西角(さいかく)
〒602-0823 京都市上京区出町桝形
075-241-1571

b0199953_20531952.jpg


この日は祝日だったせいか、他の席は家族のお祝いごとのようなグループで満席となっていました

まずは、プレミアルモルツ
b0199953_20554013.jpg


突出し
b0199953_20571045.jpg


お造り
b0199953_2059964.jpg


天ぷらは、お店の自慢だけあって、油っぽさを一切感じさせず、素材はふんわり、サクッと揚がっています
b0199953_2112551.jpg


次に出てきたこの器・・・もしや・・・
b0199953_213872.jpg


秋の味覚の代表選手、松茸の土瓶蒸し
大げさではなく神々しい香りが漂います
すだちを絞っていただくと、香りと出汁の深い味で、何も話したくなくなるほど酔ってしまいます
b0199953_2145470.jpg


炊き合せの器は色鮮やかです
b0199953_2195075.jpg


丹波蒸し
中にぐじを入れて、周りを丹波の栗で覆った秋の食材満載の一品
もう唸るしかない昇天の御料理でした
b0199953_21133891.jpg


ご飯もの
b0199953_21152335.jpg


デザートは、10月に3度目のうれしい自家製の「わらび餅」!
うーん、締めまでしっかりおいしい
b0199953_2122114.jpg




手が空けば片付けまでご自身でされる気さくなご主人がつくる料理には、丁寧な仕事ぶりと季節を感じることができる、貴重なお店です

b0199953_1037119.jpg




人気ブログランキングに登録してみました
もしよろしければポチッとお願いします!


[PR]

by arusanchi | 2012-10-22 06:00 | 和食  

小石川の隠れた魚料理の名店 亀屋 @小石川

GWの中盤、群馬から両親に来て貰い、東京観光をしてもらいました

そして夜、食事に出かけたのがこちらの店


小石川 亀屋
東京都文京区小石川4-5-11 ルート小石川B1
03-3818-0204

家の近所にあるし、両親は魚が好きだし、どうやら評判も良さそう

それに、僕たちも前から来てみたかったたので今回訪問してみました



つき出しの胡麻豆腐のジュンサイがけ
b0199953_2134877.jpg

つき出しでこのレベルは凄い


亀屋では、その日仕入れたお勧めの魚をカゴに入れて席まで来て紹介してくれるようです

この日は10種類くらい魚の説明をしてくれました

その中から親に選んでもらったのがカマスの造り
b0199953_21354155.jpg

カマスなんて開きでしか食べたことなかったですが、刺身でも食べられるんですね

この刺身は甘くて旨かったです

お刺身には、2種類のわさびが添えられていて、細やかなこだわりが感じられました


”インカのめざめ”というジャガイモを使ったポテトサラダ
b0199953_21375474.jpg

湯気が出ているくらいの出来立てで提供されます

なめらかで甘みの強いポテトに、ぴりっと胡椒が効いていて、ビールに合います


ビールに続いて頼んだのが石川県の日本酒、加賀鳶(4合=720mlボトル)
b0199953_21412342.jpg

ワインを飲み慣れてしまうと日本酒はどれを飲んでも甘く感じてしまう気がします

しかしこの純米吟醸は辛口でサッパリと頂ける、とてもおいしい日本酒でした

和食や刺身に日本酒は間違いない


ゴボウの唐揚げ
b0199953_21435958.jpg

大ぶりにカットされたゴボウを揚げたものですが、青海苔が混ぜ込んでありました

磯の風味と、大地から採れるゴボウの土臭さが意外に合います


そして、お造り
b0199953_21464923.jpg

群馬で食べる魚と違って全然臭みがなく、とてもおいしいと両親も喜んでくれました

タコのお造りは透き通っていて、噛むと旨みが口に広がります

タコの卵という珍しいものも出てきました(写真の右上の白いお皿の中)

どの魚も新鮮で、おいしかったです


カマスの刺身を食べた後、骨を唐揚げにしてくれました
b0199953_21485038.jpg

カラッと揚がった骨をポリポリと食べる

これもおいしかったなあ


だし巻き玉子
b0199953_215026100.jpg

ふわふわでジューシーな玉子焼き


最後に頼んだ鯛飯(1.5人前)
b0199953_2153095.jpg

土鍋で炊かれたご飯は艶やかで、鯛から出た出汁がいい具合に浸みていて、あっさりしたものを食べたくなる食事の締めにちょうど良かったです



銀座あたりにあってもかなり繁盛しそうですが、小石川にあるせいか落ち着いて食事をすることができます


灯台もと暗し

またいい店を発見できたようです




人気ブログランキングに登録してみました
もしよろしければポチッとお願いします!


