水沢手打ちうどん 三升屋 @水沢

正月は群馬へ帰省し、ついでに「まだ食べたことがない」というカブちゃんを連れて伊香保へ出かけました


水沢手打ちうどん 三升屋
群馬県渋川市伊香保町水沢221
0279-72-3018
b0199953_18533886.jpg


水沢うどんは、讃岐、稲庭と並び「3大うどん」の一つと言われているようです

子供のころからこの辺りはよく通ってはいました

しかし、水沢は値段が高いというイメージしかなく、僕自身も実はあまり食べたことがありません

讃岐の本場では200円とか300円でうどんが食べられると聞きますが、水沢では1000円は普通です



事前にネットで調べ、価格が俄然お手頃だということで、こちらの店を訪問してみました

b0199953_18563587.jpg


家族経営風の店構え

周辺の有名店に比べると、非常に簡素なイメージの店内

座敷席が4つ、テーブル席が1つとこじんまりとしています


メニューはシンプルで、「もり」と「かけ」のみ

天麩羅などのオプションはないです

b0199953_18585591.jpg


ここは迷わずに「もり」でいきたい

「かけ」の水沢うどんがあること自体、この時に初めて知りました


カブちゃんは「もり」、僕は「大もり」にしました

そしてこれが「大もり」
b0199953_192460.jpg


600円でこのボリュームがあれば、量的には満足感があります

付け合わせでキンピラと白菜の漬物がついてきます


水沢うどんと言えばゴマダレのようなつけ汁が有名なイメージがあります

こちらはしょう油のつけ汁にスリゴマを混ぜて食べるスタイル


一口食べて、事前に調べた時に見つけた評価コメントが蘇りました

 「汁の味がうすい・・・」

どうしたの?と思うくらいにあっさりとした薄味のつけ汁は、ダシが効いている訳でもなく、ただ薄い・・・


ポジティブに考えると、この薄味がゆえにうどんの旨さが引き立つような気もします

それにしても薄すぎやしないか・・・?


うどんはコシがあってモチモチしていて、とてもおいしいです

だからこそ、つけ汁の味がより一層残念な感じがします(クドいかな)


カブちゃんのうどんの中にハート形をしたうどんを発見
b0199953_19134444.jpg


そうしたら僕のうどんの中にもありました

帰り際にお店の人に聞いたら

 「たまに入っているんですよ」

と言っていましたが、これは明らかに狙って入れたものだと思われます

愛嬌があっていいです


途中で追加のお茶を小さなヤカンで持ってきてくれます
b0199953_19134375.jpg



店に入った時からご主人がトントンとうどんを切る気持ちの良い音が店に響いていました

この後に麺をゆで始めたのでしょうか

評価コメントにも合ったのですが、料理が出てくるまでにやや時間がかかります

でも新鮮なうどんを出してくれているのだと思います

家族的な雰囲気で、ご贔屓にしたい感じの店でした

何せ水沢の中ではコスパがとても良いです



カブちゃんと水沢に来たのは初めてなので、また帰省した時には別のうどん店にも行ってみることにしよう

b0199953_19155128.jpg


※つけ汁対策としては、だし醤油なんかを隠し持って行ったら良いかも(!)




本文とはほとんど関係ないですが、大晦日は不思議な空でした
b0199953_19353236.jpg

b0199953_19353383.jpg




人気ブログランキングに挑戦中
もしよろしければポチッとお願いします!


[PR]

by arusanchi | 2013-01-03 06:00 | 和食  

<< ルンズ・ファーム赤城ぶどう園 ... サン・ジョルジョ モンテプルチ... >>