カテゴリ:洋食( 12 )

 

こけし屋 朝市 @西荻窪

久しぶりに西荻窪のこけし屋の朝市に出かけてみました


こけし屋
東京都杉並区西荻南3-14-6 1F~3F
03-3334-5111
b0199953_1323238.jpg


こけし屋では毎月第2日曜日の朝8時から11時まで、しかも雨天決行で「朝市」なるイベントを催しています

”洋菓子とフランス料理”と名乗るこのこけし屋が行う「朝市」とは、一つの店が主体となって開催している露店の集まり

ある種の”祭り”のようなものであるのではないかと考えています


普段は厨房の中で黙々と料理を作る料理人たちが、月に一度は自分たちの作ったものを直接にお客さんの顔を見ながら販売する

そんなハレの場としての役割を果たしているのがこの「朝市」なのではないか、と




僕たちはこれで2回目の訪問

今回、僕たちが到着したのは7時半ごろ

朝早いというのに、すでにこの時間に人が並んでいます


朝市がオープンしてまず初めにすることは、店内の席の確保

店の外にも席はあるのですが、この時期の朝はまだ寒い・・・

b0199953_13275935.jpg

b0199953_13281635.jpg



仔羊の炭火焼
b0199953_13291854.jpg

これは中がほぼレアの状態で、あまりここまで生っぽい羊肉は食べたことがなかったですが、おいしいです

柔らかくて、これは赤ワインがよく合いそうです


作り立てのオムレツ
b0199953_13294237.jpg

ふわふわのオムレツは、プレーンとミックスの2種類から選べます

僕たちはミックスにしました


周りでカレーやハヤシライスを頼んでいる人が多かったので、真似して頼んでみたハヤシライス
b0199953_1330476.jpg



赤ワインは軽めのボルドー
b0199953_13303621.jpg



ブロッコリなどが入ったキッシュ
b0199953_13311562.jpg



白ワインはシャルドネだったと思います
b0199953_13313536.jpg



周りを見ていると、食べたらさっさと帰っていく人が多い

もしかしたら地元の人で、月に一度の朝ごはん代わりに利用している人が多いのかも知れません

彼らにとっては日常の暮らしに溶け込んだ、普段通りの「朝市」なのかも


僕たちはせっかく電車代を払って西荻窪にやってきたので、朝市の終わった後にいくつかパン屋巡りなどをしました(これはまた別途取り上げたいと考えています)


しばらくしてまたこけし屋の前を通ったら、まだたくさんのお客さんで賑わっていた
b0199953_13344543.jpg



なかなか楽しいイベントです

また西荻窪までパンを買いに来るときに立ち寄ってみよう



人気ブログランキングに挑戦中。ポチッと応援よろしくお願いします!


[PR]

by arusanchi | 2013-03-18 06:00 | 洋食  

レストラン あづま @銀座

築地に行った帰りに洋食屋さんで遅めのランチを食べました

我々は初めての訪問でしたが、銀座で40年以上営業している老舗のようです


レストラン あづま
東京都中央区銀座6-7-6 西六ビル 1F
03-3571-0392
b0199953_2394026.jpg

こじんまりとした店構えの扉を開けると、3時近い時間にも拘わらず、テーブルが埋まっていました

地下一階に案内されて階段を降りていくと、長距離列車の食堂のような雰囲気の空間が広がっていました

ランチセットのコンソメスープ
b0199953_23102063.jpg


ケチャップオムライス
b0199953_23103785.jpg

選べる付け合わせはカニクリームコロッケにしました

柔らかくてぶりんとした食感のカニクリームは期待通りのおいしさ

2つもお皿に乗っています


トロトロとした玉子にはケチャップとデミグラスソースの2種類がかかっています

デミグラスソースも合うのだけれど、やはり好みはケチャップ

ケチャップの少しの酸味と甘さが玉子に合う

これは黄金の組み合わせ


お好みセット
b0199953_23105780.jpg

こちらは2品料理を選ぶことができます

肉汁たっぷりのハンバーグと、粗目のパン粉がサクサクのカニクリームコロッケをチョイス

ポテトやナポリタンまで乗っていて、色目は似てますが(茶色っぽい?)、色々な料理を一度に楽しむことができます


b0199953_23114090.jpg

赤白のチェックのクロス、ひとつのお皿に盛られたお子様ランチを思う出させる賑やかな料理たち

気取らない雰囲気で、家庭のハンバーグやコロッケよりもひと手間、ふた手間かかっているのに銀座と思えないようなお財布にも優しい価格、そして満腹感


利用しやすいお店です

ひとつだけお願いがあるとすれば、店内の全面禁煙くらいでしょうか。。。

美味しさが2-3割増しになりますよ、きっと!