[PR]

by arusanchi | 2012-05-04 20:00 | 和食  

札幌出張とグルメ三昧

採用活動のため、ここ数年は恒例になっている3月の札幌出張に行ってきました

この時に食べてきたものをつらつらと記載しておきます

まずは土曜日の昼に出かけた寿司屋
b0199953_18445380.jpg


狸小路近くにある店です

もともとはラーメンの山岡屋に行こうと思っていました

だけど、50mくらい手前から背脂の匂いが漂ってきていた

昼からこのラーメン屋に入ると服に匂いがべっとりとつきそうだったのでラーメンはやめて、適当に入ったのがこの寿司屋

しかし扉を開けた瞬間にやばい雰囲気が・・・

先客は常連のような年配の男女が1組、他にはいません

昼時なのに?


頼んだのはサーモンとイクラの丼
b0199953_1846774.jpg


b0199953_18463387.jpg


味の方はノーコメント

サーモンとイクラ自体はおいしかったです



夜は気を取り直して、学生時代に住んでいた頃によく通った六宝亭に行ってみました

六宝亭
北海道札幌市北区北21条西4-1-17
b0199953_1961467.jpg


学生街にある安くてボリュームたっぷりの店です

もし六宝亭を知っている人がいれば(そうとう限られそうですが)、何故わざわざ札幌に出張して六宝亭に行く必要があるのか、と疑問に思うかもしれません

だけど北18条から北24条にかけてのあたりは懐かしくなって毎回出かけてしまいます

住んでいた場所は変わっていないかな、とか

そして学生時代に食べたものもまた食べてみたくなってしまう

思い出と食の記憶は密接に結びついていると思います

心の中で注文するものは決まっているのに、バイト君に

 「おすすめは?」

と聞いてしまった自分に若干後悔しました

 「そうですね、唐揚げ定食です」

唐揚げ定食はこの時間から食べられないよ・・・と思いながら、結局想い出の丼を注文

バラカツ丼
b0199953_1991916.jpg

ヘヴィーさでは唐揚げ定食と変わらないじゃないか、というツッコミがありそうですね

でも肉の量は少なめ(?)です

ちょっと湯気でレンズが曇ってしまいました
b0199953_19121576.jpg


これで値段が525円

たしか僕が学生の頃は500円だったような記憶があるので、消費税分だけ値段にオンしたのでしょう

精算時に先のバイト君に

 「15年前と値段が変わっていないね」

と言ったら

 「15年前はいなかったんで」

まあそりゃそうだけどさ

おっさん、ただ”15年前を知っている”と言いたかったんだよね


マニア向け情報としては、近くの六宝飯店もまだやっていましたよ、とお伝えしておきましょう



日曜日の昼はちょっと豪華です

函館うに むらかみ
北海道札幌市中央区北3条西4丁目 日本生命札幌ビルB1F
011-290-1000
b0199953_19152178.jpg


カブちゃんが以前行ってみておいしかったということで行ってみました

頼んだのは三色丼
b0199953_19181921.jpg


うに、いくら、タラバ
b0199953_19183210.jpg


おいしいけど、量が少ないな・・・

いや、仕方ないと思うんだけど

フロアの女性に見覚えがあって、思い出したのが数年前のグランドホテル

学生と合っているカフェの店員さんだったはず

レジで聞いてみたら確かにその通りだったみたいで、この店ができる時に声がかかり、興味があったので移ったのだそうです



帰りは下見しておいた大丸のワインショップで北海道のワインを買って、また空港でも余った時間でワインを買ってきました

これはまた飲む機会に紹介したいと思います




人気ブログランキングに登録してみました
もしよろしければポチッとお願いします!


