ただ静かに、ただ安定的に稼働して欲しい 新しいワインセラー到着の巻

それは忘れもしない2011年の夏のこと

それまでわずか約1年半しか使用していないワインセラーが壊れていることに気付きました

庫内の温度は約30度にまで上がっていて、慌ててメーカーに修理を依頼しました

しかし、帰ってきた答えは

 「故障原因不明。修理不可につき、新しいワインセラーと交換するので新たに5万円お支払いください」

というもの

これを聞いて、普通の人はどう思うでしょうか



すぐにメールを返信しました

 ・デザイン、機能性の点からも御社製品のファンであったこと

 ・そんな一流メーカーの製品が、2年と経たず故障したことへの驚き

 ・とはいえ、好むと好まざるとにかかわらず、予兆もなく唐突に故障してしまうことがあるのは理解している

ということに加え、

 ・検査をしても不具合の原因究明が困難である、という説明の無念さ

 ・不具合原因を追及しないことで、より一層製品の信頼性を高める機会を放棄しているのではないかということ

 ・今後一切、ワインセラーに限らず、御社製品は購入するつもりはないこと

などを伝えました


不具合原因の調査を途中で止めてしまうことで、消費者に余計な負担を強いている可能性もある


今思い出しても腹立たしい思いしか残っていません

(果たしてこれはどこのメーカーだったか?それはこのブログの始めの方の記事を探してもらうと分かると思います(写真もちょいちょい載ってますので・・・))







それから約半年

冬の間は気温も低かったので床に放置して済ませていたワインですが、だんだんと気温が上がるにつれてどうしても気になり始めます

このまま夏を迎える訳にもいかないので、新しいセラーを買うしかない、という結論に変わりはありません


ではどれを購入するのか


それが一番の悩みでした




候補の1つとなったのがファンビーノの36本用

勝沼へのワイナリー巡りでよく見かけたのがファンビーノでした

ダイヤモンド酒造にも置いてあったし、ミルプランタンに置いてあったのもファンビーノ

品川駅エキュート内2階のワインが飲めるコーナーの付近にも黒のファンビーノが置いてあるのを見かけましたが、なかなかカッコよかったです

サイズと値ごろ感、そしてデザインまでを含めて、中国の家電メーカーであるハイアールのOEMだとしても魅力的な製品だと思いました

ぺルチェ方式に信頼性が全く持てなくなってしまった僕にとっては、コンプレッサー方式というのも心強い

しかしいかんせん情報が少ない

カタログはあるのですが、電気屋でも実物をなかなか見かける機会が少なく、実際の雰囲気がつかめない

またネット上にも購入した人のコメント数がほとんど見当たらず、使い心地とかが全く分かりません



もう一つの候補が東芝のワインセラー

日本の家電メーカーでは珍しく、ワインセラーを作っています

といっても、自社製ではなくOEMではありますが、日本のメーカーが販売している信頼感はあります

商品は一種類のみ、19本用の小型セラーです

ネット上の口コミからもあまり批判的なコメントもなく、安定稼働しているという評判で、安心して使用できそうでした

ただ問題はそのデザイン・・・

カラーはブラウン(というとカッコいいですが、要は茶色です)

ドアを開けると、ひなびた旅館の冷凍庫一体型の小型冷蔵庫を彷彿とさせる、庫内デザイン

背面にはコンプレッサーがむき出しになっていて、裏側とはいえ、見た目がどうも、、、

19本というサイズも少し小さかったです

しかしもう少し容量が大きければ、この商品はもっと魅力的になりそうです



そして3つ目の候補が、小型セラーの定番商品、26本用のフォルスター・カジュアル

どの電機屋に行っても置いてあり、目で見て触って現物を確認できる

黒を基調とした、洗練されたデザイン

26本という、2ダース強というほど良い容量

圧倒的なネットでの口コミ数

コンプレッサー方式の力強い冷却力

売れ筋商品なので、たくさんの人が同じ思いで使用しているであろうという安心感

値段も納得できる範囲に収まっています




さんざん迷った挙句、最終的にはフォルスター・カジュアルにしました

b0199953_19495919.jpg


狭い部屋にはこのサイズでも少々大きく、存在感は先代のワインセラー(12本用)をはるかに上回る


26本用であるところ、フランケンのボックスボイテル2本を含め、無理やり27本詰め込みました・・・

しかし、これでもまだ溢れてしまっているワインは、本格的な夏が来るまでに消費してしまうしかありません



ガラスで内部の様子が見える所もよいですね

いずれにしてもこれで安心して夏を迎えられそうです




とにかくワインセラーに期待するのは、ただ静かに、ただ安定的に稼働し続けて欲しいということ


それさえ満たされれば、多くのWine Lover達は納得してくれるのではないでしょうか




人気ブログランキングに登録してみました
もしよろしければポチッとお願いします!


[PR]

by arusanchi | 2012-04-30 20:48 | ワイン  

<< 歴史を感じる建物で台湾の友人と... 樽熟甲州 勝沼ワインバレー仕込... >>