人気ブログランキングに挑戦中。ポチッと応援よろしくお願いします!


[PR]

by arusanchi | 2013-03-14 06:00 | 洋食  

純心庵 @清水五条

純心庵
東山区松原通大和大路西入弓矢町24-1
075-525-5068
b0199953_113324100.jpg


カブちゃんが京都の学生時代からご贔屓にしている店

そんなカブちゃんに連れられ、僕も何度か訪れたことがあります

もともとはステーキをメインにしていた店なのだと思いますが、食いしん坊の店主が今の純心庵を造り上げたということなのだと思います

現在はステーキのみならず、魚介類をも使用した素晴らしい料理を提供している

店舗はすでに3箇所ほど移転をし、現在の場所に移ってからは3~4年程度経過していると思います



今回はカウンター席に案内されました

テーブルには「写真お断り」の注意書き

記念写真は店主に断わればOKということのようですが、僕たちはブログに書くことが目的

黙って写真は一切取らないことにしました

なので冒頭の店舗の外観写真のみです

それでも取り上げたかった

そういう店です



まずはワインを注文

メニューにはグラスワインといくつかのボトルワイン(フルボトル)が用意されていましたが、僕たちはいずれも量的に合わないため、ハーフボトルがないか相談しました

ハーフは置いていないけれど、ハーフに相当する量をデキャンタで出してくれるということで、赤ワインを注文

説明では確かニュージーランド(オーストラリア?)のスパイシーなワイン、と言っていたと思いますが、ぶどう品種はピノ・ノワールでした

カジュアルで飲みやすいワインだったように思います



まずは先つけの3種の盛り合わせ

チーズの味噌漬け、ロースハムのワサビマヨネーズ乗せ、それに塩辛の燻製

特に塩辛の燻製はおいしかった

店主に聞けば、造り方は聞いてしまえば単純なもの、ということですが、塩辛を燻製にしたものってこれまでに食べたことがありません

チップの香り漂うこの一品だけで店のレベルを感じてしまう



そして純心庵風サラダ

これは名物になっているようです

魚や貝を多用したサラダに、別に提供されるドレッシング、そしてトッピングとしての刻み海苔とシリアル

全てをサラダに混ぜ、箸でよく混ぜ合わせていただく

ドレッシングの量はちょうどよいし、全体が馴染んだところでこのサラダは頂点を迎える

ただのサラダと侮るなかれ

一度はご賞味いただきたい、素晴らしい一皿です



続けては殻ごと提供されるカキの一皿

これはいわば小さな鍋

鍋料理が、カキの殻を鍋に見立て、提供されているようなイメージです

カブちゃんと

 「これは小さな鍋料理だね」

と話しているところに提供されたのは、小皿に盛られた”ご飯”