[PR]

by arusanchi | 2012-03-20 19:59 | 和食  

練り物専門店、栄屋 @東池袋

今日は会社を休みました

いろいろと溜まった雑務を片付け、一段落したところで池袋まで歩いて出かけることにしました


池袋へ行く道すがら立ち寄るスポットとして、このブログでもたびたび登場する日の出商店街ですが、今回も立ち寄ることにしました

お目当てはこちら


栄屋
東京都文京区大塚6-17-2
03-3941-7500
b0199953_17552198.jpg


最近とりわけ寒い日が続いているので、おでんでも作ろうと思ったのです


先客が一人いたので順番を待っている間、その先客と栄屋のおかみさんの会話が聞こえてきました

おかみさん曰く、

「こないだ来たお客さん、インターネットでおいしいって紹介されているのを見てウチに買いに来てくれたんだって」

「ここの商店街も写真入りで載ってるみたいよ」


それを聞いた瞬間、「そのネットで紹介している人って、俺じゃない?」と思いました

だって以前にも書いているから(こちらご参照ください)

あれ、だけどよく見たら一言も「おいしい」とは書いていないじゃないか・・・

じゃあ僕じゃないのか、そのブロガー

残念、、、


メガネ&マスクの恰好で、平日の昼間からおでんを買いに来ている成人男性もあらためてしっかり書かせて頂きます



さて、今回購入したのは以下の品々

 はんぺん
 昆布
 ギョーザ巻き
 シューマイ
 ツミレ
 うずら巻き
 イカ
 がんもどき(京都では”ひろうす”)

それに近所のスーパーで大根としらたきを買ってきて、おかみさんにいただいた”おでんの素”で煮込んでできたのが、こちら
b0199953_20595997.jpg


やっぱり練り物専門店で買うとおいしいです

特にお気に入りがうずら巻き、はんぺん、ギョウザにシューマイ



お店ではおでんの汁(素ではなく液体の方)もくれるようです

「持っていきますか?」と聞かれたのだけど、これから池袋に行くので荷物になってしまうので断わってしまいました

ご近所風のおばさま達は、ビニール袋におでんと汁を一緒に入れてもらっています


いつかこの汁をもらって帰りたいと思っています


b0199953_18295023.jpg



おまけ

久々に池袋でラーメンを食べに行きました

屯ちん
b0199953_18372640.jpg


前回来たのはもう5年くらい前になるのかな

東京豚骨ラーメンが売りのラーメン店です

中盛りも大盛りも並と同じ値段ということで、とてもコスパが良いラーメン店です

ただ、前回来た時はあまりおいしいと感じませんでした

しかし今日も満席で、相変わらず人気のある店ですね


今回は、魚豚ラーメン(680円)の中盛りを注文

b0199953_18394432.jpg


どうでしょうか。見た目はとても体に悪そうです

周りは若者ばかりだし、中年が食べても中性脂肪とか大丈夫でしょうか

この赤い上澄み(何ていうのでしょう)の下に豚骨スープが隠れていて、かき混ぜるとまろやかな感じになります

いざ食べてみると、おいしい・・・

中太の縮れ麺はスープをよく掬い上げます

チャーシューも柔らかくて旨い

頭の中ではこのカロリーをどうやって消費するかを考える一方で、ラーメンを食べる手と口は止まりませんでした




人気ブログランキングに登録してみました
もしよろしければポチッとお願いします!

人気ブログランキングへ
[PR]