これ以上にドンピシャの組み合わせは無いと思います

この”ご飯”を、カキを食べた後の殻に残った汁を吸わせ、すする

まさに”鍋を食べている”としか表現のしようがない

この瞬間には店主と笑みを交わさざるを得なかった

それほどまでに、店主の狙いと客の思いが一致した料理です



そして白子のチゲ風

白子にキムチのような辛みソースを会えて焼いたもの

今度は白子のキムチ鍋です

合わないはずはない

 「これはサービス」

といって提供されたのは、旬の生の白菜に、ただこのキムチ風ソースをかけたもの

それでも甘い白菜はおいしく感じられます



メインの牛タンのシチュー

僕は、牛肉はシチューで食べるのが一番おいしいと思っています

純心庵では特にこの牛タンが人気があるらしいです

もともとステーキハウスである純心庵は、初期の頃からビーフシチューは提供していたと思います

ル・クルーゼの小さなハート形の鍋に入れられて提供される

これはもう本当にうまい

ホロホロと崩れる程に柔らかく煮込まれた牛タンのおいしさ

純心庵ではバゲットではなくカンパーニュが提供されますが、このパンにシチューを浸みこませて食べるととてもおいしいです



そしてデザートはヴァニラアイスのウェハース添え

ヴァニラアイスもさることながら、僕が注目したのはウェハース

厚みのあるウェハースがおいしかったということを記憶しています

一緒に提供されるコーヒーは、アイリッシュウィスキーなどで味付けしているのだそうです





今回はランチで訪問しました

いくつかコースがあるのですが、僕たちは一番安価の雪コース(3千円)をいただきました

9種類の料理が出てくるものですが、非常にヴァリューがあると思います

東京の3千円のランチでこれ程の品数とレベルの高い料理を提供する店がそうそうあるでしょうか



スキンヘッドに個性的なメガネをかけた店主は体育会系の筋肉質なイメージ

そんな店主が厨房で若い料理人を叱っている姿を見ても驚かないように

ずっとずっと昔から、これがこの純心庵の景色

昔しっかりと叱られていた女性料理人の方は、今では料理からはほとんど手を離れ、厨房から接客をしています

あれほど怒っていた店主とも、にこやかに、あうんの呼吸で店を仕切っている

あれは店主の愛情にあふれた指導の姿だったのでしょうね

時を経て、がっちりとした信頼感のもとに、安心して安定した料理の数々を提供している純心庵



もし京都に行くことがあればぜひ訪れていただきたい店です





人気ブログランキングに挑戦中。応援よろしくお願いします!


[PR]

by arusanchi | 2013-02-21 12:37 | 洋食  

ヨーロッパ軒 @京王百貨店

カブさんがアルさんに秘密で週イチペースで密かにHPの新着情報をチェックしていたお店


ヨーロッパ軒
福井県福井市順化1―7―4
TEL.0776-21-4681



いつか東京で食べる機会がないものか・・・

ずっとずっと催事情報をモニターしていたところ昨年末に
〝新宿 京王百貨店(東京)にて『福井県観光物産展』に出店します。イートインでのお食事と、カツ丼・ソース等のテイクアウトが出来ます〟
という情報をキャッチ

第17回 福井県 越前・若狭の物産と観光展@京王百貨店 新宿店
(2013年1月24日~29日)
b0199953_2224611.jpg



やっとやっとその日が訪れました

たっぷり20年以上はご無沙汰していたヨーロッパ軒の〝ソースカツ丼〟〝パリ丼〟


カブ母の親類が福井県敦賀市に住んでいた縁で度々訪れたことのあるこの洋食店

カリっと香ばしく揚がったカツと甘めのソースは病みつきになる美味しさでした


その美味しい思い出をアルさんにしばしば語っていたのですが

 「子供の時に美味しいと思っていたものでも大人になって食べるとそうでもなかったりするからね」

とそっけなく返されていました


なので、休日の朝早くから新宿に向かいアルさんに実食してもらうことにしました

11時過ぎにデパートに到着した時にはイートインコーナーには行列ができていました
b0199953_22301577.jpg


ディスプレイに気分が高揚
b0199953_22311986.jpg


イートインコーナーでは〝越前おろしそば〟も食べられるみたい

これもなかなかおいしそう
b0199953_22333016.jpg


じゃ、前菜としておそば、メインを丼で・・・
b0199953_22342216.jpg


まずは〝越前おろしそば〟

出汁の濃さがちょうどいい

おそばは平たく、薄めに切られている麺にコシがあって、さっぱりと喉越しがいい
b0199953_22394479.jpg


福井県のそばに注目したことはなかったのですが、意外な逸品に巡り合えてラッキーでした



そして・・・

ソースカツ丼
b0199953_22415851.jpg

b0199953_22422496.jpg


「まず、見た目が地味。にも関わらず、非常にきめ細かいパン粉で揚げられたカツは香ばしく、肉はしっかりと旨みが感じられる。しっかりと生地に馴染み、野菜の甘みすら感じられるソースがウマい」

というのが、アルさんの感想

「ほーら、言ったでしょ!」とカブさんドヤ顔


次にこれまたお勧めの逸品

パリ丼
ヨーロッパ軒の店名にちなんでいるのか?メンチカツの丼
b0199953_225031100.jpg


カツの方も同じですが、このメンチカツも通常目にするものより厚さがやや薄め
なので、肉汁たっぷりというよりも脂っこさがなく、さっぱりといただけます
上述のソースとももちろん相性ぴったり


家でもこの魔法のソースをかければ、コロッケやメンチカツのレベルが数段上がりそうなので一本入手
b0199953_22555772.jpg



午前中からたっぷり丼を平らげて、お腹をさすりながら福井県名産品を冷やかして帰りました
脚光を浴びる北海道物産展に比べるとインパクトが薄い福井県の物産展ですが、越前がに、焼き鯖寿司、小鯛の笹漬、羽二重餅などなど・・・結構イケてます


もっと頻繁に来てほしい・・・ヨーロッパ軒
年に一度の東京での催事だと七夕の織姫と彦星のようです

b0199953_232899.jpg





人気ブログランキングに挑戦中
もしよろしければポチッとお願いします!
>

[PR]

by arusanchi | 2013-01-29 06:00 | 洋食  

立石のお惣菜あれこれ @京成立石

京成立石の鳥房で食事をした後、ぶらぶらと街を冷やかしてみました

寄ってみたいと思っていたお店のひとつがここ


倉井ストアー
東京都葛飾区立石2-18-4
03-3691-4593

居酒屋風に提灯がかかっていますが、店内に食材が見えるので、ここがお目当てのスーパーと判明
b0199953_21115812.jpg


このストアー、食べログのジャンルは「デリカテッセン」
ザ・下町と言った感じの立石にデリカテッセンという言葉がちょっとアンマッチ?

でも、間違いなくお惣菜のラインナップが充実していました

面白いのはここで売っているアルコールとお惣菜を店内でいただけるスペースがあること
なので、提灯とのれんがかかっていたんですね
b0199953_2117147.jpg

b0199953_2118354.jpg


この後紹介しますが、ここでは大好物のポテサラを購入
お店の方が「これ、どうぞ」と作り立てのアツアツの揚げポテトの試食を勧めてくれました
素朴で美味しい。居酒屋スペースでビールと一緒に食べたら合いそう

どのお惣菜もリーズナブルで、美味しそうでした
スーパーと居酒屋が一緒になっているシステムはなかなか斬新です
b0199953_12584336.jpg



京成立石駅前に戻ってくると、何とも味な昭和な感じのお店がたくさんありました
b0199953_21245519.jpg

b0199953_21255512.jpg

b0199953_21263197.jpg



「サクライの餃子屋さん」のお惣菜に魅かれて、ここでも野菜サラダを購入(後ほどでご紹介)
b0199953_212811.jpg

b0199953_21285292.jpg



お客さんが絶えない駅前の「愛知屋」では、コロッケとハムカツを購入
b0199953_21494180.jpg

b0199953_21502771.jpg



アミューズメントパークのようなバラエティに富んだ商店街
b0199953_2136588.jpg


面白い街です
スカイツリー観光とセットで周ると新旧の東京の風景を両方堪能できますね

b0199953_21393026.jpg



実食>ポテサラ
右:サクライの餃子屋さん・・・粘りのあるじゃがいも(メークイン?)としっかりした味付けで、完成度が高く、美味しい
左:倉井ストアー:サクライのじゃがいもよりもホクホクとした食感で、シンプルな味付け。大きめのハムの塩気がいい
b0199953_21403227.jpg


実食②>愛知屋のコロッケ
粗めにマッシュされたポテトとひき肉を、淡いキツネ色に揚げています
素朴で、懐かしい味です
b0199953_21542394.jpg



今度は大きめのエコバックを用意して、お惣菜屋さん巡りに出かけたいです




人気ブログランキングに登録してみました
もしよろしければポチッとお願いします!


[PR]