by arusanchi | 2012-02-17 21:01 | 和食  

根津とうふ工房 須田 @根津

久しぶりに根津に出かけてました


一律100円で乗れる文京区のコミュニティバス、「B-ぐる(びーぐる)」に乗り、千駄木で下車

歩いて10分ほどで到着したのがこちらの店

根津とうふ工房 須田
東京都文京区根津2-19-11
03-3821-0810
b0199953_1139036.jpg


近くにはこの「根津とうふ工房 須田」の他に「根津とうふ屋 須田」という店もあるようです

また、亀有の方には「しゃもなべ日本料理 須田」という店まであり、全部で3店舗ほど構えている様子


お茶の代わりに最初に出てくるのがこの豆乳
b0199953_11394044.jpg

大豆の味がしっかりと出ていて、甘みすら感じられるおいしい豆乳でした

僕が特選昼膳(1575円)を、カブちゃんが昼膳(1050円)を注文


豆腐と油揚げ(昼膳/特選昼膳)
b0199953_11401394.jpg

豆腐は大盛も無料で頼めるみたいだったので、僕は大盛を注文

真っ白で柔らかく、コクのあるこの豆腐には、塩もしくは醤油&ショウガをかけていただきます


油揚げ
b0199953_11411497.jpg

そして隣にある油揚げですが、これが凄かった

甘い味噌を塗って焼いてあるのだけれど、外側がパリッと香ばしいながら、噛むと中からジュワッと旨みが出てくる

油揚げがこんなに旨いものかと思いました

一緒に出てくる刻み葱をつけていただきます


ヒジキご飯(昼膳)
b0199953_1142689.jpg

さっぱりしていて、油揚げのおかずとの相性がとても良かったみたいです


揚げ出し豆腐(昼膳)
b0199953_11424326.jpg

僕も少しもらって食べたけれど、出汁がおいしかった


天重(特選昼膳)
b0199953_11431925.jpg

穴子(だと思う)、カニ、ニンジン、里芋、湯葉などの天麩羅の入った天重です

湯葉の天麩羅は初めて見たので(たぶん)、お店の人に「これは何ですか?」と思わず聞いてしまった

タレはかかっておらず、天つゆが別の器に入って提供されます

また天麩羅も脂っこくないし、とてもおいしかった


味噌汁(昼膳/特選昼膳)
b0199953_11434852.jpg

出汁が効いていておいしい


デザート(昼膳)
b0199953_11441153.jpg

ムースです

ソフトクリーム(特選昼膳)
b0199953_11443335.jpg

甘くなくて良かった

豆腐の香りもしたので、きっと混ぜているのでしょう

甘い物があまり好きではないカブちゃんも珍しく手を伸ばして食べていた



店内では油揚げやお稲荷さんなども販売していました

これは買って帰ってきた小ぶりなお稲荷さん
b0199953_127568.jpg


店頭では豆腐も販売していました
b0199953_127269.jpg




店内はほぼ満席で、結構人気があるんだなと思いました

料理はどれもおいしかったし、値段もそれほど高いものではないし、更に豆腐だから体にもヘルシー



また近くに来ることがあれば立ち寄ってみよう



人気ブログランキングに登録してみました
もしよろしければポチッとお願いします!
人気ブログランキングへ
[PR]