by arusanchi | 2012-10-30 06:00 | 洋食  

牛蔵売店 @富士見台

6月に源烹輪を訪問した時、富士見台でパン(ロンシャン洋菓子店)、焼き芋(産直のお店 トキワ)など「ご当地グルメ」を入手しましたが、人気のこの店にも寄ってみました


牛蔵売店 @富士見台
東京都練馬区貫井3-10-2 コイケビル1F
03-3970-2686

b0199953_2030547.jpg


同じ場所にある「焼肉問屋 牛蔵」は、コストパフォーマンスの良さで、予約が取れないことで有名な店だそう

その店のお惣菜販売部門がここ


色々おいしそうなものが並んでいて、あれもこれも買ってみました

ハンバーグ
b0199953_20334027.jpg

メッシュのような肉は弾力があって、柔らかい

つなぎのパン粉はほとんど入っていない感じ

ソースに肉汁の味が混じっていて美味


ポテサラ
b0199953_20354689.jpg

ビジュアル的には、茹で卵や、パプリカの色鮮やかさもあってなかなかの美人

ただ、最近ポテサラにはちょっとうるさい我々には、じゃがいも自体にいまひとつ魅力がない気がしました

もう少し粘り気のあるじゃがいも(メークィーンとか)ならいいかも


牛すじ
b0199953_2044851.jpg

牛肉がほろっと口で溶ける程柔らかい

醤油、砂糖、ショウガ(?)などの味付けが絶妙

これはビールのお供にもいいし、ごはんとも合いそう


揚げ物たち
b0199953_2048860.jpg


左:串カツ

ジューシーかつ柔らかい牛肉と、サクサクの衣は、最強のコラボ

カロリーの高さは気になるけれど、この2つの食感はたまりません


右上:メンチカツ

上述のハンバーグ同様、つなぎがほとんど入っていないせいか、柔らかくて、牛肉そのものの味がします

今まで食べたメンチカツの中でもかなり上位に入るくらいおいしい


右下:コロッケ

お饅頭のような形が独特

ポテサラのじゃがいもはいまひとつでしたが、コロッケは男爵と思われるじゃがいもがいい具合に潰されて入っていました

これはビールが進みますね


お値段も手ごろだし、今後源烹輪へ行く時には、必ず寄り道コースに入れることに決定!です



人気ブログランキングに登録してみました
もしよろしければポチッとお願いします!


[PR]

by arusanchi | 2012-07-09 07:00 | 洋食  

らくらく入手のポテサラ 肉のハナマサ

ここ数カ月、ポテトサラダの話題をちょいちょい書いていました


カブちゃんがバイブルにしていたのが、プレジデント社の「dancyu 12月号」の〝ポテサラ 100皿〟


ポテサラ自慢のレストランや、お惣菜屋さんなどを特集しています


料理の中ではどちらかというと、脇役なイメージのポテサラだけれど、朝、昼、夜といつでてきてもしっくりくる万能な一品だと気付かされるこの特集


ちなみにこのブログでは、過去にこういう風にポテサラを取り上げていました

京極スタンド @新京極
b0199953_21161583.jpg


ナニワヤのポテサラ @麻布十番
b0199953_2125234.jpg


亀屋 @小石川
b0199953_21275941.jpg


元祖やきとり串八珍本郷三丁目店 @本郷三丁目
b0199953_21295082.jpg


DRY-DOCK @新橋
b0199953_21311516.jpg


じゃがいもの種類や、お店の味付けの違いがあってそれぞれにおいしかったです




家でじゃがいもを茹でて作るポテサラも、それはそれで素朴なおいしさがあるのだけれど、毎日作るとなるとちょっと大変

ということでこの〝ポテサラ 100皿〟に掲載されていたこんなポテサラを入手してみました


【プロ仕様】 ポテトサラダ [ 1kg ] 税込 498 円 @肉のハナマサ

半分の500gというのもあるようですが、なぜか小石川店では、いつも売り切れ

どんと、1kgを購入してみました


大迫力
b0199953_2112246.jpg


ごろりとした形を残すポテトですが、かなり滑らかな口当たり

マヨネーズがやや多めで、味付けはやや甘口

b0199953_2112432.jpg



朝食の生野菜に添えても良し、晩酌のおつまみにも便利

パンに挟んでも相性が良さそう

なかなかの優れものです


これからビールがおいしくなる季節

引き続き、ポテサラに注目です




人気ブログランキングに登録してみました
もしよろしければポチッとお願いします!


[PR]

by arusanchi | 2012-06-12 21:37 | 洋食  

新鮮・安心・安全な食肉の専門店 肉の駅 @群馬

群馬への帰省の続き


関越で練馬から高崎まで向かったのですが、GWの渋滞で全く車が進みません

結局、途中の東松山で高速を降り、下道で前橋まで向かいました


車中で両親と話をしているうち、新しくできた精肉売り場があるということをコロッケ&メンチカツ好きな僕たちに教えてくれました


ということで立ち寄ったのがこちら


肉の駅
群馬県佐波郡玉村町上福島1189番地
b0199953_2123656.jpg

なかなかインパクトのある看板ですよね


そしてこれが店舗
b0199953_212522.jpg



新鮮・安心・安全。それが一番です
b0199953_21252455.jpg




唐突ですが、さっそく買ってきた”ショウガ焼用の豚肉”を焼いてみました
b0199953_2127291.jpg


肉厚だけれど、柔らかく、味もしっかりしていておいしかった


更に、こちらがコロッケ
b0199953_21293771.jpg

確か90円くらいだったと思います

それでこのボリューム(ちょっと伝わりにくいか)


肉も割としっかり入っていて、食べごたえがあります
b0199953_21314665.jpg



メンチカツ
b0199953_22432010.jpg

これは130円くらいだったかな

肉の脂のジューシーさ、甘さが旨い

コロッケもメンチカツも、コロモが粗目でサックリとしているところが良いです

パンに挟み、ソースをかけて食べたらおいしいだろうなあ




たくさんのお客さんが来ていて、人気も結構あるみたい


群馬は豚肉が有名みたいなので、新鮮・安心・安全な豚肉を買いたい時は、「肉の駅」で買うのがよいでしょう


さすがに群馬まで買いに行けない、という場合には通販もあるようです





しかし、、、


コロッケや豚肉を、こんな風にブログで(しかもワインブログで)一生懸命取り上げているブロガーなんて他にいるのだろうか・・・




人気ブログランキングに登録してみました
もしよろしければポチッとお願いします!


[PR]

by arusanchi | 2012-05-09 21:36 | 洋食  

ぶどうの丘 展望ワインレストラン @勝沼

勝沼に出かけた話は以前書きました

今回は宿泊したぶどうの丘にあるレストランを取り上げたいと思います


ぶどうの丘 展望ワインレストラン
〒409-1302 山梨県甲州市勝沼町菱山5093
0553‐44‐2111
b0199953_2131180.jpg


ぶどうの丘から見る甲府方面の景色はとても美しい
b0199953_213278.jpg

家が建っている場所以外はほとんどがぶどう畑


さて、こちらのレストランでは当然のことながら勝沼で作られるワインを飲むことができます

部屋にもワインメニューがあって、頼めば飲めるようですが、値段はほとんど店で買うのと同じで何の上乗せもありません

ただし、レストランで頼むと多少上乗せがありますが、それでも多分1本あたり500円程度です

普通、レストランでワインを頼むと市価の2倍~3倍であることを考えると異常な安さ

レストラン自体の成り立ちなどを想像すれば、この安さも理解できます


今回僕たちが頼んだのは、お気に入りの1つである大和葡萄酒株式会社のワインの十二原
b0199953_2143742.jpg

ぶどうの丘の施設の中にはワインカーブというのがあって、1000円程度払うと勝沼のワインを試飲し放題になります

タストバンという銀色の小皿のような形の器で、地下のワインカーブに並べてあるワインを赤、白、ロゼ、甘口、辛口と色々試飲できます

100種類は超えていると思われるワインを少しづつ試していって、気に入ったワインをリピートしたりしているうちに、いい加減に酔っぱらってきます

今まで知らなかったワイナリーのワインの中にも意外な掘り出し物があったりして、大人のアミューズメントパークといった感じです


ここで飲んで何となく良さそうだなと思ったワインだったので、レストランでも注文してみることにしました
b0199953_2112067.jpg

長野県松本市の十二原地区で作られるメルロを使用した赤ワイン

勝沼で作られるボルドー品種の赤ワインは、スパイシーで土っぽい雰囲気のものが多いような気がします

このワインもその線に乗っている印象がありました

しかし飲み残しを家に持ち帰ってあらためて飲んでみると、やや酸が強い感じがしましたが、角が取れて味わいが丸くなり、よりおいしく変化していました

ボルドーのようなしなやかさやまろやかさは感じられませんが、しっかりとタしたンニンと酸による重さが肉料理にも負けない気がします


前菜4種盛り
右上のチーズと生ハムが巻かれたものが、ワインによく合いました
b0199953_2151911.jpg


僕が頼んだビーフシチュー
b0199953_2155768.jpg

これでもかというくらい、柔らかく煮込まれた牛肉がゴロゴロと入っています

牛肉はビーフシチューで食べるのが僕は一番好きなので、機会があるごとにいろいろと食べてきました

ここのビーフシチューはかなり上位に食い込んできます

おすすめ

カブちゃんはハンバーグ
b0199953_2162236.jpg

肉は柔らかくジューシーであるのはもちろんのこと、ソースにワインが使われていて、肉の旨みと相乗効果で風味豊かでおいしかった
何気に、つけあわせのポテサラ(マッシュポテト?)がクリーミーで美味でした