by arusanchi | 2012-01-29 12:09 | 和食  

レストラン よねむら 祇園本店

京都、大晦日前夜の12/30


身の引き締まるような冷気の中、期待に胸を膨らませながら祇園にある「レストランよねむら」の暖簾をくぐりました


レストランよねむら 祇園本店
京都市東山区八坂鳥居前下ル清井町481-1
075-533-6699
b0199953_1257514.jpg


銀座店は何度か利用していますが、祇園本店は僕は今回が初めて

1993年に木屋町にオープン、2001年にここ祇園に移転しているようで、カブちゃんは木屋町に店があった時代によく利用したそう

羨ましい・・・


この日飲んだワインはこちらご参照ください



キャビアとマッシュルームをブリオッシュの上に乗せたもの
b0199953_12581791.jpg



パン
b0199953_12584632.jpg

いつも思うのだけれど、このパンが甘くてうまい

店員さんに秘密を聞いたところ、フランスパンの形をしているけれど素材はイギリスの山型食パンのものをベースにスキムミルクが入っている、とのこと

面白いですね


香箱蟹の飯蒸し
b0199953_12591198.jpg

蟹の飯蒸しはよねむらの定番料理でしょうか

ホワッとした蟹の旨み、蟹の卵、もち米との組み合わせは絶品

白ワインとの相性も抜群


野菜のスープ
b0199953_12595543.jpg

分厚くカットされたベーコン、大ぶりなハマグリなどが入っていた

クリーミーなスープに濃厚なベーコンが合うし、ハマグリはまたクラムチャウダーを連想させる

ワインにも合わないはずがない


茄子とトマト
b0199953_1302654.jpg

茄子の上にはイカとウニが乗っている贅沢な一品

ちょっと水っぽい感じがしました


フグの唐揚げとソテー
b0199953_130586.jpg

プリプリのフグの旨さ

ソース2種類が一つの皿の上にかかっています。左右でソースの色の違いが分かりますでしょうか


フォアグラ
b0199953_131478.jpg

ル・クルーゼのココットに入っているのはジャガイモ、カブなどの野菜、そして頂上にはフォアグラ


大根おろしがけのコンニャク
b0199953_1323292.jpg

給仕してくれた人が「私がこのコンニャク担当で、毎日作っているんですよ」とのこと

柔らかく仕上がった手作りコンニャクとポン酢は口の中をサッパリとリセットしてくれます


フィレとロース
b0199953_133384.jpg

カブちゃんが選んだ肉料理にしてよねむらの定番

この器が面白くて、中が空洞になっていて温められた空気が入っているので料理が冷めにくくなっています


朝締め鳥のソテー
b0199953_1333388.jpg

僕が選んだ鶏肉のソテー

新鮮さゆえのこのレア感


肉料理につけ合わせのナメコ
b0199953_1341310.jpg

スダチを絞って食べればサッパリ。肉の脂も洗い流す


スッポンのラーメン
b0199953_1345010.jpg

これも定番料理でしょうか

スッポンの肉や卵も入っていて、これを食べると視力が回復したかのように目もパッチリしてくる(様な気がする)


ちりめん山椒ごはん
b0199953_1352179.jpg

「もしよろしければ」と確認してくれた上で、これはお好みで提供してくれます

カレーとの2択になりますが、お腹に余裕がなければ食べなくても大丈夫

よねむらはカレーランチも有名なのでカレーももちろんおいしい

しかし、肉料理手前あたりでかなりの満腹感なので、、、カレーは無理と判断

一口分くらいで、とお願いしてちりめん山椒ごはんにしてもらいました


口直しのシャーベット
b0199953_1355384.jpg

器とスプーンは錦市場の刃物の名店、有次のもの


モンブラン
b0199953_1362054.jpg

カブちゃんが頼んだデザート

モンブラン好きなので悩まずに選択していました


ロールケーキ
b0199953_1364685.jpg

僕はロールケーキ

甘めで玉子たっぷりな感じの生地がおいしかった


クッキー
b0199953_1371139.jpg



他にコーヒーが出てきます




毎回そうですが、最後まで食べきるまでにかなりお腹がいっぱいになります

窓際の席には年配の夫婦とおばあちゃんの3人家族で来ていたのですが、このおばあちゃんがニコニコしながら余裕で(?)完食していたのにはびっくり

あの年齢で健康的においしいものが食べられるというのは幸せだろうなあ



今回初めてオーナーの米村氏ご本人に会いました

明るいブラウンに染めた長髪と柄物の前掛けが、料理人というよりはアーティストなイメージを連想させます

客がカウンター席に着くと目の前に来て軽く会釈をしたり、作業をしている若い料理人のそばについて教えたり、帰る客がいれば後の客のために椅子の上のホコリを自分で拭いて落としたり、結構ちょこまかと働いていました

聞いてみれば、これでも昔に比べるとポーションはこれでもかなり減ったのだそう

「昔は若かったですし」

歳とともに自然と変化していったのでしょうね

この日の朝に東京から戻ったそうで、運が良ければ銀座店で出会うこともあるのかもしれません


10人前後の店員が活発に働いている姿を見ながら食事をするのはなかなか楽しい
b0199953_137552.jpg


ショーを見に行くような感覚で、それでレベルの高い料理が食べられるのならば、それだけの価値はあると思います

今回も大満足で店を後にしました






帰り道、大晦日前夜の八坂神社にも立ち寄りました
b0199953_1384764.jpg


八坂神社から知恩院、平安神宮と歩いて行く

夜、白熱灯の黄色い明りに石畳の景色


どこかで見覚えがあるような気がしました





人気ブログランキングに登録してみました
もしよろしければポチッとお願いします!
人気ブログランキングへ
[PR]

by arusanchi | 2012-01-05 06:00 | 和食