この他に、パンとライスのいずれかがついてきます
パンはレストランで焼いているようで、生地にほんのりとした甘みを感じます


勝沼の夜景を見ながらの食事になるので、照明は敢えて暗めにしてあるようです

翌日が春分の日である月曜日の夜、多くのお客さんが宿泊もしつつ、こちらのレストランで食事を楽しんでいました



初めて勝沼に行ったのはもう数年前になります

勝沼ぶどう郷駅で電車を降り、目の前に広がる景色を見た時のことを今でも思い出します

こんなに起伏があってきれいな場所が日本にあったのだなと思いました

写真中央がぶどうの丘
b0199953_21224096.jpg



ワイン以外にはぶどう狩りなどを楽しむことができますが、それ以外にはほとんど何もないのんびりとした場所です

しかし、日本のワイン史において勝沼はとても重要な産地だし、ワイン好きならより一層楽しく回ることができると思います

和食の広がりとともに、日本のワインがこれから世界でますます評価が高まっていくのは確実ではないでしょうか


これからも何度も訪れる街の一つだと思います



人気ブログランキングに登録してみました
もしよろしければポチッとお願いします!


[PR]

by arusanchi | 2012-03-23 21:30 | 洋食  

肉、いろいろ

今年も残すところ今日を含めてあと2日

1年間、たくさんの人たちに当ブログ「アルつま」を見ていただいたことを感謝致します

ありがとうございました



こうして振り返ってみるとブログでご紹介できなかった旨いものが結構あり、このまま年を越すのももったいない

ということで、今回は落ち穂拾いのごとくいくつかの旨かったもの、特に肉系のものに焦点を当ててご紹介したいと思います





まず最初はこのブログでも何度か登場している、僕の地元群馬県の高崎にある肉屋、平井精肉店のオランダコロッケ(チーズ入り)

平井精肉店
〒370-0803
群馬県高崎市大橋町7-18
b0199953_219836.jpg


家族で経営されているようで、いつもお店に行くとご兄弟とそのお母様らしき方の3人で働いてらっしゃいます

オランダコロッケとともにクロケットも有名なのでセットで買うべし

コロッケだけでなく精肉もおいしいので近くにお越しの際はぜひお立ち寄りを





月島のレバカツ

ひさご家 阿部
東京都中央区佃3-1-12
03-3533-4955
b0199953_219333.jpg


もんじゃ焼きを食べに行く機会があればぜひ立ち寄りたい

あるいはこのレバカツをメインに出かけて行く価値すらあるかもしれません

どうやってこんなに薄くレバーを加工するのか?

いまだに謎ですが、今度行く機会があればお店の人に聞いてみよう

冷え冷えのビールと相性◎



五反田の鶏肉屋

鶏肉専門店 信濃屋
東京都 品川区 西五反田 1-13-1
03-3491-9320
b0199953_2112230.jpg


クリスマスシーズンにモモ焼きを買ってきました

やっぱり肉が違うのでしょうか、ジューシーで味がしっかりと乗っていて、とにかく旨い鶏肉です

考えるだけでまた食べたくなってきた





そして最後にコールドミートの専門店

手作りソーセージハウス もぐもぐ
東京都杉並区西荻北2-11-4 エクセリア西荻1F
03-3396-6565
b0199953_21132623.jpg


ラワネンソーセージ。この白いソーセージは柔らかくて旨かった

ドイツの白ソーセージ、ヴァイスブルストに近い感じでした

白ワインに合うでしょう。間違いなく




以上、「肉、いろいろ」でした




人気ブログランキングに登録してみました
もしよろしければポチッとお願いします!
人気ブログランキングへ
[PR]

by arusanchi | 2011-12-30 06:00 | 洋食